下町ロケット ヤタガラス あらすじ

富山はテスト結果を振り返って予想以上に高い点数が付いていることに悔しさを覚えます。 Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. テスト当日、帝国重工の面々は佃製作所を馬鹿にするような発言を繰り返します。 ▽2 帝国重工が佃を外して「アルファ1」開発 2010年に小学館より、単行本「下町ロケット ヤタガラス」が刊行され、それをドラマ化したものなんです。 『下町ロケット ヤタガラス』の原作小説あらすじ・ネタバレ. 今ドラマが放送されている『下町ロケット2』の原作である『下町ロケット ヤタガラス』を読みました。, 前作の『ゴースト』はギアゴーストの特許侵害という大きな問題を共に乗り越えるも、さらに大きな事態になりそうな伏線を残して終了していました。, ぼくはkindleで『ゴースト』を読んでいたのですが、続きが気になりすぎて読み終えた瞬間『ヤタガラス』のkindle版をポチリました 笑, ちなみに前作の『下町ロケット ゴースト』はAmazonのオーディオブックサービスである『Audible』で配信されていて、『下町ロケット ヤタガラス』も12月中旬から配信予定です。, オーディオブックはその名の通り”耳で聴く本”なので、家事、筋トレや運動中、車の運転中も読書の時間にできます。, しかし社長である伊丹がライバル企業であるダイダロスと資本提携を決めたことによって、佃製作所とのトランスミッションの取引の話もなくなってしまいました。, 伊丹と決別してギアゴーストを退職した島津からその話を聞いた佃は、後日伊丹に直接会いに行くこととします。, しかし共に協力してギアゴーストの存続の危機を乗り越えたときの面影は伊丹にはなく、どこか面倒くさそうに佃に対応します。, 佃は同じ下町育ちとして伊丹大とギアゴーストに惚れ込んでおり、それが裏切りにたいして怒れなかった理由でもありました。, ですが伊丹の佃製作所への恩義も謝罪もなく、一方的に切り捨てる態度に佃はついに耐えきれなくなりました。, 「いままで長いこと生きてきたが、こんなふうに裏切られたのは初めてだ。いまここに至るまで、少しでもあんたのことを信じようとしてきた自分が情けない」, 一方、前作のラストでロケット開発から離れた財前道生は新しく『宇宙航空企画推進グループ部長』となっていました。, 財前はロケットの技術も活かした無人農業ロボットを作り、日本の農業を救うことを目指していました。, 「作業は昼夜問わず可能で、パソコンからの指示で納屋を出、田んぼに行き、農作業をして自動で帰ってくる。, これにより、農作業は格段に楽になり、しかも作業効率が向上して経営面積を増やせることによって、世帯収入は飛躍的に向上します。, 若手の収農者を増やし、”きつい、つらい、儲からない”農家のイメージを”楽しく、豊かで、成長する”前向きなイメージへ転換することができるんです。」, また、北海道農業大学で無人農業ロボットのベースとなる技術を研究しており、佃の大学時代の友人でもある野木博文(のぎひろふみ)教授にも協力を依頼して、無人農業ロボットの開発を進めようとします。, しかし次期社長候補である”的場俊一”が無人農業ロボットの成果を自分のものにすることを考えたため、財前は企画から外され的場が責任者に就任します。, さらに的場はエンジンとトランスミッションを帝国重工内で制作する方針を打ち出し、佃製作所は取引から外されてしまいます。, しかし佃は今後間違いなく進んでいく農機具の無人化に置いていかれないためにも、野木教授に協力してもらいながら無人農業ロボットの開発を続けていくことを決めました。, 帝国重工の無人農業ロボットの開発は進み、ついに公式に制作が発表されることとなりました。, しかしそれとほぼ同時期にギアゴーストとダイダロスが『ダーウィン・プロジェクト』と命名し無人トラクターの開発に参入。, さらにかつてダイダロスの社長である重田登志行が社長をしていた重田重工が的場によって潰された過去が週刊誌の記事に載り、『ダーウィン・プロジェクト』がメディアに大々的に報じられます。, これらによって大企業に潰された下町の会社社長たちが宿命の相手である帝国重工に挑戦状を叩きつけるという構図が出来上がり、『ダーウィン・プロジェクト』は世論の圧倒的な指示を集めるようになりました。, 「たしかに、この重田登志行という人の人生は壮絶なものでしょうが、帝国重工の書かれ方も酷いですね。ネットでも相当盛り上がってますよ」, 帝国重工への取引から外れたあとも佃たちは野木のもとで無人農業ロボットの開発を続け、100回連続でノンストップの結果を出すまでになっていました。, 帝国重工は小型・中型トラクターを製造する『ダーウィン・プロジェクト』との競合を避けて大型トラクターの製造に力を入れ始めていました。, これは的場の方針によるもので、財前が当初目指していた日本の農業を救うという目的から大きく外れるものでした。, そんな中、岡山で行われる農業イベントの『アグリジャパン』に帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」の出展依頼が入りました。, 「アグリジャパン」には同じく無人農業ロボットを制作している「ダーウィン・プロジェクト」も出展することとなっていました。, お互いに行う無人農業ロボットのデモンストレーションは、帝国重工とダーウィンの直接対決として世間の注目を浴びることとなりました。, 帝国重工側は大きな自信をもって望みましたが、結果はこれ以上ない屈辱的な形で差を見せつけられました。, この結果と的場を中心とする製造部のやり方を問題視した現社長の藤間はある決断をします。, 「外注でいい。あの『ダーウィン』と渡り合えるような技術力のある会社に、このトラクターを託せ。, 裏切りや大企業のしがらみ、政治的介入などの困難の先にあったのは、下町の心意気の結晶ともいうべく結末でした。, 前作の『ゴースト』についての記事で、読者を飽きさせないスピード感のある展開を面白さのポイントとして紹介していました。, それは『ヤタガラス』になっても変わることがなく、次々と変化する展開が読者をひきつけ物語の没頭させられます。, ただ『ゴースト』のときは物語の序章的な部分も多くて、それほどたくさんの展開があったわけではありませんでした。, ざっくりいえばこんな感じでしたが、『ヤタガラス』ではもっといろんなことがおきていて、次から次へと問題が発生します。, 『ゴースト』よりも多くの問題が起きているのですから、むしろ『ヤタガラス』のほうが展開が早いといえます。, それでも物語に先を急いだ感じはなく自然に読ませられているので、今作も安定感抜群の構成力の高さを発揮しています。, 固い言い方になってしまいましたが、『ヤタガラス』は自分のやったことがそのまま結果となって帰ってくるということを具現化したような結末となりました。, 当時社長であった重田登志行は的場に憎しみを抱き、同じく的場によって会社を追放された伊丹とともに『ダーウィン・プロジェクト』を立ち上げ、的場を潰そうといろんなことを仕掛けます。, 『ダーウィン』によってなかなか痛手を負わされましたが、最後には今までやってきたことがすべて跳ね返ったような決定的なしっぺ返しを的場は喰らいます。, また、『ダーウィン』側も無人農業ロボットの制作をしていましたが、これは①下町の技術力を見せつける②的場への復讐といった目的。, ラストまでその気持ちが変わることはなく、追い詰められた『ダーウィン』側にたいして佃がとったある行動にも現れています。, まあそうじゃなかったら台無しなんで当たり前なんですが、日本を支えてきたのはこういった下町の心意気なんだろうなと思うと胸が熱くなります。, 『下町ロケット』であれば帝国重工、『ガウディ計画』であればライバル会社と実績を重視するPMDA(医療機器を認可する機関)でした。, いずれも一筋縄ではいかない問題にたいして持ち前の技術力と下町の心意気で立ち向かっていくところが魅力のひとつだったと思います。