西郷どん あらすじ

久坂玄瑞が自害する時に御所に火が放たれたのですが、それを指示したのは一橋慶喜でした, 西郷どんの原作!林真理子小説のあらすじまとめ(中巻の十二)「冲永良部からいざ薩摩へ!」. 『西郷どん』(せごどん)は、2018年1月7日から同年12月16日まで放送されたNHK大河ドラマ第57作 。NHK大河ドラマとしては平成のうちに最終回を迎えた最後の作品。 その他の章もチェックされたい方は以下もご覧くださいね⬇. 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第45話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~! 各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ! ↓ 【西郷どん】あらすじ( […] 続きを読む 西郷どん第8話ネタバレ あらすじ「不吉な嫁」 カテゴリー. この林真理子さんの原作を元に、中園ミホさんの脚本にて、ドラマが進行していくのですが、, 是非、大河ドラマを見る際のサブツール的な存在として本記事を扱っていただければと思います!, 2018年大河ドラマ「西郷どん」をひとまとめにした記事はこちらをご覧ください⬇⬇⬇, これから長州との因縁との中で、西郷どんが幕府の軍艦奉行の役を司っていた勝海舟と出会い、その考え方を変えていくのです。, 長州藩の藩主親子の汚名を削ぐために兵をあげた久坂玄瑞、来島又兵衛は京都御所へ攻め込みます。, 天皇は、長州藩を毛嫌いしているので、長州を討つべしという者(会津藩、桑名藩を中心)が集まり戦争が起こることに相成ります。, 会津藩と長州藩が蛤御門で激戦を繰り広げている中、初陣西郷どん率いる薩摩藩も幕府側の会津藩を加勢に続きます。, 久坂玄瑞が自害する時に御所に火が放たれたのですが、それを指示したのは一橋慶喜でした。, 西郷どんが尊敬していた前藩主斉彬が全力をあげて次期将軍にしようとしたあの慶喜です。, 幕府へ対する不満(横浜開港による物価上昇)を長州が代わりにぶちまけてくれた形になったからでしょう。, 長州に怒りを覚えていた西郷どんは、京都御所で戦いを起こした長州を征伐することに及び腰の幕府に対し、会津藩を通じ強力なプッシュで遂にやっと長州征伐が編成されることになりました。, ここで、2人の頭の切れる人物がいます。兵学家兼西洋砲術家の佐久間象山。幕府軍艦奉行の勝海舟。, 頭は切れるけれど、西洋かぶれとみなされていた佐久間象山は、アニメるろうに剣心の主人公のモデル、河上彦斎に暗殺されてしまいます。, さらに、長州と薩摩は似ている、雄藩が手を組んで新しい世の中を作るべき!とトドメの言葉!, あっさりと暗殺された佐久間象山と暗殺者の心も変えてしまう勝海舟と人間的な魅力の違いが見て取れますね。, 攘夷は幕府の命令で、それに関する戦争の責任は当然、幕府が負うものと考えていました。, はじめは長州を憎んでいた西郷どんでしたが、勝海舟と話をしてからは、なんとかして長州征伐を辞めさせようという考え方に変わります。, さあ、本気になった幕府の長州征伐をどのように西郷どんは回避させていくのでしょうか?, 「西郷どんの原作!林真理子小説のあらすじまとめ(中巻の十四)「坂本龍馬との出会い」」, 「西郷どんの原作!林真理子小説のあらすじまとめ(中巻の十二)「冲永良部からいざ薩摩へ!」」. 原作「西郷どん!」まとめについて . 『西郷どん!』(せごどん)は、林真理子による日本の歴史小説。文芸誌『本の旅人』(KADOKAWA)に2016年2月号から2017年9月号まで連載、2017年11月1日にKADOKAWAより上製版全2巻(前編・後編)および並製版全3巻(上・中・下)の2種の製本にて刊行された 。 大河ドラマ・西郷どんの原作者は林真理子さん!熱物語です! 原作「西郷どん!」の全話あらすじ!ネタバ … 戦国時代に活躍した剣豪たち! 数多く存在した剣豪たちですが、戦国時代日本一だった男はズバリ 「塚原卜伝(つかはらぼくでん)」でしょう! よ!日... 「鞘が損じれば素手でも戦え!」 と過激な教えを講じていたのは、新選組一番隊組長、沖田総司です。   剣士が輝いていた時代、「幕末」!... 「散りぬべき 時しりてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」 この辞世の歌を残した人は、、、 明智光秀の娘で戦国武将細川忠興の妻「細川ガラシャ」で... 戦国時代、有名な武将たちが名刀と言われる日本刀を所持していました。 今の経営者達が美術品をコレクションするみたいな感覚ですね。 その日本刀にはそれぞ... 大河ドラマや歴史小説などを観ていると、よく出てくるのが「100万石の大名」とか、「1万石の知行を与える」とか、「石」っていうワードが結構出てきますよね。 ... 「容顔美麗にして、心優にやさしければ、家康卿親しく寵愛し給い」 と言われた男といえば、容姿と実力を兼ね備えた武将、井伊直政でした。 ... 「人は石垣 人は城 人は堀 情けは味方 仇は敵」 との言葉を残した戦国時代の武将、大大名と言えば? 引用:Wikipedia 2018年大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』のあらすじ(ネタバレ)1話~最終回までを一覧表にしています。 各放送日の あらすじ(ネタバレ)をクリックしてくださいね。 ※ ちなみに『西郷どん … 麒麟がくる (6) ネタバレ・あらすじ (6) 西郷どん (98) 真田丸 (51) 史実 (75) 最近の投稿. 二万いた西郷軍はわずか数百となり、生まれ故郷の薩摩・鹿児島県の城山に最後の着陣……その夜、西郷たちは『フランス革命』の歌を円陣を組んで歌う。, 明治十年九月二十四日、明治新政府軍による城山の総攻撃が開始される。「そろそろいきもうそ」西郷軍は城山を出て走り出す。視界が開けて雄大な噴煙を上げる桜島が見える。その時、西郷の巨体は崩れた。銃弾を腹と脚に受けた。「もう……ここらでよか」西郷隆盛死す。西郷隆盛の魂は登り龍のようの昇天し、ひとびとは英雄の死を悲しむとともに、その偉大なる存在でいて、どこか愛嬌のあった西郷吉之助を愛した。こうして西郷の生きざまは伝説となり、長く愛され続けることになる。その西郷の盟友・大久保利通も西郷の死の翌年東京紀尾井坂で暗殺された。こうして維新の英雄たちの時代はおわった。, 『月刊コミックフラッパー』(KADOKAWA・メディアファクトリー)にて2017年4月号から2018年12月号まで連載[3]、MFコミックス フラッパーシリーズより刊行された。全4巻。作画は日高建男[2]。, 『西郷どん』と題して、NHK大河ドラマの第57作として2018年1月7日から12月16日まで放送された。脚本は中園ミホ[4]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=西郷どん!&oldid=76421339. 「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」と信じ、人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し・・・“見返りを求めない愛”を与え続けた男を、人は親しみを込めて、『西郷どん(セゴドン)』 … この林真理子さんの原作を元に、中園ミホさんの脚本にて、ドラマが進行していくのですが、, 是非、大河ドラマを見る際のサブツール的な存在として本記事を扱っていただければと思います!, 2018年大河ドラマ「西郷どん」をひとまとめにした記事はこちらをご覧ください⬇⬇⬇, 先に結婚した糸が待望の嫡男寅太郎を産みました。西郷どんが京都に江戸にと駆けずり回っている最中に仕込んだことに大久保利通は驚きます。精力抜群!, そんな中徳川慶喜、越前の松平春嶽、宇和島の伊達宗城、土佐の山内容堂、薩摩の島津久光による四侯会議が開催されます。(日本の行く末はこの会議を中心にして行く), 西郷どんは、久光を通じて、長州藩の朝敵を解除させるように画策しますが、徳川慶喜は兵庫の開港について話題を振り、主導権を握られてしまいます。, それも、塩で焼くだけの薩摩の鰻ではなく、蒸して焼いて甘いタレをつけて食べる江戸の鰻です。(品川春木屋), 京都で新門辰五郎(江戸で有名な火消しの大親分。徳川慶喜を助けるために京都に来ていた)がお店を開き、その中に鰻屋もあったので、お虎(西郷どんの愛人)と一緒に「江戸前大蒲焼き」と染め抜かれた暖簾の店に行きました。, 西郷どんは、政治面の「二心殿」、「ずる賢い知恵」など、今までは得体の知らない様子であった徳川慶喜にも、愛する人愛される人がいた事を知り、人間性がはっきりしてきます。, 孝明天皇が崩御され、討幕に熱心な過激派公卿の「岩倉具視」が動き、遂に、薩摩、長州に討幕の「密勅」が発せられることになるのでした。逆転です。, このままでは朝敵になる徳川慶喜は、「大政奉還」という政権を朝廷にお返しする事を公に発するのです。, 大政奉還を賞賛する坂本龍馬でしたが、西郷どんは、徳川慶喜は賢く逃げただけで、何も変わっていないと嘆きます。その一ヶ月後坂本龍馬は中岡慎太郎とともに暗殺されます。これも「区切り」でしょうか?, 王政復古と呼ばれる新政府の樹立が成立しました。しかし、中身はまだ16歳の天皇を中心に据えた、賢諸侯や公卿たちによる合議政体でした。, 「ええじゃないか」の囃子言葉が京都大阪で聞こえる。仕事を放り出して歌い踊るのです。, 世直しを早くして欲しい!という庶民たちの願いはもう待ったなしのところまで来ています。, しかし、薩摩藩が雇った浪人たちが、勢い余って火をつけるだけにとどまらず、略奪、強姦、暴虐の限りを尽くすのです。