, 『ゴースト』なら特許侵害で訴えられたギアゴーストを、『ヤタガラス』ならダーウィンに差をつけられた帝国重工を手助けする側にまわっています。, バルブやトランスミッションの開発をしている場面もありますが、それほど苦労もなく出来上がった感じがあって、佃製作所からは横綱相撲のような余裕がありました。, 佃たちが困難に立ち向かい、それを読者であるぼくたちが共有し、最後に手にする成功を共に喜ぶ。, なんというか、『下町ロケット』の今までの良さが抜け落ちている気がしたので、ここがもったいなかったです。, 今作は農業というぼくたちの身近かつ日本の重大な問題をテーマにしているところもよかったです。, ホリエモンの本でよく「将来農業もロボットがやるようになる」ってよく書かれているのですが、それがどういう仕組みでなりたっているのかということも描かれていて、最近の科学の凄さには震えました。, 物語ではやや近未来的な内容になっていましたが、早くこれが現実のものになってほしくてなりません。, 月間最高8.3万PVのこのブログを運営するパラレルワーカー/ペアーズ を中心に恋活奮闘中/第2期沖ケイタ書生を経てライター活動開始/初月3万→3ヶ月で月収5万/スピッツが大好きでファン歴13年目/, 池井戸潤『下町ロケット ヤタガラス』のあらすじと感想。下町の心意気に胸が震える物語だった, 【実質聴き放題】Audible(オーディブル)の返品方法とコイン制度を画像付きで解説. ▽3 重田と伊丹の復讐「ダーウィンプロジェクト」 リュウ 2018年11月5日. ↓ 財前道生(ざいぜんみちお) 帝国重工宇宙航空部開発グループ部長。佃製作所の持つ特許がネックとなり自社開発のエンジンが製作できない可能性が出てきたためその対応にあたる。 ↓ ● 宇宙航空部本部長:水原 重治(木下ほうか) ▽8 ダーウインの危機 神谷修一(かみやしゅういち) 知財関係では国内トップクラスの凄腕弁護士。佃の元妻からの紹介でナカシマ工業との訴訟を弁護してもらうこととなる。, 宇宙開発機構の研究員をしていた佃航平はロケット用エンジンセイレーン開発失敗の責任を取って研究員を辞め、父親の死をきっかけに家業を継いで佃製作所社長となりました。佃は高い技術力で精密機器を手がける方針を進め順調に売上を伸ばしていました。しかし、京浜マシナリーからいきなり年間十億円もの取引を打ち切ると言われ銀行からの融資もなかなか受けられずに苦境に立たされます。ここから、会社を守るための新たな挑戦が幕を開けるのでした。, 佃航平はかつて宇宙開発機構で研究員として働いていましたが、7年前に父親の死をきっかけに家業を継いで佃製作所社長となりました。 20代女性の恋愛やライフスタイルを応援する 佃製作所のバルブには異常は見つからず、佃はバルブに絡む部品全てを調べます。 財前は佃製作所を再び訪れ、特許使用契約の内容について打ち合わせます。, 佃は帝国重工と特許使用契約を結ぶのではなく、ロケットエンジンに使用するバルブシステムを製作して帝国重工に供給しようと考えます。 佃社長の良き理解者だった帝国重工の財前部長は宇宙開発部から異動してしまった。, ギアゴースト島津は佃製作所の社員たちに謝罪し、事情を知った社員たちは彼女を許し、一緒にトランスミッション開発をやろうと誘うが、去っていってしまった。, ギアゴーストのヤマタニ新機種向けトランスミッションには、コンペで採用された佃製作所の新バルブを納品する予定だが、伊丹から連絡がないので問合せると、同じ下町育ちで人情味のある男だったはずの伊丹は冷たく変わっていた。, ヤマタニの経営計画が変わりコンペのトランスミッションは棚上げ。ギアゴーストはヤマタニでの新しい農機具に参入するが、その部品は大森バルブに決まっているという。, なぜ連絡をくれなかったのかと聞く佃に、裁判のことは感謝するがそれはそれ、下請けにいちいち連絡しないと答える伊丹。そしてダイダロスと資本提携してのは、佃製作所と組んでも生き残れないからだと。, 宇宙航空企画推進グループ部長になった財前は、政府が打ち上げた7機の準天頂衛星ヤタガラスによってGPSの誤差が10mから数cmに改善され、それを利用した無人農業ロボットを開発するという。, 農業は高齢化が進み深刻な人手不足。10年後には担い手がいなくなり、日本の農業は廃れノウハウも失われる。無人農業ロボットは人と同じかそれ以上に正確なも農作業が実現できるので、この危機を救うことができる。, しかし帝国重工のラインナップには農機具がないので、佃製作所にエンジンとトランスミッションを供給してほしいと相談に来た。帝国重工は大型機械は得意だが、新たに小型エンジンとトランスミッションを社内開発すれば時間とコストがかかりすぎる。, 自動走行システムは、無人農業ロボットのベースのなるビークル・ロボティクス研究の第一人者である北海道農業大学の野木博文教授に頼みたいが一般企業と組むことに抵抗があった。野木は偶然にも佃の大学時代の友人だったので、佃が説得することに。, 財前と佃は北海道へ行き、野木の研究を見た。無人トラクターはPCで操作され時間になったら自動的にエンジンかかって夜も雨も関係なく作業をする仕組み。それはヤマタニのトラクターで、エンジンは佃製作所のステラだった。意外なとこで佃と野木はつながっていた。, 5年前、キーシンという会社から共同研究を持ち掛けられ提携した。未完成の技術を実用化を目指して設立した会社の研究員たちを共同研究者として受け入れる代わりに、研究機材を出すという約束だったが、裏があった。, 実用化のノウハウと資金はキーシンが出し、野木は利益の10%のロイヤリティを受け取る契約。しかし1年経たないうちに、研究員に開発ソースを開示しないのは契約義務違反だと一方的に契約解除された。, 開発ソース開示は契約になかったが、共同研究に不可欠だからと出資した2000万円の弁済を求められ裁判になったが、野木が勝った。, ところがキーシン研究員の目的は開発プログラムを盗み、自社開発したと発表していた。裁判で負けても開発プログラムさえ盗めばよかったのだ。, 盗まれた開発プログラムは、現在のと比べれば7割の完成度。ただその後5年間の間にキーシンがどう改良したか不明だ。キーシンが野木を上回ってる可能性もある。, 財前は自動運転システムの提携候補を調べる段階でキーシンを知っていたが、研究者はいても核になるリーダーがおらず技術力のバックボーンが見えないから、どうやって開発したか疑問で候補から外していた。, キーシン社長の戸川譲は、高校卒業後バイトしながら独学で通信技術を学び、株で一山あてた資金で起業。その後はベンチャーキャピタル数社から3億円近くの出資を受け、技術を売りにして将来は莫大な利益を上げると語ってるがめどは立ってない。, 野木は金が絡むことにうんざりしていたが、研究目的は日本の農業を救うためだ。佃は、実用化しないと農業は救えないと説得して、野木はOKした。, 佃製作所とヤタマニとの取引は全盛期の3分の1にまで減り、若山新社長になってコスト重視の方針に変わり儲けも少ない。無人農業ロボット開発はヤマタニ依存から脱却するチャンスかもしれない。, しかし帝国重工に佃製作所がエンジンとトランスミッションを供給したらヤマタニも穏やかじゃないだろう かつて会社を訪ねてきたことのあるナショナル・インベストメントの浜崎に話を持ちかけると、佃製作所の資料に一通り目を通した後でとりあえず一億五千万の投資を検討してもらうこととなります。 しかし、水素エンジンのバルブシステムで特許出願したところ棄却されるという事態が発生し、佃製作所が同様の技術で先に特許を取得していました。 帝国重工では全部品を内製化するという社長方針があるために特許使用許諾契約を結ぶという選択肢は無く、佃製作所の厳しい経営状態を確認した財前は特許権を買い取ろうと考えます。 佃製作所社内でも佃の夢の為に大金を手にするチャンスを逃してしまうと反対意見も多く出ます。 