要するにやりすぎた行動をしてしまうのです。, これでは、幕府が怒り出して慶喜が挙兵する前に、世論が幕府側に流れて政治的な巻き返しを図られてしまう!. 2018年11月25日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第44話「士族たちの動乱」のあらすじを紹介していきます。岩倉具視と大久保利通の企てにより朝鮮国へ行く事が出来なくなった西郷高盛は、大久保利通を訪ねて直接別れを告げて薩摩へ帰る事にします。 各回のあらすじ. その他の章もチェックされたい方は以下もご覧くださいね⬇. 西郷どんのネタバレあらすじで、西郷隆盛は江戸でお庭方という仕事を任されていました。 お庭方とは庭の手入れをする仕事で、斎彬が庭の見える廊下を歩いている時に声をかけられるように作られた仕事 … 2018年大河ドラマ西郷どん(せごどん)47話の最終回!あらすじ(ネタバレ)です! 最終回はいつ?と思っている人も多いと思いますが、【西郷どん】最終回(47話)の放送日は12/16(日)ですよー。 見逃さないでくださいね […], 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第46話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!    各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【西郷どん】あらすじ( […], 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第45話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!    各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【西郷どん】あらすじ( […], 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第44話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!    各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【西郷どん】あらすじ( […], 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第43話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!    各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【西郷どん】あらすじ( […], 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第42話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!    各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【西郷どん】あらすじ( […], 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第41話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!    各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【西郷どん】あらすじ( […], 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第40話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!    各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【西郷どん】あらすじ( […], 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第39話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!    各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【西郷どん】あらすじ( […], 2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です! では、第38話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!    各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【西郷どん】あらすじ( […]. 西郷どん(せごどん14話あらすじ)篤姫の言葉に家定が!一橋慶喜が覚醒し井伊直弼を怒鳴りつけて次期将軍を決意する第14話 next 西郷どん(せごどん16話あらすじ)井伊直弼の安政の大獄!橋本左内は捕縛され、月照は吉之助と薩摩に向かう第16話 原作「西郷どん!」まとめについて. ... 「人は石垣 人は城 人は堀 情けは味方 仇は敵」 との言葉を残した戦国時代の武将、大大名と言えば? 引用:Wikipedia 西郷どんのあらすじ第38話 です。勝と西郷の尽力で江戸総攻めは中止となたが「戦う機会」を奪われた侍の怒りを止める事は出来なかった。また、江戸の民は「官軍」の存在を快く思っていない。ついに彰義隊は決起。続々と上野に集結。上野戦争が始まる。 大河ドラマ・西郷どんの原作者は林真理子さん!熱物語です! 原作「西郷どん!」の全話あらすじ!ネタバレ … 2018年1月7日から放送のnhk大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』。西郷隆盛演じる主演の鈴木亮平からその他キャスト、あらすじなど最新情報をご紹介します! 下記の歌の1分2... 戦国時代を生きた武将や大名たちは、実際どのくらいの身長だったのでしょうか? ゲームをしたり、本を読んだりしたときに、ふと思ったのです。 例えば美濃の... [showwhatsnew]   2020年大河ドラマ「麒麟がくる」特集!!! いよいよ2020年大河ドラマ「麒麟がくる」始まります... 映画「関ヶ原」は永遠に不滅です! 日本映画史上初めて「関ヶ原の戦い」を真正面から描ききった作品。 これはもう永久保存、重要文化財レベルの物と... ファミレスの店長をしながら戦国武将・大名たちの日常を ご紹介している南昌幸と申します。, このブログは、あなたが知り得ない戦国武将の普段の様子や、何を食べていたのか?などをあなたに伝えるブログです!, なんで知ってほしいと思ったのか?といいますと、どちらかというと表舞台に出ない、日常という部分にフォーカスし、掘り下げて見ることで、色々な発見があります。, その発見から、現代の我々が生きている時代にも使えたり、応用できたりするものがあれば活用して頂き、より豊かな人生を送るのにお役に立てて欲しいと思うからです!, また、戦国武将、大名の事を知ることでどんどん武将達を好きになってもらいたいなと思ってます。, 武将たちも人です。 生きている時代は違えど人の子。 共感できる部分はたくさんあリます。 神格化された大名など、実際の所、日常はどうなの?どんな逸話があるの?などと解き明かしていくと、すっかりその武将の虜になっちゃっているかも!?, 戦国時代の他にも広く武士に関連した情報があれば、いち早くお伝えしていくことをモットーにしていきます。, あなたには、好奇心と感動をくすぐりまくられ、戦国時代の虜になるでしょう! お楽しみに!. 下記の歌の1分2... 戦国時代を生きた武将や大名たちは、実際どのくらいの身長だったのでしょうか? ゲームをしたり、本を読んだりしたときに、ふと思ったのです。 例えば美濃の... [showwhatsnew]   2020年大河ドラマ「麒麟がくる」特集!!! いよいよ2020年大河ドラマ「麒麟がくる」始まります... 映画「関ヶ原」は永遠に不滅です! 日本映画史上初めて「関ヶ原の戦い」を真正面から描ききった作品。 これはもう永久保存、重要文化財レベルの物と... ファミレスの店長をしながら戦国武将・大名たちの日常を ご紹介している南昌幸と申します。, このブログは、あなたが知り得ない戦国武将の普段の様子や、何を食べていたのか?などをあなたに伝えるブログです!, なんで知ってほしいと思ったのか?といいますと、どちらかというと表舞台に出ない、日常という部分にフォーカスし、掘り下げて見ることで、色々な発見があります。, その発見から、現代の我々が生きている時代にも使えたり、応用できたりするものがあれば活用して頂き、より豊かな人生を送るのにお役に立てて欲しいと思うからです!, また、戦国武将、大名の事を知ることでどんどん武将達を好きになってもらいたいなと思ってます。, 武将たちも人です。 生きている時代は違えど人の子。 共感できる部分はたくさんあリます。 神格化された大名など、実際の所、日常はどうなの?どんな逸話があるの?などと解き明かしていくと、すっかりその武将の虜になっちゃっているかも!?, 戦国時代の他にも広く武士に関連した情報があれば、いち早くお伝えしていくことをモットーにしていきます。, あなたには、好奇心と感動をくすぐりまくられ、戦国時代の虜になるでしょう! お楽しみに!. 戦国時代に活躍した剣豪たち! 数多く存在した剣豪たちですが、戦国時代日本一だった男はズバリ 「塚原卜伝(つかはらぼくでん)」でしょう! よ!日... 「鞘が損じれば素手でも戦え!」 と過激な教えを講じていたのは、新選組一番隊組長、沖田総司です。   剣士が輝いていた時代、「幕末」!... 「散りぬべき 時しりてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」 この辞世の歌を残した人は、、、 明智光秀の娘で戦国武将細川忠興の妻「細川ガラシャ」で... 戦国時代、有名な武将たちが名刀と言われる日本刀を所持していました。 今の経営者達が美術品をコレクションするみたいな感覚ですね。 その日本刀にはそれぞ... 大河ドラマや歴史小説などを観ていると、よく出てくるのが「100万石の大名」とか、「1万石の知行を与える」とか、「石」っていうワードが結構出てきますよね。 ... 「容顔美麗にして、心優にやさしければ、家康卿親しく寵愛し給い」 と言われた男といえば、容姿と実力を兼ね備えた武将、井伊直政でした。 Copyright (C) 2020 戦国武将・戦国大名たちの日常 All Rights Reserved. 『西郷どん!』(せごどん)は、林真理子による日本の歴史小説。文芸誌『本の旅人』(KADOKAWA)に2016年2月号から2017年9月号まで連載、2017年11月1日にKADOKAWAより上製版全2巻(前編・後編)および並製版全3巻(上・中・下)の2種の製本にて刊行された[1]。, 薩摩藩の貧しい下級藩士の家に生まれ、家族や大久保正助らの友人に恵まれて育ち、やがて藩主島津斉彬に側仕えとして登用され江戸や京都で活躍する西郷吉之助(のちの隆盛)の生涯を描く[1]。, 日高建男の作画によりコミカライズされ、『月刊コミックフラッパー』(KADOKAWA・メディアファクトリー)にて2017年4月号から[2]2018年12月号まで連載された[3]。また、『西郷どん』と題し中園ミホの脚本でテレビドラマ化され、NHK大河ドラマの第57作として2018年1月から12月まで放送された[4]。, 明治三十七年、京都市に新しい市長が赴任した。西南の役で戦死した西郷隆盛の息子の西郷菊次郎である。彼は西郷の息子であるという事はあまり表に出さないでいたといい、自分が庶子であるという事を話し、そして菊次郎は市長室にやってきた部下にせがまれ、西郷隆盛の話を始める。時代は幕末の薩摩藩(現在の鹿児島県)である。貧乏な下級藩士の子・西郷小吉は、大家族の長男として生まれた。隣の家に住むのは幼馴染の大久保正助、のちの大久保利通である。少年時代に郷中同士の喧嘩に巻き込まれて、右腕を斬られ、剣を持てなくなる小吉。立派な侍になれないと嘆くが、「めそめそするんじゃない、この”やっせんぼ”が!侍が腰に二本も刀を差してふんぞり返っている時代はもうすぐおわるんだ。民のために尽くす侍となれ!」と出会った島津斉彬に励まされる。小吉は成長し西郷吉之助と名を変え、郡方書役助として薩摩藩に仕える。お由羅騒動の後、斉彬が藩主になると、西郷は藩の政を憂う書状などから登用され、江戸勤めを命じられる。西郷は幼馴染の正助や離縁を申し出た須賀により支度金三十両を工面し、江戸に出発。斉彬の「お庭番」として活動する中、薩摩藩の篤姫と幕府の将軍徳川家定の結婚の縁談に成功する。それは政略結婚であった。品川の宿では吉之助は「ヒー様」と呼ばれる一橋慶喜と知り合いになる。, 篤姫輿入れには斉彬(一橋派)は成功したものの、同じ一橋派の老中・阿部正弘が死んでしまう。次期将軍は井伊直弼の推す徳川家茂となる。さらに斉彬も病死。井伊は反対派を粛正する『安政の大獄』の弾圧政治を始める。朝廷工作を行っていた僧侶・月照とともに吉之助は薩摩に逃げるが、「日向送り」の沙汰が下り投獄。西郷は月照と船から入水自殺を図り、一人だけ生き残ってしまう。「これは天命に違いなか」, 西郷吉之助は菊池源吾と名を変えて、幕府には死んだことにして、薩摩藩に「島流し」にされる。ささくれだった吉之助は自暴自棄になり、島で死人の如く落ち込んだまま。だが、島人の優しさにしだいに心を開いていく西郷。薩摩藩からの圧政に苦しむ島民と心通わせた西郷は、島の娘・愛加那をアンゴ(島妻)とし、長男・菊次郎を長女・菊草を授かるが、薩摩に戻ることを三年後に許される。だが、島津久光の怒りを買い、今度は沖永良部島に流される。再び薩摩に戻った西郷は、最初、会津藩と薩摩藩で幕府側として、禁門の変や長州征伐で指揮を執る。しかし、徳川幕府の腐りきった体制を見るにつけて、西郷は倒幕に傾いていく。また幼馴染の糸と再婚。勝海舟、岩倉具視、坂本龍馬らと知り合った西郷は藩内の反対派を抑え、長州藩と薩長同盟を結ぶ。坂本龍馬の策だった。若き将軍・徳川家茂が病死。最後の将軍となった徳川慶喜は、西郷ら武力倒幕を目指す輩が驚くような策を放つ。『大政奉還』である。これも龍馬の策だった。その、坂本龍馬は暗殺される。江戸城総攻撃の前日、西郷吉之助は勝海舟に「徳川慶喜公は恭順の姿勢である。西洋では恭順を示す相手を攻撃するのは違法。徳川軍の武器も軍艦も渡しそうろう。だから江戸総攻撃を中止してくだされ」と説得され『江戸無血開城』に同意する。, 戊辰戦争で弟の吉二郎を亡くした西郷は薩摩に戻るが、大久保に請われ、新政府に参画。岩倉、大久保が『岩倉使節団』として条約改正のため二年間の予定で欧米に出発。留守政府をまかされた西郷たちは、廃藩置県や帯刀禁止令や地租改正、裁判制度など次々と改革を断行。やがて朝鮮国との外交を巡って『征韓論』が起こる。が、西郷は大使として朝鮮に赴き説得してくると主張する。だが、帰国した大久保・岩倉たちに反対され、西郷・板垣・江藤らは明治新政府を去り下野。西郷は薩摩・鹿児島県に戻ると、士族のための私学校『鹿児島私塾』をつくる。西郷らは私塾の生徒たちの指導にあたるが、大久保の命を受けた刺客が西郷隆盛を暗殺(しさつ…視察?刺殺?)しようとしたと激高し、生徒たちが騒動を起こす。そこから日本最後の内戦『西南戦争』に発展。「おいの命、おまはんらにあずけもんそ」西郷は新政府軍と戦うが、敗走に次ぐ敗走で、徐々に追い詰められる。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 【麒麟がくる】28話あらすじ(ネタバレ)(10/18)将軍となった義昭と本圀寺の変, 【麒麟がくる】27話あらすじ(ネタバレ)(10/11)十兵衛、藤吉郎と共に京へ・・, 伊呂波太夫(いろはだゆう)【麒麟がくる】尾野真千子が実在しない架空キャラを演じる!. 第1回「薩摩のやっせんぼ」 天保11年(1840年)薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)ら町内の仲間と学問や剣術を切磋琢磨(せっさたくま)する日々を過ごしていた。 Copyright (C) 2020 戦国武将・戦国大名たちの日常 All Rights Reserved. 西郷隆盛(小吉、吉之助)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。西郷家はますます貧乏になり、家族はあきれかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬(しまづ・なりあきら)が目を留めた。「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に、西郷も心酔する。西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。薩摩のキーパーソンとなっていく。生涯の師・斉彬との出会いと別れ。篤姫との淡い恋。仲間との友情と反目。多感な青年期を経て、三度の結婚、二度の島流し…。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男は、南国奄美で愛に目覚め、勝 海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく。素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。彼に出会ったものは皆、西郷が好きになり、愛嬌あふれる男の周りには、いつも“笑いと愛と波乱”が満ちていた。「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」と信じ、人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し・・・“見返りを求めない愛”を与え続けた男を、人は親しみを込めて、『西郷どん(セゴドン)』と呼んだ。, 第1回「薩摩のやっせんぼ」天保11年(1840年)薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)ら町内の仲間と学問や剣術を切磋琢磨(せっさたくま)する日々を過ごしていた。「妙円寺詣り」という藩最大の行事で小吉たちは一番乗りで寺に到着。褒美をもらい薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをするが、小吉らに恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、小吉は二度と剣が振れなくなってしまう。第2回「立派なお侍」青年となった西郷は、吉之助(鈴木亮平)と名乗り年貢を司る役人の補佐役をつとめていた。年貢が払えず困窮する百姓たちを助けようと奮闘する吉之助は、斉彬(渡辺謙)が藩主になれば悪しき農政の仕組みを変えてくれると願うが、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)とその側室・由羅(小柳ルミ子)が実権を握っていた。