財前はとりあえず佃製作所の工場を見て帝国重工で採用できるレベルで無いと断ろうとしますが、実際に工場を見るとその技術力の高さに驚かされてしまいます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「CLIPPY」では、   ▽7 総理視察で再対決!リベンジなるか ここでは、この作品がどんな物語なのか、分かりやすく楽しくご紹介していきますが、始めに前作のおさらいをサラッとしていきましょう! ● 法律顧問:中川京一(池畑慎之介) ためになる情報を ドラマ「下町ロケット続編」の原作小説は、は前半の「ゴースト編」と後半の「ヤタガラス編」の2冊ありるので、最終回の結末までのネタバレあらすじがどうなるか気になる人は多いです。 元ギアゴースト副社長で天才エンジニア。元帝国重工の研究職, ● 宇宙航空部部長:財前 道生(吉川晃司) 神谷から今回の訴訟に関して提案があり、佃製作所はナカシマ工業を逆に訴えることとなります。, 帝国重工の宇宙航空部ではスターダスト計画というロケット開発の計画を進めていました。 一方的な取引の打ち切り、根拠の無い特許侵害の訴訟、裏から手を回しての買収工作、特許権の買取など、大企業による様々なやり口に対して佃製作所社長の佃は自分が正しいと思う事を主張する為に敢然と立ち向かいます。 ● 社長:重田登志行(古舘伊知郎) と思い、仁義を切りにいくと意外にも素直に受け入れてくれた。, ヤマタニの入間工場長は帝国重工の無人ロボット参入をなぜか知っていたて、他のメーカーや、ヤマタニでも無人ロボットの企画が出てるかもしれないと言っていた。, 的場は、財前部長が提案して水原が決裁した「無人農業ロボット」の企画書をかぎつけ、陣頭指揮を執ると言い出した。将来性がある事業だから手柄を横取りし、もし先行きが怪しくなったら水原と財前に責任を負わせるつもりだろう。, こうしてスターダスト計画に否定的な的場が責任者となり、財前が自由に采配を振るえなくなった。, その後、的場がエンジンとトランスミッションを内製化方針に切り替え、佃製作所は下請け業者の打ちあわせに呼ばれなくなった。, 反藤間社長派で製造部出身の柴田専務は、財前の外注アイデアは言語道断で、小型化は簡単だと考えている。そして「Mr.トランスミッション」こと製造部部長の奥沢は、島津の新型トランスミッション企画をボツにした男。, さらに的場は、佃製作所が参加しないなら降りるという野木教授を、佃に説得させるよう財前に指示。佃が断れば財前が困るから、佃はしぶしぶ野木を説得したのだった。, 帝国重工の無人農業ロボット開発から外された佃製作所。しかし今後、農機具は無人化が進むだろうから それを見越して開発を進めるないと佃製作所は時代に取り残されてしまう。そこで佃は野木の実験用トラクターのエンジンとトランスミッションを供給させてもらうことに。, 殿村には、高校の同級生・稲本が農業法人への勧誘してきた。殿村家の田んぼを使うのが目的だ。, 稲本は加入を増やして田んぼを増やし、機材を法人内で使いまわしてコストを減らす。規模が大きくなれば地元での発言力も大きくなる構想。しかしその成長戦略は現実離れしたものだった。, 稲本のバックにいる農林協の吉井は、殿村家が独自ブランド米「殿村家の米」を直販してるのが気に入らず、勝手なことしていい気になるな、農業法人に入れと脅してきた。, 帝国重工が無人農業ロボットを「アルファ1」を公式発表したが、企業宣伝がメインで野木はただのお飾りにされた。, 的場は、研究開発費を全て出す代わりに帝国重工100%出資の新会社に特許を移転して一緒にやろうと野木に提案したが、技術をタダで渡すようなものだから野木は断った。, しかし帝国重工の技術は農業向きではない。巨大ブルドーザーや戦車は評価が高いが、繊細な小型なトラクターや農業を知らないのだ。, 「アルファー1」は新聞で小さな記事だったのに対して、「ダーウィン・プロジェクト」という別の無人トラクターがテレビのニュースで「帝国重工に負けない」と報じられた。, 地元選出の萩山衆議院議員の働きかけの肝いりプロジェクトとして支援を打ち出している。浜畑総理のICT(情報通信技術)戦略構想の柱に農業があり、これを利用して萩山衆議院議員は売名を企んでいる。, つまり利害が一致した連中が集まったプロジェクトで、ヤマタニもデザインや外装を供給する。, ・左翼系思想で大企業を敵視する北堀は、テレビ番組の制作会社「北堀企画」の社長で、宣伝担当としてニュースや情報番組でダーウィンを放送していく。, 『下町トラクター「ダーウィン」の真実 帝国重工に潰された男たちの挑戦』 エンターテインメントなど、 ↓ ● 技術開発部:立花 洋介(竹内涼真) その後は技術力を高めて順調に売上を伸ばしていましたが、ある時主要取引先の京浜マシナリーから社内方針の変更によりエンジン関連の発注を無くすと一方的に通告されます。 ▽6 ダーウィンの不具合  企業業戦略を担当。元帝国重工の事業企画部, ▽1 無人農業ロボットの開発 ● 経理部長:殿村 直弘(立川談春) 的場が仕掛けた 下請け叩き で、ダーウィンプロジェクトから離脱する会社が続出。 ダーウィンの生産ラインが止まって しまいました。 帝国重工から圧力がかかったことを聞いた重田と伊丹は、中川弁護士を使って、公正 … 著者:池井戸潤 2017年5月に徳間書店から出版アキラとあきらの主要登場人物山崎瑛(やまざきあきら) 主人公。公立高校から有名大学に合格して産業中央銀行に入行。ハングリー精神の持ち主。階堂彬(かいどうあきら) 瑛との同期入行組。裕福な家庭に... 「下町ロケット2 ガウディ計画」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→日本クラインという一部上場の大手医療機器メーカーから佃製作所へあるバルブの開発依頼がきます。新規ビジネスにつながる可能性もあり、厳しい条件でも請け負うことにしますが、これが佃製作所の運命を大きく変える…, 「劇場版おっさんずラブ‐LOVEorDEAD-」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|瑠東東一郎, 「怪盗グルーの月泥棒」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|ピエール・コフィン、クリス・ルノー. しかし、佃製作所では大切な技術を金で売り渡すのは会社の方針に反するという意見が強く、佃は財前からの申し出を断ります。 ↓ 最後の砦として帝国重工の社長藤間の承認を得る必要がありますが、財前が役員会で佃の名前を出しながら直接説明します。 ▽4 農業ビッグイベント「アグリジャパン」 ・トラブルの原因は特定できてない。キーシンの問題がトランスミッションの問題を誘発しているというが、バグは修正済なので再度見直している状態, ヤマタニでもダーウインを扱ってるが、純正ではないので儲からない。これらの情報を聞き入間工場長は、ユーザーにヤマタニ製のトラクターを買ってもらう方針に変えた。, ギアゴースト伊丹は堀田からトラブルが多すぎると報告を受け深刻になる。氷室はトランスミッションに原因があるとわかるのが怖くて責任から逃げている。, ダーウィンプロジェクトは原因不明の動かなくなるトラブル続出と、的場の妨害工作によって思わぬ暗礁に乗り上げた。, 的場はダーウィンを潰して、国内アルファ1のシェアを広げ、最終的に世界進出を狙っている。これで父を超えられる!, そんななか、下請け20社が帝国重工からダーウィンプロジェクト妨害工作を受けた、公正取引委員会へ下請け法違反申し立てを行ったとネットニュースになった。, 的場は下請けが自分にたてつくとは夢にも思わなかった。週刊ポルトからも実名入りで質問状が届いた 記事は握りつぶすことも出来ず明後日には出てしまう。, 下請け法とは、仕事をは発注する大企業が、その優先的地位を理由に下請けをイジメないように定められた法律。下請け法に違反しても刑事罰はないが、これは社会的制裁を狙った申し立てだ。ダイダロスの法律顧問・中川京一の仕業。, 帝国重工はスキャンダルを極端に嫌うため、「この会社にもう君の居場所はない」と、沖田会長は的場に辞任を要求した。, 重田は若い頃もともと船会社に就職したかったが、実家の重田工業を継ぐため帝国重工に就職して修行することを余儀なくされた。32才で重田工業に戻り常務となり35才で社長になったが、父である会長のもと勝手は許されず名ばかりのお飾りだった。, そんななか的場から突然取引を打ち切られ倒産。社員たちはみな路頭に迷った。重田自身も、嫁と子供は重田工業の倒産をきっかけに別居を経て離婚した。, テレビの向こうで弱弱しく変わり果てた的場を見て、重田は愕然として泣いた。復讐を果たしても歓喜も達成感もなく、あるのは虚しさだけ。こんな男への復讐のために人生を生きてきたのか?, 的場に復讐するために、「カネに縛られるほど無様なことはない」父の教訓に伊丹は背いた。この復讐は父を裏切り自分の人生も踏みにじる行為だった。, 機械工学分野の専門誌「月刊メカニカルサイエンス」に、『ダーウィンは帝国重工を超えたのか?』という刺激的なタイトルが掲載された。, 評判はダーウィンが勝ってるが、実際に使ってる農家や農林協を取材して、実力ではランドクロウが買ってるし、ダーウィンはトラブルが多発してるという内容の記事だ。, 野木は的場のやったことにはがっかりしていたが、こうして自分の研究が評価されたのはビジネスに関わったからだと実感したのだった。, 殿村の同級生・稲本のダーウィンも動かなくなる不具合が発生。最近『ダーウィンは故障が多い』という話が殿村の耳にもよく入るようになっていた。田んぼや畑の真ん中で止まってしまったり。, ヤマタニ入間工場長は伊丹に、ダーウィンのトラブル報告多すぎる。トランスミッションの欠陥だろ。リコールを検討するべきだと伝えた。, 伊丹はランドクロウのトランスミッションを入手して、リバースエンジニアリング(他社製品を分解して構造や技術を検証する作業)をして、比較して原因を調べる。, すると、ランドクロウは遊星ギアが特殊な形状をしていた。まだミスを認めようとしないプライドの塊の氷室を伊丹がキレて一喝する。同じ部品が作れないか検討するが、調べるとすでに佃製作所によって特許が出願されていた。, ダーウィンプロジェクトの主要メンバー4人が集合(ダイダロス重田・キーシン戸川・北堀企画の北堀・ギアゴースト伊丹)し、トランスミッションの欠陥について情報共有する。, 唯一の解決策は佃製作所のトランスミッション技術を取り入れることだが知財の網がかかってる。それに代わりの発明も、島津のいない今のギアゴーストには難しい。氷室は辞めた。, 佃製作所とライセンス契約を結ぶしかないが、ギアゴーストは佃製作所を裏切った身だ・・・, 的場の後任は、宇宙航空部本部長の水原が任命され、現場の総指揮は立案者である財前が執ることになり、ようやく本来のカタチに戻って佃製作所もホッとした。, ダーウィンの売上は発売当初は圧倒的だったが「故障が多い」という評判が農家の間で広がり、徐々に勢いを失い、最近は逆にランドクロウが売上を伸ばして逆転している。, ダーウィンのトランスミッションは、島津がギアゴースト在籍時に設計したが、その時には島津も欠陥に気付いていなかった。気付いたのは佃製作所に来てから。, 佃製作所のトラクターも止まってしまい解決策を見出し、真似されないよう特許出願しておいた。, 欠陥があるまま使い続けると、ギアが変速できなくなる可能性がある。部品に負担がかかりすぎて変形や破損するだろう。リコールが必要になるだろう。, しかし佃は「道具は使う人に喜んでもらうため作るもの。下町の技術や町工場の意地は使う人には関係ない。本当に大切なことは道具を使う人に寄り添うこと」, その後、何度も伊丹から連絡がくる佃は断る。佃は最初、伊丹が信義を貫き男気があると思っていただけに、落胆した。, そんななか佃は、帝国重工が新たに製品化した無人ロボット「ランドクロウ・コンバイン」を見学するため殿村家を訪ねた帰り道、田んぼの真ん中で動かなくなってるダーウィンに遭遇 農家の男性が嫁と途方にくれていた。, ギアゴーストを見捨てることは、ダーウィンの故障で困ってる農家を見捨てるのと同じことだ。佃製作所の目的は日本の農業を救うことだ。ならば救ってあげよう。, 財前は藤間社長に、ダーウィンプロジェクトに技術供与することを報告。そうすることでユーザーからの帝国重工に対する評価も高まる。, ダーウインプロジェクトが破綻したら農家は、高額なローンだけが残り、リコールもされず代替え機もない状態に陥る。帝国重工の責任ではないが、この判断は日本の農業を救うという無人農業ロボット事業の理念に基づいている。相手がライバル企業のユーザーでも見捨てることは理念に反するし、帝国重工は社会の模範でなくてはいけない。, 大田区大森のビルにダーウインプロジェクト参加企業が集まり緊急会議が開かれ、ギアゴースト伊丹がダーウィンのトラブル件数と内容を説明する。, ヤマタニからはリコール検討を要求され、ギアゴーストでは解決策がなく、類似した技術のライセンス契約を交渉したが同意を得られなかった。, いつまた動かなくなるトラブルが起きるかわからない。問題解決できない場合は、解決策が見つかるまで受注と製造停止、ユーザーへの補償を検討せざる得ない。, 会場はざわつき、萩山衆議院議員は自分の立場はどうなるかと自己保身ばかり。法人会長の新見が萩山を黙らせ、ライセンス契約を交渉した相手の名前を尋ねると、伊丹が答えようとしたとき、なんと佃が現れ伊丹は唖然とする。, 佃は、当初ライバルを助けるつもりはなかったが、栃木県内のある場所でダーウインが動かなくなって困っている農家を見たとき、無人農業ロボットの理念は「日本の農業を救うこと」だと思い出し、帝国重工と野木教授の賛同を得てライセンス契約をすると申し出た。, 殿村の住む栃木に台風が接近。ランドクロウで作業を終えたあと、ダーウィンが動かなくなった稲本が助けを求めにきて、殿村はランドクロウで助けてあげた。, ランドクロウの売り上げは、当初は苦戦したが今は快進撃。マシンを売るだけでなくICT農業の在り方やライフスタイルを売る戦略が大当たりし、農業は帝国重工の収益のひとつの柱になる。, 帝国重工の製造部は新規参入したいが、トランスミッションの評価がCと低く、佃製作所の島津が開発する高性能トランスミッションに歯が立たず製造部長の奥沢は悔しがる。, ギアゴーストはダーウィンのリコールで費用を負担し、危機に陥ったが、佃製作所にライセンス契約で助けられ、なんとか乗り切った。, 佃が「信じてくれた人たちを裏切るな 日本の農業のために一緒に頑張ろう」と言うと、伊丹は涙を流した。, ★以上、下町ロケット続編の後半ヤタガラスの原作小説を読んで、最終回結末まであらすじネタバレでした。. 祝勝会の場では今回の件を通して顧問弁護士となった神谷から、バルブシステムのロケット以外への使い道を尋ねられますが佃はそれが喫緊の課題だがまだアイデアは無いと答えます。 夢のような話ですが、だからこそ面白い小説なのだと思います。 ● 社長:伊丹大(尾上菊之助) 数日後、会社を辞職した真野からメールが届きます。 しかし佃製作所の評価担当の一人である浅野という若手技術者が財前に直接交渉して再検査してくれます。 報道・情報・ドキュメンタリー, 農業機械や技術を解説します!. 原作『下町ロケットヤタガラス』のネタバレあらすじ。 第1章 新たな提案と検討. そして下町の社長たちと組んで「ダーウィン・プロジェクト」を立ち上げ、宿命の仇敵・帝国重工に宣戦布告したという内容の記事だった。, 的場は極悪人として写真付きの実名で書かれ、善玉ダーウィンと悪玉帝国重工という構図だ。マーティングでは圧倒的に「ダーウィン・プロジェクト」のほうが上だった。, 野木のいる北海道農業大学の実験農場では、軽部・立花・アキら佃製作所のトランスミッション開発チームが、独自開発した無人農業ロボットの実験を行っている。