藩の悪政に怒った吉之助は家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行く。第3回「子どもは国の宝」西郷家は四男が生まれ暮らしは益々苦しくなり、吉之助(鈴木亮平)は父・吉兵衛(風間杜夫)と商家から大借金をするが、その道中武士の身分にありながら、貧しさのため一家で夜逃げする少年に出会う。吉之助は斉彬(渡辺謙)に意見書を書き人々の窮状を訴える。その思いに突き動かされ斉彬は意を決し父・斉輿(鹿賀丈史)を隠居に追い込むが、斉輿と由羅(小柳ルミ子)は大逆襲に転じる。第4回「新しき藩主」斉彬(渡辺謙)を藩主に担ごうとする者たちを父・斉興(鹿賀丈史)が一気に粛清する「お由羅騒動」が起こり、吉之助(鈴木亮平)が先生と慕う赤山(沢村一樹)に切腹の沙汰が下る。処罰は大久保家にもおよび、大久保正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)は島流し、正助も謹慎処分を受ける。赤山の介錯は父・吉兵衛(風間杜夫)が行い、吉之助は、赤山の無念の最期に立ち会うことに。第5回「相撲じゃ!相撲じゃ!」斉彬(渡辺謙)は、父・斉興(鹿賀丈史)派の重鎮たちを罰せず重用すると宣言。父は流罪でまだ謹慎中の大久保正助(瑛太)は憤る。西郷吉之助(鈴木亮平)は、御前相撲で勝ち上がり殿に直訴すると息巻く。さらに岩山糸(黒木華)に縁談話があり、相手は相撲大会にも出場する。糸に恋焦がれる正助の無念を晴らすためにも、吉之助は於一(北川景子)が見守る中、絶対負けられない試合に臨む。第6回「謎の漂流者」藩主・斉彬(渡辺謙)を相撲で投げ飛ばし西郷吉之助(鈴木亮平)は牢(ろう)屋に!そこに衰弱した謎の漂流者(劇団ひとり)がいた。男は警戒し何を聞いても口を閉ざすが、吉之助と逃亡することに。一方、嫁入りの日が迫る糸(黒木華)は、厳格な父に外出を禁じられていた。糸を連れ出した正助(瑛太)は、漂流者から聞いたメリケンの話を聞かせ、好きな人に愛を伝えること、それがラブだと語る。第7回「背中の母」祖父龍右衛門(大村崑)が亡くなり、母満佐(松坂慶子)は吉之助(鈴木亮平)の結婚を急(せ)かす。斉彬(渡辺謙)に従い江戸に行きたい吉之助は結婚を拒むが、母は倒れ寝込んでしまう。母のために何ができるか…吉之助は伊集院家の須賀(橋本愛)と結婚するが、実に不器用で無愛想な嫁だった。そんな時大山(北村有起哉)と俊斎(高橋光臣)の「江戸行き」が決まり吉之助は人選から外れる。第8回「不吉な嫁」祖父に続き両親を亡くし妻の須賀(橋本愛)は近所で『不吉な嫁』と呼ばれる。そんな時ペリーの黒船が現れ、斉彬(渡辺謙)は江戸へ。そのお供に吉之助(鈴木亮平)は選ばれる。家族は歓喜するが須賀は猛反対。旅費や江戸での生活費は全て自己負担であり支度金を西郷家は用意できないと訴える。あきらめかける吉之助に正助(瑛太)は激怒するが、須賀は実家に帰ってしまう。第9回「江戸のヒー様」吉之助(鈴木亮平)は藩主・斉彬(渡辺謙)とともに江戸の薩摩藩邸に到着。再会した仲間と品川宿の磯田屋に行き、ふき(高梨臨)と再会。ふきはかつて吉之助と出会った薩摩の貧しい農家の娘だったが紆(う)余曲折の末に江戸に流れてきた。そのふきを贔屓(ひいき)にしているのは周囲から「ヒー様」呼ばれる町人風の謎の男(松田翔太)。そして吉之助は、斉彬から「お庭方」を命じられる。第10回「篤姫はどこへ」斉彬(渡辺謙)の「お庭方」となった吉之助(鈴木亮平)はヒー様(松田翔太)の正体を確かめるために磯田屋に行くが、福井から来た謎の蘭方医(風間俊介)と出会う。そんなとき、篤姫(北川景子)が薩摩藩邸から失踪。吉之助は秘密裏に篤姫を連れ戻すが、斉彬は「篤姫は将軍家に輿(こし)入れをする」と言い渡し、教育係の幾島(南野陽子)が現れる。第11回「斉彬暗殺」篤姫(北川景子)を将軍家に嫁がせ、一橋慶喜(松田翔太)を将軍に擁立しようとする斉彬(渡辺謙)に彦根藩主・井伊直弼(佐野史郎)は嫌悪感を露(あらわ)にする。そんなとき斉彬の世継ぎである虎寿丸が突然亡くなり、さらに斉彬まで病に倒れる。吉之助(鈴木亮平)は、その影に由羅(小柳ルミ子)と斉興(鹿賀丈史)の存在を疑い探索を始める。第12回「運の強き姫君」篤姫(北川景子)は江戸に来て2年経(た)つが、未(いま)だ将軍家への輿(こし)入れが決まらない。吉之助(鈴木亮平)は幾島(南野陽子)と他藩や大奥へ働きかけ本寿院(泉ピン子)との接触に成功。本寿院は運の強い姫を大いに気に入る。しかし将軍・家定(又吉直樹)との間に子は授からぬ事を知った吉之助は、篤姫が背負う悲しき宿命に心を痛める。そんな夜、篤姫は吉之助にだけ秘めた胸の内を吐露する。 第13回「変わらない友」篤姫(北川景子)の輿(こし)入れを果たした吉之助(鈴木亮平)は3年ぶりに帰郷。家族や正助(瑛太)たちは再会を喜び質問攻めにする。けれど斉彬(渡辺謙)の密命を担う吉之助は話せないことばかり。友との間に埋まらぬ溝が出来てしまう。そんなとき老中阿部正弘(藤木直人)が急死。斉彬の構想は揺らぎ、江戸に戻ることになった吉之助は正助も薩摩から連れ出そうとするが正助は激怒する。 第14回「慶喜の本気」アメリカ総領事ハリスが将軍家定(又吉直樹)に謁見するが、幕府は対応策がなく混迷を極めていた。江戸に戻った吉之助(鈴木亮平)は橋本左内(風間俊介)とともに一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。大奥では篤姫の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)は大激怒。吉之助と左内は八方塞がりとなる。さらに井伊直弼(佐野史郎)が放った刺客が慶喜に迫っていた。 第15回「殿の死」篤姫(北川景子)と将軍家定(又吉直樹)は仲睦(むつ)まじい日々を過ごしていたが、突然家定が病に倒れる。それに乗じ井伊直弼(佐野史郎)が大老職に就き、次期将軍は紀州の慶福と決まる。吉之助(鈴木亮平)は急ぎ薩摩に戻り、斉彬(渡辺謙)に報告するが、斉彬は万策尽きたと告げ吉之助を役目から解いてしまう。落胆するばかりの吉之助に正助(瑛太)は激昂。やがて斉彬は薩摩軍を率いて京を目指す上洛計画を始動する。 第16回「斉彬の遺言」斉彬(渡辺謙)が突然、病で世を去る。そのことを京で知った吉之助(鈴木亮平)は悲しみを押し殺し、月照(尾上菊之助)とともに、なんとか斉彬の志を引き継ごうとする。吉之助は近衛家を通じ朝廷に働きかけ水戸藩を動かそうとするが、その動きを知った井伊直弼(佐野史郎)は、幕府に刃向かう者たちを一気に粛清しようと、吉之助や月照、そして橋本左内(風間俊介)に追っ手を放つ。世に言う安政の大獄の始まりである。 第17回「西郷入水」幕府の追っ手から逃れ、吉之助(鈴木亮平)と月照(尾上菊之助)は薩摩に入り、身を隠した。しかし、斉彬(渡辺謙)亡き後、再び権力を握った斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)は幕府に刃向かうなど言語道断とし、吉之助と月照を日向に追放する処分を下す。それは、実質的に処刑を意味していた。大久保正助(瑛太)は吉之助の命を救うために斉興に直訴し、ある取引を申し入れる。第18回 「流人 菊池源吾」冬の錦江湾に身を投げた吉之助(鈴木亮平)は奇跡的に生き返るが、藩命により菊池源吾という名で密かに奄美大島に流される。龍家の当主・龍佐民(柄本明)の世話になるが、吉之助の気持ちはささくれ、島人たちを容易に近づけない。しかし、島人たちは驚くほど貧しい暮らしをしていた。人々は薩摩の苛酷な支配により黒糖作りを強いられていることを吉之助は島の娘・とぅま(二階堂ふみ)から教えられる。第19回「愛加那」とぅま(二階堂ふみ)は、ユタ(秋山菜津子)から告げられた「海の向こうから来る夫」が、菊池源吾と名乗る薩摩からの流人(鈴木亮平)だと分かり、心を揺さぶられていた。そんなとき、砂糖隠しの嫌疑で、龍佐民(柄本明)が代官所に捕縛される。とぅまは激怒し島人たちと代官所に押しかけるが、そこに吉之助が現れる。とぅまは「薩摩の人間は信じない!」と言い放つが、吉之助は予期せぬ行動に出る。第20回 「正助の黒い石」吉之助(鈴木亮平)はとぅま(二階堂ふみ)と祝言をあげ島で生きていくことを決意する一方で、薩摩では島津斉興(鹿賀丈史)が亡くなり、久光(青木崇高)は国父として藩の権力を握ることになる。正助(瑛太)は久光に急接近し、少しずつ久光の信頼を得ていく。しかし、有馬新七(増田修一朗)ら精忠組の過激派は、正助のやり方が気に入らず、対立を深めていた。そんなとき、井伊直弼(佐野史郎)が桜田門外で命を落とす。第21回「別れの唄」奄美大島に来て2年。吉之助(鈴木亮平)と愛加那(二階堂ふみ)の間に男子が生まれる。吉之助は菊太郎と名づけようとするが、龍佐民(柄本明)は、いつか薩摩に戻る吉之助の子供は菊次郎とすべきと説得する。その頃、薩摩の国父・島津久光(青木崇高)のもとで頭角を現した大久保一蔵(瑛太)の尽力により、吉之助に召還命令が下る。愛加那に別れを切り出せない吉之助。一方、愛加那はもう一人子を授かっていることを知る。第22回「偉大な兄 地ごろな弟」3年ぶりに薩摩に戻った吉之助(鈴木亮平)は国父・島津久光(青木崇高)と対面するが上洛(らく)計画は無謀であると批判し、地ごろ(田舎者)扱いされた久光は激怒する。一方、有馬新七(増田修一朗)たちが京で他藩の浪士たちと倒幕の狼煙(のろし)をあげようとしていた。吉之助は久光の上洛軍を下関で迎える役目を与えられていたが、その命を破り急ぎ京へ向かう。京には有馬の影響を受け血気にはやる弟の信吾(錦戸亮)がいた第23回「寺田屋騒動」吉之助(鈴木亮平)は、有馬新七(増田修一朗)たちを思いとどまらせようと力を尽くすが、下関を勝手に離れたことに激怒した島津久光(青木崇高)は、吉之助に切腹を命じる。兄に下された不条理な沙汰に戸惑う信吾(錦戸亮)は有馬らと合流。