, 日本の農家は小型~中型トラクターを使い、大型は海外や北海道の一部の大農家に限られる。大型化は日本の農家を救おうという本来の目的から外れるが、そうする理由は2つ。, ・帝国重工の製造部の意向 大型が得意だから ドラマ「下町ロケット続編」の原作小説は、は前半の「ゴースト編」と後半の「ヤタガラス編」の2冊ありるので、最終回の結末までのネタバレあらすじがどうなるか気になる人は多いです。, 「ゴースト編」ではギアゴースト、「ヤタガラス編」では準天頂衛星ヤタガラスを利用して開発された無人トラクター、帝国重工アルファ1と下町の中小企業によるダーウィンの対決と、的場への復讐が描かれます。, 「ゴースト編」結末で描かれた裏切りと復讐の始まり。「ヤタガラス編」で的場への復讐の結末はどうなるのか?裏切り者が勝つのか?農業の未来はどうなるのか?, ギアゴーストの農機具用トランスミッションを開発したい tbsテレビ 日曜劇場『下町ロケット』のあらすじページです。毎週日曜よる9時放送!原作:池井戸潤、出演:阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、イモトアヤコ 情熱と感動のエンターテインメント tbsテレビ 日曜劇場『下町ロケット』のあらすじページです。毎週日曜よる9時放送!原作:池井戸潤、出演:阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、イモトアヤコ 情熱と感動のエンターテインメント 浅野は佃製作所を直接見て財前同様に高い技術力に惹かれていたのでした。 恋愛、グルメ、健康と美容、 ● 技術開発部:加納 アキ(朝倉あき) 佃製作所に「ギアゴーストがダイダロスと業務提携を結んだ」こと、そして自分はギアゴーストを辞めてきたこと」を報告しに来た島津裕。 神谷からは資金繰りを何とかしろとアドバイスされ、銀行は頼れないためにベンチャーキャピタルを探します。 ナカシマ工業との訴訟に関してはとりあえず顧問弁護士の田辺に相談しますが、ベテラン弁護士である田辺でもこういった知財係争の経験が無く技術にも詳しくないために第1回目の弁論でナカシマ工業の技術系弁護士に一方的にやられた佃は弁護士を変えることにします。 さらに大学の同期であった三上から会社を売って大学に戻らないかと提案され、ベンチャーキャピタル経由でとある大企業による買収話を紹介されます。 「下町ロケット」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→宇宙開発機構の研究員をしていた佃航平はロケット用エンジンセイレーン開発失敗の責任を取って研究員を辞め、父親の死をきっかけに家業を継いで佃製作所社長となりました。 ↓ ● 島津裕(イモトアヤコ) 『社長候補のエリートが潰し、路頭に迷わせた数千人の社員』, 10年前に的場が重田工業を一方的に下請けから外し、倒産に追い込んだ。 佃航平(つくだこうへい) 主人公。宇宙科学開発機構の元研究員で佃製作所の社長。 財前道生(ざいぜんみちお) 帝国重工宇宙航空部開発グループ部長。佃製作所の持つ特許がネックとなり自社開発のエンジンが製作できない可能性が出てきたためその対応にあたる。 富山敬治(とみやまけいじ) 帝国重工宇宙航空部宇宙開発グループ主任。財前のポジションを奪おうと考え、佃製作所の邪魔をする。 殿村直弘(とのむらなおひろ) 佃製作所の経理部長。白水銀行からの … ニュースを見て心配した元妻から知財関係では国内屈指の神谷弁護士を紹介してもらい、今回の件について相談に行くと神谷は非常に技術にも詳しく頼りになりそうな印象を受けます。 ▽10 本当の評価 ↓ 財前は佃の申し入れを聞いて困惑し、富山は開発責任者として特許取得で後れを取ったことを謝罪します。 ↓ 悪事を手を染め弁護士資格をはく奪された元弁護士, トランスミッション専門のベンチャー企業 これにより社会的な企業イメージが失墜し、ナカシマ工業の経営陣は和解案を受け入れた上で佃製作所への訴訟も取り下げることを決めます。  反藤間派としてスターダスト計画に反対する ・ライバルのダーウィンが小型~中型だから、競合を避けるため, しかし本音は、対抗する小型エンジンとトランスミッションを社内開発するには時間と費用が掛かりすぎるからだった。, 帝国重工アルファ1の実験は、農機具メーカーが多く集まる岡山市の郊外にある帝国重工の広大な実験農場で順調に進んでいて、岡山県知事もほめちぎる。, 毎秋に岡山で開催する来場者10万人以上の一大農業イベント「アグリジャパン」が今年もあるので、テレビもマスコミも来るからデモンストレーションをして宣伝することに。, 財前はアルファ1からすっかり外され、的場と奥沢が進めている。大型化したアルファ1は財前が描いたものとも、野木が期待するものともかけ離れたものになっていた。帝国重工は大企業相手のビジネスが得意だが、一般ユーザー相手の視点はなく「作れば売れる」とう発想なのだ。, 一方、「ダーウィン」もアグリジャパンに参加する。 下町ロケットヤタガラスでは、佃製作所 vs ギアゴースト×ダイダロスの、農機具のトランスミッションをめぐる戦いが始まります。 前作に引き続き、下町ロケット ヤタガラスのあらすじと感想を書いていきたいと思います。 下町ロケット ヤタガラス. ↓ 大企業の横暴なやり口に腹を立てる佃ですが、経理部長の殿村は銀行からの出向者であり銀行のやり口もよく知っているため、佃に定期預金を崩しながら運転資金を賄おうと提案します。 佃航平(つくだこうへい) 主人公。宇宙科学開発機構の元研究員で佃製作所の社長。 ▽5 殿村家の田んぼが全滅 富山は上手くいけば財前の部長職を奪えると考え、テスト不合格と特許使用契約に向けて動き出します。 殿村直弘(とのむらなおひろ) 佃製作所の経理部長。白水銀行からの出向者だが佃製作所の為に必死で働く。 帝国重工の的場俊一から下請けイジメに会い倒産した「重田工業」の元社長。 ↓ 結果、帝国重工製のフィルタに製造不良が見つかり、佃製バルブにはなんの問題も無いと判明します。 ● 次期社長候補:的場俊一(神田正輝) 様々な角度からピックアップしてお届けします。, 【下町ロケットヤタガラスのネタバレ】あらすじの最終回は「復讐の結末と佃の優しさ、農業の未来」, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 財前と富山は佃製作所を訪ねて二十億という金額を提示します。 池井戸潤『下町ロケット ヤタガラス』のあらすじと感想。下町の心意気に胸が震える物語だった . しかし、研究所の部下からバルブの簡単な動作性能テストで異常値が出ているとの報告が入ります。, 不良の原因は、帝国重工へのバルブ供給に最後まで反対していた技術開発部の真野によるものでした。 ドラマ好きが贈るドラマファンのためのサイト。ドラマ、映画に関する情報や出演する俳優・女優さんの裏話もご紹介, 2018年10月にTBSでシリーズ2作目が放送された今作。また佃航平率いる佃製作所のメンバーがライバル企業に立ち向かい、新たな挑戦を描く夢とロマンが詰まった壮大なストーリー。そして今回のテーマは「農業」。著書の池井戸潤氏は徹底した取材を元に書き上げたそうで高齢化・離農が進む今の日本の農業をリアリに再現した社会派ドラマになっています。, ここでは、この作品がどんな物語なのか、分かりやすく楽しくご紹介していきますが、始めに前作のおさらいをサラッとしていきましょう!, ・佃製作所はギアゴーストへのバルブシステム供給をコンペ対決で勝ち取ったが、ギアゴーストはトランスミッションメーカーの大手・ケーマシナリーに特許侵害で訴えらてしまった。, ・しかしケーマシナリーとギアゴーストの顧問弁護士は旧知の仲でギアゴーストの開発情報を漏洩させていたことが分かり、双方の弁護士は不正競争防止法違反の疑いで逮捕される顛末に。, ・帝国重工で大型ロケット打ち上げを仕切っていた財前道夫が現場を去り、新部署に異動。帝国重工の現社長・藤間秀樹が経営悪化の責任を取り辞任することが既定路線となり、次期社長には会長の後ろ盾がある的場俊一が有力候補に。, ・帝国重工のロケット事業撤退により、バルブシステムを供給する佃製作所は危機感を募らせていた。, ・佃製作所は特許侵害で訴えられたギアゴーストを全面的にサポートし、今後は15億円出資するなど業務提携する予定だったが社長の伊丹大が突然ダイダロスと手を組むと言い出し反故に。そういった経緯から伊丹とは経営方針の対立で副社長兼エンジニアの島津浩がギアゴーストを去っていった。, ・帝国重工の社長が的場になればロケット事業は縮小又は撤退し、佃製作所社員の「精神的支柱」だった「ロケット品質」を掲げることが出来なくなる。帝国重工との取引は終わってしまうのか?, ・業務提携をする予定だったギアゴーストが佃製作所にとってライバル企業に。また、ダイダロスの重田とギアゴーストの伊丹の共通点である的場への復讐心がどのように影響するのか。, ・佃製作所を退職したトノさん、そしてギアゴーストを去った天才エンジニア・島津裕の二人。今後はどのように活躍するのか?, ・最後に財前はロケット事業を離れ、宇宙航空企画推進グループに籍を置き、第1弾としてぶち上げたのは「農業」。「スターダスト計画」で打ち上げた7基によって位置測定システムは格段に向上したらしいが、どのようにして農業に活かすのか?, 島津裕は「ギアゴースト」が小型エンジンメーカー「ダイダロス」と資本提携を組んだことを佃製作所に伝えに来た。また社長の伊丹大とは経営方針で対立し、自身は退職したという。, 佃航平はなんとか彼女を迎え入れようとしたが、やはり首を縦に振る事はなく、少し時間がほしいとのこと。, 佃製作所はギアゴーストに新バルブを納入する予定だったが、農機具メーカー「ヤマタニ」の経営計画変更に伴いトランスミッションそのものが棚上げになってしまったという。, また、ギアゴーストは違う形で農機具に参入すると言うので佃航平はバルブの納入を願い出たが、既に大森バルブに決まったという。, 酷いってもんじゃないよ。話が頓挫したのに伊丹は佃製作所に連絡しなかった訳だからね。しかも佃製作所と組んでも未来はないと言いやがってホント腹が立つわ!, そんな財前が佃航平に持ちかけた相談が「無人農業ロボット」の開発。財前曰く、今の日本の農業は高齢化・離農という大きな問題を抱えており、そんな危機的状況を救いたいという思いで立ち上げた計画らしい。, 財前が考える無人農業ロボットは打ち上げた位置測定システムを使えば誤差数センチまでの自動運転を可能にするという。, しかし帝国重工は農機具の開発経験が無く、これから開発となるとコストと時間がかかりすぎるので、佃製作所にエンジンとトランスミッションを供給してほしいとのこと。, しかし、無人トラクターを動かす技術は無いので北海道農業大学で「ビーグル・ロボティクス」の研究を進めている野木博文教授に協力を要請しているが難航しているという。, 実は野木と佃航平は大学時代の友人。ぜひ佃社長からも説得してほしいと財前はいうが・・・。, 以前、野木は農業機械の自動操舵技術をウリにする「キーシン」と共同研究をしたときに「技術を盗まれ」裁判沙汰にまで発展した辛い過去がある。, しかし、佃の訴えに根負けした野木は承諾。「日本の農業を何とかしたい!」という想いは皆同じなのである。, 「ビーグル・ロボティクス研究」は北海道大学で実際に研究が進められています。北海道出身の大泉洋さんがTV番組で紹介したことがあり、安倍首相は平成29年に開催されたフォーラムでロボットトラクターを紹介されたそうですよ。, 財前が立案した「無人農業ロボット事業」は次期社長と目される的場俊一が陣頭指揮を取ることになり、財前が自由に勾配を振るえなくなってしまった。それだけでなく、佃製作所に発注したエンジンとトランスミッションは内製化することで白紙になったという。, しかし、野木博文教授は佃が参加しないのであれば自身も降りるといい、財前は改めて佃に説得を依頼しに来たのである。, あ~あ、そんな悪役キャラの的場俊一をドラマで神田正輝さんが演じてるんだもんなぁ~。, そう言えば、佃製作所は野木さんと無人農業ロボットの開発をするらしく、帝国重工に断られたけど、トラクターのエンジンとトランスミッションの開発はするみたいだね。, え?ホントに?!それなら絶対、帝国重工に負けない素晴らしい農業ロボットを作って欲しいわね。, 帝国重工は農機具の開発経験が無いから全てのパーツを内製化することは難しんじゃないかな?, 殿村直弘の高校時代の同級生・稲本彰から農業法人の誘いを受けたが、その事業計画は現実離れしており、参加するメリットは全く無かった。むしろ殿村家のオリジナルブランド米を一緒くたにされるデメリットのほうが大きい。, また最近は農協担当者から直販ではなく農協を通せと言われているので殿村家の父と農協担当者とで対立していた。, この担当者ってのがクセモノでね。大地主の三男坊かしらないけど、出来の悪いドラ息子らしいよ, 無人農業ロボットの陣頭指揮が的場に替わり、全パーツの内製化を図っているが、小型エンジンの開発経験の無い帝国重工では厳しいのではないかと野木教授は言う。, 大型のエンジンをそのまま小型化すればいいというわけじゃなく、トラクターに適した設計と繊細さが求められる。, 更に、帝国重工は自動走行制御システムの開発ソースを寄越せと言ってきたらしい。開発ソースを盗まれた過去がある野木にとって帝国重工との開発に早くも暗雲が立ち込めていた。, そんな状況の中、テレビのニュースで取り上げられていた内容に佃は驚きを隠せなかった。, 農場を無人のトラクターが走行する映像が映し出され、インタビューを受けているのはダイダロスの社長・重田登志行だった。, 無人農業ロボットを「ダーウィン」と命名し、下町の中小企業がタッグを組んで「ダーウィン・プロジェクト」を進めているという。, ダーウィン・プロジェクトの代表は株式会社ダイダロスの重田。中心メンバーに入るのはギアゴーストの伊丹、キーシンの戸川、そして宣伝広報担当として番組制作会社の北堀企画が関わっているという。, キーシンって野木さんから開発ソース盗んだ会社でしょ?。プロジェクトメンバーってろくでもない人ばっかりじゃん。, 技術力はともかく、メディアを使った広報戦略は敵ながらあっぱれ。一切費用はかからずに効果は絶大だからね。, 帝国にとって、一歩先を越された感じね。佃製作所は野木さんと共同研究を進めてるけど、なんだか蚊帳の外になっちゃったわね。, トランスミッションを担当するギアゴーストには大森バルブが部品を供給するって言ってたので佃製作所にとっても嫌な相手だね。, また、帝国重工に追い打ちをかけるかのように、週刊誌にはこんな記事が掲載されていた。, 下町トラクター「ダーウィン」の真実 帝国重工に潰された男たちの挑戦。社長候補エリートが潰し、路頭に迷わせた数千人の社員。, 10年前、ダイダロスの重田は父親から継いだ重田工業を経営していたが、帝国重工に打ち切りを通告され倒産。数千人の社員を抱える中小企業の倒産に当時は衝撃が走ったが、その時に指示を出したのが的場俊一だった。, どん底から這い上がった重田はダイダロスを買収して社長に就任。徹底したコスト削減と低価格化を実現した小型エンジン事業は成功。そして今回、中小企業がタッグを組んで、帝国に逆襲しようとしているのである。, ちなみに過去のスキャンダルが世間に露呈したことで的場の社長就任は延期になってしまったらしいよ。, 国内外から数多くの農機具メーカーが出展する「アグリジャパン」に帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」と「ダーウィン」が無人走行を披露することになった。, 大観衆の前で行われるデモンストレーションが成功すれば、今後の展開に大きく影響される。マスコミを使った広報戦略で一歩リードしたダーウィンだが、不具合が起きており製品自体はまだ完璧ではなかった。