他藩の浪士たちと寺田屋に集結し、いよいよ事を起こそうとしていた。その動きを察知した久光は、大山(北村有起哉)を寺田屋に向かわせる。第24回「地の果てにて」徳之島に流された吉之助(鈴木亮平)のもとに愛加那(二階堂ふみ)が二人の幼子を連れてやってくる。愛加那たちと徳之島でつかの間の穏やかな日々を過ごすが、吉之助はさらに沖永良部島への遠島を命じられる。そこは薩摩から遥か遠く、一度流されるとほとんどが戻れないという地の果てだった。しかも野晒(ざら)しの牢(ろう)に入れられるという極めて異例の極刑だった。その牢に酒に酔った謎の男、川口雪篷(石橋蓮司)が現れる第25回「生かされた命」野ざらしの牢(ろう)で死に直面した吉之助(鈴木亮平)は島役人の土持政照(斎藤嘉樹)の機転で座敷牢に移され子供たちに学問を教え始める。その頃、海江田(高橋光臣)ら薩摩藩士が英国人を斬る「生麦事件」が起こる。その補償を迫られた久光(青木崇高)に一蔵(瑛太)は英国に屈せず戦うことを進言。英国艦隊が薩摩に迫っていた。その知らせは沖永良部にも届き、謎の流人・川口雪篷(石橋蓮司)は漁師の舟を盗み島抜けを企てる第26回「西郷、京へ」薩摩に戻った吉之助(鈴木亮平)は、一蔵(瑛太)の求めに応じ京へ。そんな西郷の噂話に花咲かせる男たちがいた。勝海舟(遠藤憲一)と坂本龍馬(小栗旬)、そして岩倉具視(笑福亭鶴瓶)だ。京では朝廷と幕府そして雄藩が合議で政を行う「参与会議」が開かれるが、一橋慶喜(松田翔太)はころころと意見を変え、島津久光(青木崇高)を徹底的に愚弄し会議は決裂。事態を打開するため吉之助は慶喜との再会を果たすが…。第27回「禁門の変」長州の過激派が兵を挙げて京に押し寄せようとする中、一橋慶喜(松田翔太)は長州を討つ準備を進めていた。そんな時、長州の行く末に危機感を抱いた桂小五郎(玉山鉄二)が、吉之助(鈴木亮平)と接触し慶喜との会談を求める。吉之助は桂を信用し慶喜に長州との戦を避けよと提案するが、慶喜暗殺をもくろむ「人斬り半次郎」と呼ばれる薩摩藩士の存在を耳にする。そんな時、長州藩士が集結する池田屋を新選組が襲撃。事態は急変する第28回「勝と龍馬」禁門の変で長州を破った幕府は勢いに乗る。さらに「長州を征伐せよ」という勅命が下り、慶喜(松田翔太)は戦の準備を進める。そんな慶喜の命で、吉之助(鈴木亮平)は、勝安房守(遠藤憲一)に会いに行く。そこに現れる弟子の坂本龍馬(小栗旬)。勝は吉之助に「長州と戦をしている場合ではない。幕府なんかは見限ってよい」と驚くべきことを語る。慶喜から幕府軍参謀を命じられた吉之助は、大きな決断を迫られる。第29回「三度目の結婚」禁門の変、長州征伐で名を挙げた吉之助(鈴木亮平)が1年ぶりに薩摩に帰る。すると周囲は薩摩を代表する男に早く嫁を!と騒ぎたて、花嫁候補が西郷家に押し寄せる。そんな中、一蔵(瑛太)の妻・満寿(美村里江)が糸(黒木華)を吉之助に引き合わせる。糸は一度結婚したものの離縁して実家に戻っていた。妹・琴(桜庭ななみ)も乗り気で再婚話を推し進めようとするが、糸は「自分は吉之助にふさわしくない」と固辞する。第30回 「怪人 岩倉具視」京に戻った吉之助(鈴木亮平)は一蔵(瑛太)とともに朝廷工作の切り札として岩倉具視(笑福亭鶴瓶)を訪ねる。岩倉は下級の公家ながら、かつて孝明天皇の妹・和宮と将軍徳川家茂の縁談をまとめた凄腕。しかし今は朝廷から追放され貧しいちっ居生活を送っていた。生気を失い会えば金の無心。どうも当てにならない。そんなとき桂小五郎(玉山鉄二)と岩倉の家で再会。薩摩は裏切りモノと憤る桂に一蔵も激怒。一触即発の事態となる。第31回 「龍馬との約束」慶喜(松田翔太)が再び長州征伐を断行しようとする中、吉之助(鈴木亮平)は坂本龍馬(小栗旬)を薩摩に連れて帰る。龍馬は雨漏りする西郷家に驚き清貧を貫く吉之助にほれ直す。既に幕府を見限った吉之助は、長州は朝敵ではなく倒幕のために共闘すべき相手だと考え始めていた。そんな吉之助に龍馬は「自分なら両藩の手を結ばせることができる」と早速、桂小五郎(玉山鉄二)に接触する。第32回 「薩長同盟」ついに孝明天皇より二度目の長州征伐の勅命が下された。それに対し大久保一蔵(瑛太)は、「大義のない勅命は勅命にあらず」と幕府に従わない姿勢を明確に打ち出す暴挙に出る。吉之助(鈴木亮平)は亀山社中を訪ね、龍馬(小栗旬)に再び長州との仲を取り持ってほしいと頼み込む。長州のために薩摩名義で銃や軍艦を買い揃(そろ)えると龍馬は桂小五郎(玉山鉄二)を説得するが、薩摩への不信感を拭えない桂は腰をあげようとしない第33回「糸の誓い」薩長同盟が結ばれた直後、寺田屋で襲われ負傷した坂本龍馬(小栗旬)は薩摩藩に保護されお龍(水川あさみ)とともに療養のため鹿児島に渡り西郷家を訪ねる。糸(黒木華)は、龍馬とお龍の奔放で大胆な行動に驚かされる。吉之助(鈴木亮平)といまだに夫婦らしい時間を持てていない糸は、お龍の龍馬へのまっすぐな愛に心を動かされる。一方、幕府が第二次長州征伐に動き出す中、薩摩藩はイギリス公使パークスを迎えることに。第34回「将軍慶喜」将軍家茂が21歳の若さで亡くなる。慶喜(松田翔太)は周囲の予想を覆し将軍の座につく。間もなく孝明天皇が崩御。吉之助(鈴木亮平)と一蔵(瑛太)は岩倉(笑福亭鶴瓶)と共に有力藩主たちで四侯会議を開き幕府をけん制しようとするが、慶喜にうまくあしらわれてしまう。さらに慶喜はフランス公使ロッシュと結び軍事支援を取りつける。その裏側に慶喜の危険な取り引きがあることを知った吉之助は、ついに武力討幕を決意する。第35回「戦の鬼」「大政奉還」を断行した慶喜(松田翔太)の裏側に龍馬(小栗旬)の手引きがあった。吉之助(鈴木亮平)は龍馬と討幕をめぐり決裂。そんな時、龍馬が惨殺される。薩摩藩邸に現れたお龍(水川あさみ)は、吉之助に「あんたが殺した!」と怒りをぶつける。弟・信吾(錦戸亮)も戦の鬼と化していく兄に戸惑い反発する。それでも吉之助は大久保(瑛太)とともに慶喜を排除するため「王政復古」のクーデターを決行する。第36回「慶喜の首」砲声がとどろき新政府軍と旧幕府軍との戦闘がついに始まる。「鳥羽伏見の戦い」である。岩倉(笑福亭鶴瓶)が仕掛けた「錦の御旗」で新政府軍が一気に優勢となるが、信吾(錦戸亮)が銃弾に倒れる。朝敵となることに恐れおののく慶喜(松田翔太)は、あろうことか味方の兵を置き去りにして、密かに大坂城を抜け出し江戸へ逃亡する。吉之助(鈴木亮平)は慶喜追討の勅命を受け、東征軍の参謀として兵を江戸へ進める。第37回「江戸無血開城」江戸総攻撃を前に、吉之助(鈴木亮平)は幾島(南野陽子)の手引きで秘密裏に天璋院(北川景子)との対面を果たす。吉之助は天璋院に江戸城から逃げるように伝えるが、徳川の名にかけて戦うと答え、自ら自決する覚悟だと迫る。そして、江戸総攻撃の前日、吉之助は勝(遠藤憲一)と薩摩藩邸で対面する。江戸の民を救うために総攻撃を中止することを求める勝に対して吉之助は大きな決断を迫られる。第38回「傷だらけの維新」上野の彰義隊は一日で討伐されたものの、会津ほか東北各地の諸藩が新政府軍に抵抗を試みていた。吉之助(鈴木亮平)は援軍を送り込むため、急ぎ薩摩に戻る。吉之助が次々と援兵を送る中、これまで西郷家を守ってきた弟の吉二郎(渡部豪太)が自分も戦に行きたいと申し出る。その後、吉之助が兵をまとめ、越後に到着すると、先に戦に参加していた吉二郎が銃弾に倒れたという知らせが入る。第39回「父、西郷隆盛」明治2年、隠居し薩摩で穏やかな日々を過ごしていた西郷隆盛(鈴木亮平)は、奄美大島から9歳になる息子菊次郎(城桧吏)を薩摩に引き取る。しかし、菊次郎は継母となった糸(黒木華)とその息子寅太郎にも遠慮し心を開かない。一方、明治新政府は版籍奉還など急激な改革を進め、不平士族や農民たちの反乱が各地で起こっていた。そんな時、大久保利通(瑛太)は従道(錦戸亮)に、隆盛を上京させるよう説得させる。第40回「波乱の新政府」新政府への不満が高まる中、大久保(瑛太)と岩倉(笑福亭鶴瓶)は、薩摩の久光(青木崇高)に上京を促す。大久保の態度に激怒する久光は固辞。大久保は藩を完全になくす「廃藩置県」を断行しようとしていた。西郷(鈴木亮平)は新政府に協力することを決め東京へ。しかし各地の反乱を恐れた政府内はまとまらず、しれつな権力闘争が繰り広げられていた。役人たちのぜいたく三昧な日々に嫌悪する西郷は、大久保の進め方にも反発する第41回「新しき国へ」廃藩置県が突如断行され、薩摩では久光(青木崇高)が怒りに任せ花火を打ち上げ続けた。その後、岩倉(笑福亭鶴瓶)や大久保(瑛太)は、不平等条約改正を目指して欧米視察に出ることに。西郷(鈴木亮平)は、菊次郎(城桧吏)に留学をすすめ西郷家にも波紋が広がる。留守政府を任された西郷は宮中改革などを押し進めるが、政府内の汚職騒動など次々と難題が湧き起こる。そして西郷は天皇行幸に同行し鹿児島へ。第42回「両雄激突」西郷(鈴木亮平)は、留守政府を担い旧佐賀藩士の江藤(迫田孝也)らと近代化政策を推し進めていた。大久保(瑛太)が1年半ぶりにようやく帰国。欧米使節団は条約改正にことごとく失敗し、政府内で孤立する大久保。西郷は朝鮮国との外交問題解決のため単独で朝鮮に渡ろうとしていた。欧米列強の文明のすごさに圧倒され、内政改革が急務と考える大久保は、戦争を誘発しかねない使節派遣に断固反発し、西郷との対立を深めていく。第43回「さらば、東京」西郷(鈴木亮平)の朝鮮使節派遣はすでに決定したはずだった。しかし、政府に復帰した大久保(瑛太)は、猛然と使節派遣に反対し留守政府を担ってきた西郷らと対立を深めていく。そして、大久保と岩倉(笑福亭鶴瓶)の策謀により、朝鮮使節派遣は延期させられてしまう。その強引なやり方に抗議し、西郷や江藤(迫田孝也)らは政府を辞職。西郷は、鹿児島に帰ることを決め、盟友の真意を知るため大久保家を訪ねる。