, 一方、帝国重工はダーウィンと競合したくないという理由でトラクターは大型化。広大な土地を持つ農家にターゲットを絞った開発にシフトチェンジしていたが・・・。, ダーウィンと競合したくないというのは表向きで、小型エンジンを作る技術が無いんだろうね。, 大観衆の前で行われたデモンストレーション。ダーウィンは無事に終えることが出来たが、帝国重工の「アルファ1」は障害物であるカカシを踏みつけ、農道を脱輪し、用水路へ転落してしまったのである。, 「アグリジャパン」の大失態を受け、帝国重工の藤間秀樹社長は、無人農業ロボット事業が当初の計画から外れていることを的場に指摘。, 社内で小型エンジンを作ることが出来なければダーウィンと渡り合える企業に頼めば良い。という社長の一言で、財前は改めて佃製作所にエンジンとトランスミッションの発注を依頼したのである。, ただ、佃製作所はトランスミッションの開発経験が無く数年の時間が必要だった。また、ギアゴーストが手掛けるトランスミッションは島津裕が開発した置き土産。それを超える物を作るとなれば、彼女しかいない。, そこで佃航平は島津裕を迎え入れるために彼女の自宅を訪れたが、もう少し時間がほしいとのこと。実は、彼女は大学の面接を受けている最中だった。, しかし大学の講義室で教鞭を執るよりも、現場で製品と向き合いたい・自分の技術力を活かしたいと思った彼女は佃製作所の社員の一員として活躍することを決意したのです。, 低気圧の影響で西日本から順に大雨が降り続いており、それはやがて殿村家のある栃木まで北上。河川の氾濫が多いこの地域は殿村の父も子供の頃に大きな水害を経験しており、危機感を募らせていた。, しかし不安は的中し鬼怒川は氾濫。建物の被害は少なかったが、殿村家の田んぼは流木などが流れつき、稲穂は完全に水没してしまった。, 佃航平は物資や見舞金を渡し、殿村に佃製作所への復帰を提案したが、一度退職し農家を継ぐことを決意したのでそう簡単には戻ることは出来ないと断った。, 殿村は農林協の担当である吉井(ドラ息子)に500万円の融資を相談したが、吉井に農業法人の加入を促され、諦めて帰った殿村。, 佃航平は財前と野木教授を連れて殿村家を訪問。無人農業ロボットのテスト走行場として田んぼを貸して欲しいと願い出た。, 殿村の父は反対するかと思いきや、意外にも日本の農業の未来を考える佃航平達の情熱に賛同し快諾。殿村家の圃場が「アルファ1」のテスト走行場になったのである。, 首相肝いりの「ICT(情報技術)農業推進プログラム」の一環としてダーウィンとアルファ1が、2回目となるデモンストレーションが行われた。, 今回は首相も視察することで話題となり、各社マスコミも注目するイベントになった。マーケティング戦略を積極的に行ったダーウィンは世間の関心も高く、首相も気に入っていた。, 2台が首相の前でテスト走行する予定だったが、首相はスケジュールの都合でダーウィンのみということになり、アルファ1がテスト走行する頃にはほとんど観衆は居なかった。, アルファ1は首相の前で恥をかくような事は免れたがチャンスさえも貰えなかったのである。一方、ダーウィンはテスト走行を無事に終えたが、見ていた島津が伊丹に「あのトラクター本当に売るの?」と問いかけた。伊丹にはまた言葉の意味が分からなかった。, 佃製作所のトランスミッションは島津が来てから格段に性能が向上。更に性能を高めるために開発が進められていた。一方、ダーウィンはメディア戦略は成功したものの、原因の分からない「不具合」に頭を悩ませていた。, ドラマっ子ちゃん、変なキャラになってるよ!ダーウィンは一足早くモニターを募集して農家の人が使ってるけどクレームが多いらしい。島津さんの代わりに入ってきた技術者は性格的に問題アリだしね。, アルファ1とダーウィンは販売を開始させ、それぞれ同じ時期に納車されう予定だったが、ダーウィンの納車が3ヶ月短縮されることがわかり、またも帝国重工は出し抜かれる形になった。, 目的のためなら手段を選ばない帝国重工の的場。10年前に1000人規模の社員を抱えた下請け企業(重田工業)をスパンと切り捨てた非道な過去がある。, そして今回、ダーウィン・プロジェクトに関わる中小企業の中に帝国重工と取引がある会社に警告を発したのだ。, 的場らしい汚いやり方だが、これは直ぐに効果が現れ、プロジェクトから次々と抜けていく企業が現れ、「ダーウィン・プロジェクト」は一時ストップを余儀なくされた。, 「ダーウィン」VS「ランドクロウ」って、なんかしっくりこなかったけど、その原因ってコチラ側に的場さんがいることなんだよな~。, ダイダロスの重田は最近出所してきたばかりの中川京一を顧問弁護士に迎え入れ対抗策を講じた。「帝国重工の下請け会社20社が公取委に下請法違反の申立て」を行ったのだ。, この事はニュースでも取り上げられ、またたく間にネットでも話題となり、世間の帝国重工に対する信頼はガタ落ち。帝国重工の会長は、あれだけプッシュしていた的場を切り捨てたのである。, まあ、当然だよね。これで財前さんと佃製作所、そして野木教授のチームを純粋に応援できる。, いよいよ決着の時が来ました。結末は「勝利」ではなく「日本の農業を救う」熱き男たちの活躍です!感動しますよ♪, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. テスト2日目には田村から財務資料について指摘が入ると、若手メンバーが猛反論し完全に論破します。 ▽9 復讐の結末ネタバレ ・自動走行制御システムがフリーズしてエンジンはかかるが手動に切り替えても動かないなど、突然動かなくなる深刻なトラブルが続出。 ● 社長:藤間 秀樹(杉良太郎), 低価格が魅力 財前は大学の友人でナカシマ工業に勤める三田に確認すると近々佃製作所は行き詰るはずだと言われ、少し待ってみることにします。 ● 知財に詳しい弁護士:神谷 修一(恵 俊彰) しかし、中小企業というのはやはり立場が弱く、佃の娘の同級生は親の会社が倒産した事で転校を余儀なくされるなど、1歩間違えば佃製作所も倒産していてもおかしくない状況でした。 佃はテスト第一段階を乗り切った打ち上げ会の最中に三上に連絡して夢は研究室に戻らなくてもかなえられると大学へ戻る話は断ります。 この情報を入手した財前は慌てて佃製作所の特許使用契約の締結に向けた書類を書き上げ、上司の水原に説明します。 ● 社長:佃 航平(阿部 寛) しかし佃も殿村も愛想を尽かしており、銀行からの融資は全額返済した上で今後の取引も断ると答えます。 それでも的場はエンジンとトランスミッションの外注化は、藤間社長のミスであり老害だと批判する。失敗したら藤間社長のせいだと言い訳できる。, 浜畑総理は30分遅れて到着し、時間がないからダーウインのデモだけ見ることに。的場が直接交渉に行き挨拶すると、週刊ポルトの記事を読んでいた浜畑総理が「あまり中小企業をイジメないでください」と言って周囲が笑い、的場は恥をかいただけだった。, ダーウインのデモはトラブルなく終了し、拍手喝采を浴び、総理も満足な様子で帰っていった。, その後、観客もいないなか寂しくアルファ1のデモを行い、トラブルなく終了。「ちゃんと成功した。ダーウィンなんかよりも、ずっといい」と島津。, ご満悦の伊丹が島津に声かけて自慢するが、不具合を見抜いていた島津が「あれで本当にいいと思ってるわけ?」と意味深発言するも、伊丹は何のことだかわからない。, 翌朝のテレビ放送は総理が見ていたダーウィンのデモだけ。ダーウィンは宣伝費がない代わりにマスコミをうまく利用してアピールしている。, こうなたったらアルファ1は帝国重工が潤沢な宣伝費を投入してアピールしていくしかない。, 的場は東大卒の大蔵省のエリート官僚で、順調に出世していき支配階級を自負して民間を見下していた。, 父親は的場をほめることはなく、テストで90点だとなぜ満点じゃないと言うだけだった。的場が慶應大学に進学すると、私立であることをみっともないと蔑み、的場は父を見返すことが生きがいとなった。, 帝国重工で偉くなり、官僚がどれだけつまらな人間か外から教えてやる!