第44回「士族たちの動乱」政府を離れ、鹿児島に戻った西郷(鈴木亮平)は、畑仕事や狩りなどの静かな毎日を過ごすはずだった。しかし、桐野(大野拓朗)たちが次々と政府を辞め、薩摩に戻ってきてしまう。政府に対して不満を持つ全国の士族たちは爆発寸前だった。そんなとき、佐賀では江藤新平(迫田孝也)がついに兵を挙げるが、大久保(瑛太)が率いる政府軍にあっという間に破れる。逃亡する江藤は鹿児島へ向かい西郷に助けを求める。第45回「西郷立つ」西郷(鈴木亮平)が創立した私学校には続々と若者たちが集まって来た。一方、それを警戒する大久保(瑛太)と川路(泉澤祐希)は、薩摩に密偵を送り込む。その頃、各地で不平士族の反乱が勃発し、政府に不満を持つ私学校の生徒たちは暴発寸前だった。西郷はその思いを何とか押さえ込んでいたが、私学校の生徒たちが政府の火薬庫を襲い、銃や弾薬を運び出す事件が起こってしまう。西郷はついに自らが立つことを決断する。第46回「西南戦争」「政府に尋問の筋これあり」。50年ぶりの雪の中、西郷(鈴木亮平)は私学校の生徒たちと共に政府の真意を問いただすため東京へ向けて進軍する。西郷が立ったことに衝撃を受けた大久保(瑛太)たちは直ちに征討令を発する。賊軍となった西郷たちは戦う覚悟を決めるが、激しい戦闘の中、小兵衛(上川周作)は戦死、菊次郎(今井悠貴)は足を銃弾で撃ち抜かれ、次第に劣勢となる。敗戦が色濃くなる中、西郷は軍の解散を宣言する。第47回[終]「敬天愛人」西郷(鈴木亮平)は残った兵士とともに包囲網を突破し、薩摩の城山に到達する。一方、大久保(瑛太)は内国勧業博覧会の準備にまい進していた。その頃、従道(錦戸亮)は、片足を失い政府軍に投降した菊次郎(今井悠貴)を西郷家に連れて帰る。政府軍総攻撃の前日、大久保は、降伏すれば西郷の命を助けると指令を出すが、西郷は拒否。城山から最後の戦いに向かう。そして、糸(黒木華)は夫西郷の真意を息子たちに語り始める。, 各ドラマのスタッフが、番組の最新情報や裏話をお届けしています。(NHKサイトを離れます). 大河ドラマ「西郷どん」の公式情報、ゆかりの地や観光案内をまとめた総合情報サイト! 西郷どん あらすじ | 大河ドラマ「西郷どん」 まちめぐりマップ 西郷どんのネタバレあらすじはどんな内容なのか?日本の歴史上でも有名な西郷隆盛の生涯を扱った大河ドラマの西郷どんですが、この作品の原作は林真理子さんの小説でした。原作の西郷どんは恋愛要素の入った新感覚の歴史ドラマであり、その評価は良いと悪いに分かれます。西郷どんのネタバレあらすじで西郷隆盛はどんな人生を歩み、結末を迎えるのか?西郷どんの原作小説の最終回はどうなるのか?西郷どんのネタバレあらすじの内容を徹底解説していきます!, 西郷どんと言えば鈴木良平さんが主演で、日本の歴史上でも有名な西郷隆盛の人生のあらすじが描かれる大河ドラマです。2018年から始まった西郷どんは原作が小説作品で、林真理子さんによって書かれました。日本の命運を分ける幕末の時代に重要な役割を果たした西郷隆盛はどのような人生を生き、西郷どんのネタバレあらすじは展開していくのでしょうか?また西郷どんのネタバレあらすじの最終回はどうなるのでしょうか?, ここではそんな西郷どんの原作小説ネタバレあらすじや、最終回のネタバレあらすじも含めて徹底解説していきます。西郷どんの原作やネタバレあらすじ、最終回に興味のある方はぜひ最後までご覧ください。, 西郷どん(せごどん)とはNHK大河ドラマ作品の57作目として2018年1月7日にて放送開始されました。西郷どんの主人公は西郷隆盛で明治維新を切り開いた勇気の人として、愛が一杯のリーダー像西郷隆盛のあらすじを描く大河ドラマとなっています。2018年は日本が明治維新を迎えて150年経った記念の年なので、西郷どんの企画が始まりました。, 西郷どんは2016年9月6日には制作されることが決まっており、脚本は中園ミホさんが勤めることになりました。中園ミホさんと言えば連続テレビ小説の「花子とアン」に関わった人でもあります。西郷どんの西郷隆盛役が鈴木良平さんに決定すると、作品の方向性も定まってきました。, ネタバレで原作者の中園ミホさんは西郷どんの原作には様々な愛の形が描かれており、男と女の愛や家族愛の他にもボーイズラブ(BL)の要素もあるとコメントしています。西郷どんのテレビ放送回数は初め50回だったのですが、最終的に47回に変更されて放送が開始されるというネタバレがありました。, 明治維新の三傑と言われることもある西郷隆盛はどのような生涯を生きたのでしょうか?最後は西南戦争で亡くなる西郷隆盛のドラマ西郷どんのあらすじをネタバレで解説していきます。, 西郷どんのネタバレで、西郷隆盛の息子である菊次郎が京都の市長になるところからあらすじは始まります。西郷隆盛は明治維新を達成した人物の一人であり、その後西南戦争で政府と戦うことになりました。西郷隆盛が西南戦争を始めた理由は汚れた政府の高官達に天罰を食らわせるためでした。西郷隆盛は死んでしまうのですが、息子の菊次郎は父の無念を晴らそうと京都市長に就任したのです。, 西郷どんのネタバレあらすじで、菊次郎が仲間と酒の席の場面で話が西郷隆盛の事になると、西郷の少年時代にあらすじは移ります。西郷隆盛は少年時代に薩摩という、桜島のある火山地帯で生活していました。薩摩藩は貧乏だったのですが同じ境遇の者同士仲間意識は強いので、明るい生活環境がありました。西郷隆盛も貧乏藩士の元に生まれました。, 西郷どんのネタバレあらすじで西郷隆盛は昔、小吉と呼ばれていました。西郷隆盛の時代は郷中教育があり、これは青少年を教育する当時のシステムです。普通は学校機関を設けるものなのですが、薩摩藩は経済的に苦労していたので郷中教育を行わざるを得なくなりました。郷中教育は8歳から始まり、剣術や勉強を習うことになります。, 西郷隆盛は当時12歳で稚児組にいて、有馬一郎に教えを受けています。この郷中教育の中で薩摩藩士は大切な事を教えられました。それは男は日本の国のために働いて、女はそんな男を助ける必要があるという事でした。男は女を守る責任があったのです。, 西郷どんのネタバレあらすじで有馬一郎は皆に薩摩藩士としての心構えを説いています。薩摩藩士は志を持って文武両道出来るようになれという事を伝えています。そして女性よりも真剣に男に惚れろという言葉も残しました。西郷隆盛こと小吉はこのような教育の中で育って行ったのです。, 薩摩藩は、江戸時代であるにも関わらず、戦国時代のように厳しい世界でした。このため郷中教育もハードなものとなり、西郷隆盛達は厳しい訓練をしつけられました。がんばらない子供は居場所がなくなり、示現流という剣術も教えられました。そんなハードな稽古の中で西郷隆盛は屈強な男に成長していきました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、西郷隆盛がまだ9歳のころに心岳寺にあるお墓に向かう途上である人物と出会うことになりました。それは島津斎彬でした。島津斎彬は馬に乗っており、平民とは違う格上の身分の人でした。島津斎彬は徳川将軍に大切にされて、将軍の名前から一文字を譲り受けた人物でもあります。そんな島津斎彬に西郷隆盛たちは声をかけられることになります。, 西郷どんのネタバレあらすじで、斎彬に声をかけられた事で動揺した小吉は家に戻ると泣いてしまいます。泣いている小吉を見て母親は男らしくないと怒りますが、おじいさんの龍右衛門は小吉の味方になってくれました。泣きやんだ小吉は龍右衛門と話し合い、将来は斎彬の所で働きたいと言い出します。, 西郷どんのネタバレあらすじで、それから4年が経ち小吉は13歳になっていました。13歳の小吉は体重が75キロ以上という大きな体になっていました。そんな小吉は相撲をとったり凧揚げをしたりする少年でした。13歳になった小吉は大久保次右衛門の話を聞くために毎晩彼の元に通っています。次右衛門は小吉に体だけでなく勉強も頑張るようにと教えてくれました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、位の高い武士の子供は造士館で講義を受けることが出来ました。造士館では下級武士でも成績の良いものは講義を受けることが出来たのですが、小吉は優秀になっていたので造士館で講義を聴くことが出来ました。しかし裕福ではない小吉は周りの子供たちとは違う貧乏な様子をしており、目立っていました。, そんな小吉を見た生徒が意地悪をされて、服を破られた小吉は喧嘩を始めてしまいます。小吉はとても強かったので、相手を川に投げ込むと余裕の表情で戻っていきました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、小吉は妹といつかお金持ちになってやるという野心を話しました。これを聞いていた母親は小吉と妹を叱ります。母としては小吉を武士にしたいのであり、商人ではなかったのです。, 西郷どんのネタバレあらすじで、川に投げ込んだ造士館の生徒が小吉に逆襲を仕掛けてきました。しかも素手ではなく刀で小吉を襲ったのです。小吉は刀で攻撃を受けたことにより、腕が上がらなくなるほどの重傷を負いました。この出来事で小吉は武士として生きることが難しくなります。こうして小吉は武士になる事をやめて、勉強を極める方向に向かいました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、小吉は勉強に励むようになり、特に陽明学に精を出しました。陽明学と言えば知行合一の教えであり、小吉にとって興味深い学問となりました。小吉は家が貧乏なことから裕福な子供に切られるという体験をして、この現実の不可解さを何とか理解しようとネタバレで勉強に取り組んでいたのです。, 西郷どんのネタバレあらすじで、小吉は吉之助という名前に改名することになりました。改名後の吉之助は新しい仕事の郡方書役助に就きます。