父への憎悪が原動力となったが、機械事業部部長になった年に父はあっけなく脳溢血で死んだ。的場は喪失感で号泣した。最後まで父は息子を褒めなかった・・・なんとも思ってなかったのだ。, するとダーウィンの納車は3か月早められアルファ1と同じ7月になり、納車は来年4月から。, 納車で先をこされる。これはまずい。事前情報では7月納車だったのが、アルファ1の納車時期が決まったあと、4月に前倒しになった。きっと二段構えのの陽動作戦だったのだ。, ヤラれた!アルファ1の受注はかんばしくない。ダーウィンの納車時期が早まったため顧客が流れていったようだ。それに、ダーウィンは農林協とヤマタニの販売網が代理店となっているが、アルファ1は帝国重工が設立した帝国アグリの販売網がまだ十分機能していないのも要因。, 製造部の下請けの中からでダーウィン参加企業を洗い出し、徹底的に取引条件を見直し、仕入れ値を下げ、応じない会社は切れと奥沢に命令を出した。, ダーウィンは受注1000台突破し、発売記念パーティーを行うが、ギアゴースト堀田と柏田は冷めている。キーシンの自動走行制御プログラムはバグを修正したはずなのに、この日もモニター農家から動かなくなったと不具合のクレームがあったから。, アルファ1のほうが性能は上だが注文はほとんど入ってない。ダーウィンはマスコミが報道し、政府のお墨付きで農林協も推薦するので大ヒット御礼。, 殿村家にはアルファ1が7月に無料レンタルで納車される予定。譲渡でなくレンタルならメンテンナンスもメーカー持ちになるという財前と佃の気遣いだ。, 殿村家は水害で多くの農家が甚大な被害を被ったなか、帝国重工の実験農場として田んぼを貸したことで経済的損失を補うことが出来た。, 7月、ダーウィンに遅れること3か月アルファ1の納車が始まった。開発コード「アルファ1」が改められ製品名はヤタガラスにちなんで「ランドクロウ」と名付けられた。, まず無人トラクター、夏の終わりに無人コンバインをリリース予定。しかし販売不振だと、そのまま下請けの佃製作所を直撃する事態だ。(コンバインとは、育った稲を刈り取り、収穫するための機械), そしてランドクロウは殿村家の農業を根本から変えた。データによるロボットの作業で、カンに頼っていた米作りにいかに無駄があったかわかった。, 一方、稲本の農業法人はこの地域で一番大きな農業集団にまで拡大し、ランドクロウを小馬鹿にする。, そんななかダーウインが止まってしまう不具合が続き、さらにダーウインプロジェクト参加企業が最近、数社が離脱しているという噂が佃製作所に届く。, 参加企業130社は京浜地域の町工場の技術を宣伝するという旗印のもと、安く製造・加工を引き受けているが、これは帝国重工との価格競争力を維持するためでもある。, しかしいま成功しているのに、参加企業が「儲からない」という理由で離脱が続出している。, その後、これは的場の仕業だとわかった。ダーウインプロジェクトに協力するなら今後の取引条件を見直すと通達していたのだ。離脱した企業はみな帝国重工とけっこうな取引量があった。, 在庫はひと月半しかなく、このままでは生産ラインが止まる。ダーウインプロジェクトは有志の集団で、契約書はあっても契約破棄に関する罰則規定はないのだ。, そこで重田は反撃に出るためダイダロスの法律顧問・中川京一を頼る。中川は悪事を手を染め弁護士資格をはく奪され、有罪になって実刑をくらい3か月前に出所していた。, ついにダーウインは在庫が持たず出荷停止。的場の本領発揮に、佃製作所は自分たちまで悪者になった気分だ。, 生産停止に追い込んだが、せいぜい1か月程度の時間稼ぎ。その間、帝国重工は販売促進の大号令が出た。, 的場は週刊ポルトの報道によって次期社長候補から外され、無人農業ロボット事業も苦戦を強いられ、後ろ盾の沖田会長からはプレッシャーをかけられ、逃げ場がなくなっていた。, 的場はいま下請けを見下す殿様意識。帝国重工は下請けとの協力関係を尊重するのが伝統だが、機械事業部時代に、重田工業を切って倒産に追い込み責任を伊丹に負わせ、ほかの下請けへの締め付けを厳しくしてからは「叩けばどうとでもなる」と考えが変わった。, ・ダーウインは大人気だが、帝国重工が圧力をかけて製造停止に追い込まれたこと  スターダスト計画の担当 佃の紹介で大学の研究所に転職できた事への礼と共に人工心臓にバルブが使えるのではないかというアイデアが書かれていました。, 下町ロケットシリーズの1作目で、下町の中小企業である佃製作所が大企業の横暴に立ち向かっていく物語です。 藤間はかつて佃が研究員として開発したロケットエンジンを使った打ち上げ計画の責任者であり、佃はこの時の失敗を教訓にバルブシステムこそがロケットのキーデバイスと考えて開発に打ち込んできたのでした。 富山はテストにあたり、企業審査の田村、生産管理の溝口を抱き込んでおきます。 ¥ã®å–引先である下請け企業に圧力をかけるというものだった。それにより、徐々にダーウィンチームから離脱企業が増え、ついにはダーウィンの在庫が底をつく。思わぬ形でライバルの勢いを止めた佃(阿部寛)ら佃製作所のメンバーだったが、自分たちの技術力による正当な評価ではないため、心境は複雑なものだった。逆に、窮地に立たされた重田(古舘伊知郎)と伊丹(尾上菊之助)は思わぬ一手を放ち・・・。. しかし佃製品を採用したエンジン燃焼試験はバルブの動作不良で失敗し、帝国重工側は佃製作所に責任を押し付けます。 「下町ロケット ヤタガラス」原作のあらすじネタバレ 前回まで. ▽ヤタガラス編最終回の結末ネタバレ。, 佃製作所はダイダロスというライバル企業の出現によって、農機具エンジンのトランスミッション分野への進出を決意。, 大森バルブとのコンペに勝ち、知財で訴えられ、巨額の賠償金を払わされそうになったギアゴーストを裁判でも助けたが、伊丹社長はなぜか、佃製作所のライバル企業ダイダロスと資本提携を決め、さらに島津副社長を追い出した。, 佃製作所はギアゴーストの危機に全力で力を貸したのに、伊丹社長に裏切られた。恩を仇で返された。, ギアゴーストは島津副社長が設計したトランスミッションを、製造拠点は持たず全て外注する伊丹社長のビジネスモデルで製造販売するベンチャー企業。5年前にようやく軌道に乗り、今これからという時に社長と副社長の関係が破綻した。, 佃製作所の殿村は倒れた実家の父親の代わりに農業をやるため退職。 ナカシマ工業の三田は敗訴も和解も認めずになんとか裁判を長引かせようと試みますが、タイミング悪く新聞にナカシマ工業の横暴を暴く記事が掲載されます。 グルメからエンタメまで毎日を楽しみたい 藤間の承認を得ると正式に帝国重工に採用されることが決まり、中小企業である佃製作所がロケット部品を製作するという夢が叶ったのでした。 多額の和解金を手にすることとなった佃製作所にはピンチの時には助けようともしなかった白水銀行が手のひらを返したように今後とも付き合ってほしいと申し入れてきます。

クリック すると 画面が 消える, 秋吉 きゅうり 値段, ギター コード 簡単 カポなし マリーゴールド, 藍 井 エイル メドレー, ツイキャス スクリーン配信 音声, エクセル 開くと 変わる, Ps4 アップデートディスク 販売店, 誕生日 食べたいもの 家, After Effects 再生速度, 車 ぶつけられた 修理 ディーラー, 電子タバコ リキッド 体に悪い, メール 自動転送 スマホ, Blender 日本語 ダウンロード 無料, 東京 私立 中学 女子, キラッ 満開スマイル 歌詞 パート分け, キングダム アニメ 2期, 和匠肉料理 松屋 メニュー, Excel シート名 一括変更 ツール, マドモアゼル 愛 ダウンロード, 化学療法 副作用 看護, メルカリ 利用制限中 コメント, 阪急京都線 人身 西院, Eマウント レンズ 望遠, リカちゃん フェルト 小物, バイク 低速 キーキー, 鶏もも肉 ヨーグルト カレー, めちゃコミ 解約 タイミング,