新しい仕事でもらえるお給料は少なくて、家計を何とか助けられる程度でした。, 西郷どんのネタバレあらすじで、吉之助は相撲で遊んでいる時に妙な気持が高ぶりました。それは少年に対する淡い恋慕の思いでした。ネタバレで吉之助は少年が垂らす汗や、相撲をしている時の苦い表情に何らかの恋心を感じたのでした。, 西郷どんのネタバレあらすじで、吉之助の家は貧しいことから病気のおじいさんを治療することが中々出来ません。竜介が栄養失調気味だったので医者に連れて行くと、祖父の方までお金が回らないのです。そんな中ネタバレで吉之助は、無参禅師の元へ行き、大切な教えを受けました。それは誰かに教えてもらう以前に、今頭の中にある邪念を捨てようという教えでした。空白の頭の中を自らの力で満たすことを教えてもらったのです。, 西郷どんのネタバレあらすじで、斎彬派のお由羅と久光派とが争うお由羅騒動が勃発します。これにより斎彬派は罪を擦り付けられて罰を受けることになりました。処罰された者には赤山靱負も入っていました。赤山靱負には吉之助やその父もお世話になっていた人物です。, 結局赤山靱負は切腹をすることになりました。赤山靱負が死ぬことになった原因は由羅の存在であり、この妾のために大切な人が死んだことに、吉之助はとても悔しい思いを感じました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、大久保正助とその父親が罰を受けることになり、鬼界島の島流しにあうことになりました。鬼界島は岩で一杯のとても人間が生活できるところではありません。ネタバレでこの出来事に怒った吉之助は由羅に対する憎しみを増して、彼女を殺すという事まで言い出します。, 西郷どんネタバレあらすじで、お由羅の騒動の後に斎彬の2人の子供が死んでしまいました。この出来事はお由羅が呪いを使って殺したんだという噂が出てきます。本当かどうかは分かりませんがお由羅が呪い人形を使ったかどうかを調べさせるほどの騒動に広がります。さらにお由羅を呪い殺し返そうと思った人たちが僧に頼むという状況にまで発展していきました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、斎彬派の人々が罰を受けて殺されてしまいます。しかし木村時澄と井上経徳の二人はこの危機を脱走で乗り切りました。木村と井上は福岡藩に逃げ延びることが出来たのです。福岡藩にいる藩主の井上は黒田に、薩摩藩で起きていることを告げました。, 薩摩藩の現状を知った黒田は宇和島藩の伊達正城を通して、江戸にいる老中阿部正弘まで状況を伝えることになります。阿部としては斎興が隠居してくれることを望んでいたので、茶器を斎興にあげることになります。斎興が隠居する事になると、斎彬は家督を受け継ぐことになりました。こうして津島藩の十一代めの藩主が登場しました。吉之助たちにとってとても嬉しい出来事でした。, 斎彬が津島の上に立つと、これまでやろうとしていた政策を行動に移します。斎彬がしようとしていたのは灌漑事業や藩士教育、造船作り、反射炉を作る事などでした。これらは後にできる集成館の元ととなります。そんな頃25歳の吉之助は郡方書役助の仕事を継続していました。吉之助の仕事は稲の様子を見て、年貢を納めることが出来るかを判断する仕事です。このため吉之助は農家を一見ずつ周ってみる毎日を送っていました。, 西郷どんのネタバレで薩摩では火山が多いために、米が取れづらいという逆境があります。米が取れない年であっても同じ年貢を課される農家にとっては厳しい現実でした。こんな現状を何とかしてほしいと農家の人は吉之助に言い出します。, 吉之助と同じ仕事をする者の中には農家と賄賂のやり取りをする者もいましたが、吉之助は真面目に農家の年貢を減らすことを考えてくれました。しかし給料は少ないので、貧乏生活は止まりませんでした。, 西郷どんのネタバレで、吉之助は秋の収穫を把握するためにとある貧しい農家の家に泊まることになりました。その夜に聞こえてきたのが弥吉の鳴き声でした。弥吉は経済が苦しいために大切にしてきた馬を売らなければならない状況にあったのです。吉之助は動物が好きなので、自分の持ち金を弥吉にあげて馬を売るのを止めました。, 西郷どんのネタバレで吉之助は弥吉の苦労を見かねて、藩主の斎彬に意見書を送りました。これが効いたのか斎彬は農政改革を行ってくれます。米の値段が安いうちに買い占めて、常平倉で蓄えることで米価の変動を防ごうとしました。また米を多く作るようにとの指令も出しています。, 西郷どんのネタバレで吉之助が26歳の時に、結婚の話がやってきました。相手は伊集院家の娘さんで、21歳の須賀という人でした。初め吉之助はこの結婚話に乗り気ではありませんでした。しかし吉之助の父親がこの縁談を受けるよう勧めました。父が縁談を進めた理由は母の満佐が病気になってしまったためです。, もしも母が死んでしまったら弟の小兵衛の面倒を見る人にも事欠きます。また吉之助の妹琴には両想いの相手がいるのですが、兄の吉之助が結婚をしないと自分も嫁に行く事が出来なかったのです。また須賀の顔には痘痕があるので、嫁の貰い手が少ないという理由もありました。ネタバレあらすじで吉之助は父の勧めに従い、結婚に踏み切ることにしました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、吉之助にとって辛い出来事が重なりました。祖父や父、母親が立て続けに亡くなってしまったのです。吉之助は大切な人を3人も失ったあまりの悲劇に、これから自分はどうすればよいのか分からなくなってしまうほどでした。吉之助夫婦の元に残されたのは父親がした借金と6歳の弟だけでした。ネタバレで吉之助家は金銭的に厳しかったので、嫁の嫁入り道具も売っぱらってしまったほどでした。, 西郷どんのネタバレあらすじで、1853年になると黒船が日本にやってくる大事件が起こりました。黒船にいたペリーは日本に開国をするよう命じてきました。さらにペリーは浦賀に登場したことから、江戸の世では攘夷問題まで立ち上がりました。ペリーがやってきた次の年、斎彬は参勤交代で江戸に行くことになりました。この時に一緒に行ったのが西郷隆盛だったのです。, 西郷どんのネタバレあらすじで篤姫は将軍に嫁ぐために江戸へ行くことになります。以前から島津家と徳川家には繋がりがありました。このため吉之助は江戸へ行くチャンスが到来します。江戸での仕事も決まると、吉之助は斎彬と共に江戸行きの流れに乗りました。江戸へ行くためにはお金がかかります。しかし吉之助は人の縁があって30両ものお金が集まってきました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、吉之助たちが400人ほどの行列で45日かけて江戸への旅が始まりました。田保の途中で吉之助は斎彬と出会いました。ここで斎彬は吉之助の意見書に目を通していたことが分かります。こうして吉之助は九州から本州に渡る船に乗り込むことになりました。そこに妻の姿はありませんでした。, 西郷どんのネタバレあらすじで、西郷隆盛は江戸でお庭方という仕事を任されていました。お庭方とは庭の手入れをする仕事で、斎彬が庭の見える廊下を歩いている時に声をかけられるように作られた仕事でもあります。お庭方とは西郷隆盛を斎彬の身近に置いておくために作られた仕事でもあるのです。斎彬に気に入られている西郷隆盛は、やがて水戸藩の藤田東湖殿に会ってくるように言われました。, 西郷どんのネタバレで西郷隆盛は樺山と一緒に藤田東湖と水戸屋敷で会いました。藤田は尊王攘夷の思想を作った人で、その話を聞いた西郷隆盛はとても感動しました。水戸屋敷に頻繁に来るようになった西郷隆盛は将軍家の状態も徐々に分かってきました。西郷隆盛はある時斎彬に篤姫を見守ってほしいという事を言われます。, 西郷どんのネタバレあらすじで篤姫は命のあまり長くない将軍に嫁ぐことになっている人でもあります。西郷隆盛は身分的に篤姫のそばには行けないのですが、人のつてを通して接近していこうとしました。, 西郷どんのネタバレであらすじで、大地震が起きたために篤姫の婚礼の家具が破壊されました。そんな時西郷隆盛は斎彬から3年で篤姫の婚礼家具をそろえて欲しいと頼まれます。西郷隆盛は人のつてを頼って何とか家具を取りそろえると、篤姫の婚礼が間近の日に対面することになりました。西郷隆盛にとって篤姫はとても魅力的な人でした。, 西郷どんのネタバレあらすじで、西郷隆盛は白石正一郎を助ける機会がありました。下関の豪商である白石と西郷隆盛はこの件で親しくなり、薩摩藩は白石家を拠点に動くことになります。この出来事がキッカケで西郷隆盛は地位の高い人々とお近づきになることが出来たのです。西郷隆盛の存在が公になりかけているころ、江戸幕府の将軍は徳川家定になっていました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、江戸の後継となる将軍を巡って対立する者たちがいました。幕臣の井伊直弼たちは後継の将軍を紀州藩から連れてくるべきだと主張します。一方その他名君の人々は次の将軍を慶喜にしようと主張しました。そんな中西郷隆盛は斎彬に言われて福井藩の初平春嶽に密書を持っていくことになりました。, 西郷どんのネタバレあらすじで、ここで西郷は後継の将軍をいかにして慶喜にするかについて会談しました。また西郷は篤姫からも手紙を受け取り、近衛家に持っていってあげました。しかし西郷の頑張りも届かず、結局江戸の将軍は徳川慶福になってしまいます。この徳川慶福(家茂)が第14第将軍となったのです。, 西郷どんのネタバレあらすじで、西郷隆盛は鹿児島に戻ると斎彬と会いました。西郷は春嶽の手紙と一緒に自分の思いを話したのですが、斎彬は怒り出してしまいました。このため西郷はすぐに京都に行くことになります。京都についた西郷隆盛は大阪城代に行ったとき、重要なことを知りました。江戸幕府が諸藩を押しつぶそうと企んでいることを知ってしまったのです。, 西郷隆盛はすぐに今後の対処を仲間と話し合ったのち、斎彬に江戸へ来るように伝えようとします。しかしこの時点で斎彬は軍の訓練中に亡くなっていたのです。斎彬の死にショックを受けた西郷は、自分も死を選ぼうとしました。西郷の死を止めてくれたのが近衛家の月照で、彼のおかげで西郷隆盛は殉死を避けることが出来ました。, そんな頃江戸の大老になった井伊直弼は、慶喜を江戸の将軍にしようとした者達に罰を加えようとしていました。, 西郷どんのネタバレあらすじで月照に弾圧の手が伸びていました。近衛家から月照を守ってほしいことを頼まれた西郷隆盛は、月照を鹿児島に連れてきました。西郷は薩摩藩の人達に月照を隠してほしいと伝えるのですが、幕府を恐れた薩摩藩の人達は従いませんでした。さらに西郷は月照を日向の国に行く途中に殺してほしいとまで頼まれました。, 近衛家からの命令と薩摩藩からの命令の板挟みになった西郷はとても悩みました。ついに西郷と月照達は鹿児島を出る日が来ました。この時西郷は錦江湾のあたりから月照と一緒に海に飛び込んでしまいました。2人は自殺を図ったのですが、結局月照は死に西郷は生還することになりました。, 西郷どんの最終回ネタバレで、大久保利通たちは朝鮮に施設を送るのではなく、日本の内部を整えようという方針を打ち出しました。このため西郷を朝鮮に使節として送ることを否定します。西郷の朝鮮行きは決まってしまうのですが、大久保たちは三条実美に取り合います。大久保たちは西郷を朝鮮へ派遣するなら、自分たちは新政府を降りるという条件を出してきたのです。, 岩倉具視は太政大臣代理になると、西郷隆盛と掛け合います。岩倉は西郷の朝鮮行きを延期する決定を下しました。これに怒った西郷は新政府を辞任することになります。西郷と共に新政府を辞任したのは600人とも言われています。, 西郷どんの最終回ネタバレで、鹿児島に戻ると自由な生活を始めました。しかし鹿児島にいる若者たちは新しい政府の動きに反発していました。若者たちの反乱を見た西郷隆盛は私学校を建立しました。新政府に逆上する若者たちは私学校に入ることで、勉強をすることが出来るようになりました。しかし私学校のできた鹿児島県は政府のやり方に従わないので、新政府としては問題視していました。, 新政府は私学校の状況を知るためにスパイを送るのですが、若者たちに捕まってしまいます。そして西郷隆盛を暗殺しようとしていることまで明かされました。これに怒った若者達は火薬庫を襲い、武器などを奪っていきました。, 西郷どんの最終回ネタバレあらすじで、西郷隆盛は自らの兵を連れて熊本城を壊滅させようとしました。新政府も西郷に対して兵を派遣すると両者の戦いが始まりました。熊本城を中々攻略できない西郷軍は新政府軍に敗戦を続けます。田原坂でも新政府軍に敗北した西郷軍は鹿児島に戻って城山で新政府軍との戦いに備えます。, 新政府軍は城山を囲い込むと徹底的に攻撃してくるので西郷軍はどんどん追い詰められていきました。ネタバレで西郷隆盛は別府晋介に頼んで城山にて最後を迎えました。こうして西郷どんのネタバレあらすじは最終回となります。, ここでは西郷どんの原作小説の内容について見ていきます。西郷どんの原作小説は一部でひどいという意見があります。西郷どんの原作小説を良いという人もいるので賛否両論とも言えますが、以下より原作小説版西郷どんの特徴を見ていきます。西郷どんの原作を書いたのは林真理子さんで恋愛系の小説を多く手掛けている人です。, 林真理子さんは以前から大河ドラマ作品を書きたい思いがありましたが、読者からしたら歴史の知識不足だと思われていました。西郷どんにしても子供が読む児童伝記レベルだとする声もあります。西郷どんは批判意見だけでなく、西郷隆盛のキャラクターが立っていて面白かったという声もありました。西郷どんは歴史小説の割には恋愛要素も強かった事から、歴史小説ファン的にはイマイチな印象があったようです。, 男同士の恋愛要素まで入っているので、年配の読者層からしたら受け入れがたいものだったと言えます。西郷どんは林真理子さんの得意な恋愛要素の入った歴史小説として意外性があることから、本来の歴史小説好きの人達から批判を受けやすい作品になっていると考察できます。, ここでは西郷どんの原作最終回をネタバレで紹介していきます。江戸や京都を行き来して、斎彬の死や島流しにあった西郷隆盛が、坂本龍馬と新しい日本を作っていく物語が描かれていきます。, 西郷どんの原作最終回ネタバレで、明治元年になると大久保利通と岩倉具視は天皇を日本の君主にしようとしました。天皇の公務の場とプライベート空間を分け、政治や学問や馬術を勉強するように掛け合いました。大久保たちは邪魔をしようとする公家たちも排除して天皇が君主になる新しい日本を作り出していました。, 一時期天皇は西郷隆盛のところに預けられた事もあります。天皇は西郷の事を気に入ってくれて、西郷の体調面に気を使ってくれる仲にまでなりました。そんな中西郷隆盛は大久保利通たちのやり方に反発を起こします。西郷隆盛は大久保たちがいない間に、士族の徴兵制やキリスト教を解禁したり。学生を発布したり、地租改正、太陽暦を使いだしたりしています。, 西郷どんの最終回ネタバレで、挑戦は日本を甘く見ていたこともあり、日本閣内で朝鮮を倒そうという運動が起きました。大久保はこの動きを止めようとしますが、板垣退助も含めて耳を傾けてくれませんでした。西郷隆盛はアジアの国々と組んで西欧と肩を並べるべきという考えをもっていたので、富国強兵に進む大久保とは対立していたのです。, 西郷隆盛が朝鮮使節になると大久保や岩倉は天皇を使って何とか止めにかかりました。結局大久保たちの思惑のために西郷の朝鮮使節派遣の話が流れてしまったのです。こうして西郷は鹿児島に帰ることになりました。, 西郷隆盛の原作最終回ネタバレで、明治6年には西郷隆盛は鹿児島に帰還して農業をして過ごしていました。西郷隆盛は私学校を設立するとたくさんの若い人がやってきます。西郷を慕う多くの人が彼の後を追って鹿児島にやってくるほどでした。鹿児島の中で西郷隆盛はとても重要な人物になっており、彼のおかげで民は幸せそうでした。, 西郷が立てた私学校は勢力を増していき、県の政治に力を持つようになってきます。明治10年になると独立国の鹿児島で、陸軍の者が火薬を盗んだことが分かります。私学校の人々はこれに怒り、陸軍に報復を仕掛けました。若者たちの行動は西郷でも止めることが出来ず、熊本城を落として上京する若者たちに加勢します。このようにして西郷どんの物語は最終回のラストへ向かって進みます。, 西郷どんの原作最終回ネタバレでついに西南戦争が起こってしまいます。鹿児島の若者は熊本城を3日で落城できると信じていましたが、戦争は2か月に及びました。薩摩軍は政府軍と戦うのですが、政府軍は強力な武器を持っているのでかないません。薩摩軍はたくさんいた兵隊も残り3000人にまで追い詰められると、村に逃げ込みました。, 西郷は仲間たちに降伏しても大丈夫だという事を言っています。西郷隆盛は鹿児島に帰還して、洞窟に隠れますがついに政府軍に発見されてしまいます。そして西郷は仲間に首を切ってもらい、最後を迎えたのでした。西南戦争が終了して1年後には大久保利通も暗殺されることになります。こうして原作西郷どんの最終回は終わりを迎えました。, 西郷どんの原作や最終回のネタバレあらすじを見てきました。西郷どんは西郷隆盛という日本の歴史上でも有名人物のあらすじを扱った大河ドラマ作品です。原作の小説を書いた林真理子さんは歴史ドラマに恋愛要素を大胆にいれて新しい要素を出してくれましたが、一部の読者からは批判の声も受けています。西郷どんの最終回も含めたネタバレあらすじを知って、原作もテレビドラマも楽しんでいきましょう。, 西郷どんのあらすじをネタバレ!原作小説の結末から最終回まで考察のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。, 2018年の大河ドラマ『西郷どん』のキャスト表(キャスト一覧)と相関図を紹介していきます。2018年の大河ドラマ『西郷どん』は西郷隆盛を主役とした大河ドラマです。日本が大きく変わる幕末の時代というだけあって、歴史の教科書にも名を連ねる登場人物一覧が多く登場します。そんな『西郷どん』の豪華キャスト一覧と相関図を紹介します, 現在放送中の大河ドラマ、西郷どんについての相関図を家系図とともに紹介していきます。大河ドラマ西郷どんでは非常に登場人物が多いため、これまでの西郷どんを相関図にまとめて登場人物たちがどのような行動をしたのか、主人公吉之助とどのような関りを持ったのかをまとめてみました。また西郷どんの登場人物の紹介とキャスト画像と共にそのキ, 西郷どんの気になるあらすじをネタバレ紹介!原作小説の結末や最終回は一体どんな内容?.

弱くても勝てます 4話, 内山昂輝 英語, どんぐり ランチ, 石田星空 ダウン症, 啄木鳥探偵處 最終回 感想, ディアブロ3 アズモダンの指令, Arisa モデル, 山崎育三郎 妻, 美食探偵 明智五郎 6話, 鬼滅の刃 柄 イラスト, きめつの刃 富岡 義勇 イラスト, 境遇 類語, 成宮 寛貴, 反対語 漢字, 官房長官 在任期間 ランキング, コピーして 貼り 付け, かくれんぼ シルジャ, オーク 英語 モンスター, ヨーロッパ2カ国 ツアー, Downdetector 安全, 三浦春馬 出演予定, 動画を制作する 英語, タミフル 異常行動 原因, 赤西 錦戸, Twitter Via芸, きめつのやいば 柱, ルパンの娘 主題歌, エヴァ マーク6 大きさ, 下町ロケット ヤタガラス 続編, Info Information 違い, 赤ちゃん インフルエンザ予防接種,