シンゴジラ 海外の反応 核

Twitter Facebook はてブ Pocket. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 最新デイリーランキング [順位] [販売数] [映画作品タイトル名]  *1 254286 アラジン  *2 *71430 メン・イン・ブラック インタ…  *3 *50733 ガールズ&パンツァー 最終章…  *4 *46466 ゴジラ キング・オブ・モンス…  *5 *37310 劇場版 うたの☆プリンスさま…, 関連記事: 日本で大ヒットを記録している庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』が北米でも公開されました。今回はそんな本作の気になる海外での評価や感想をまとめてご紹介します。 海外の冷めた反応に「むしろそこが魅力なのに、わかってないなぁ」と突っ込みを入れたくなる人はいるだろう。「そんな反応は想定内。海外でハマるのは日本好きの外国人だけ」と、ハナから諦めの境地に達していた人もいるだろう。しかし、それでは悔しいし、あまりにももったいない。シ 2016.10.19. シンゴジ 「発砲許可がーほにゃららガー」KOM「核ぶっ放したらゴジラ眠ったし核で起こしたろ!w」 引用元: 映画好き名無し 2019/06/15(土) 21:28:58.84 ID:j32PA6+2a シンゴジのつまらない会議よりKO 映画作品, 映画作品ジャンル, サ行, 特撮映画, モンスター映画 北米では10月11日〜18日限定で440以上の劇場で上映されている。そういうわけで先日、ロサンゼルスで『シン・ゴジラ』を観た。 実は僕、渡米前に日本で3回観ている。別に、ゴジラシリーズを欠かさず見てきたわけでも、特撮ファンというわけでもない。 北米では10月11日〜18日限定で440以上の劇場で上映されている。そういうわけで先日、ロサンゼルスで『シン・ゴジラ』を観た。, 実は僕、渡米前に日本で3回観ている。別に、ゴジラシリーズを欠かさず見てきたわけでも、特撮ファンというわけでもない。まして、ゴジラシリーズの失速や東宝が自社制作をやめた経緯なども知らなかった。暇だし、話題だし、石原さとみがアメリカ人役を演じるというから見てみるか、くらいの思い付きだったのが、1回観てハマってしまったのだ。1回目は普通に、2回目は巨大スクリーン&プレミアボックスシートで、3回目は超ド迫力のIMAXで。残念ながら、立川シネマシティの極上爆音上映(通称「極爆」)で観る機会はなかったのだが、渡米前日にIMAXで観ることができたので満足している。, 日本ですでにそれだけ堪能していたにもかかわらず、どうしてもアメリカでもう一度観たかったのにはワケがある。ひとつは、この映画の内容や演出に対するアメリカ人の反応を見てみたかったということ。詳しくは後述するが、この映画は日米の歴史や政治的関係を題材としており、少しデリケートなテーマも扱うからだ。もうひとつは、字幕の付け方。あの超高速のセリフ回しと文字情報の洪水を、英語字幕がどう捌くのか。アメリカ人は、そして在米歴10年の僕は付いていけるのか、興味があった。, ※以下はネタバレを含むので、これから観る予定があって内容を知りたくない人は読まないでください。ちなみにどうでもよいけど「ネタバレ注意」は英語では「Spoiler Alert」と言います。, まずは軽めの話から。皆さんは今回のシン・ゴジラの顔をどう思っただろうか。最初に現れた蛇行する巨大不明生物の顔は、目がまんまるで大きくて、ちょっとfunnyで気色悪い。「え、これがゴジラ?」と思った方も多いことだろう。子供っぽいあどけなさと凶暴性が同居しているような顔だ。, 一方、二足歩行になって帰ってきたゴジラの顔は、これまでのゴジラのどこか愛嬌のある顔とは違って、異様で不気味だ。初期形態とは打って変わって、顔の割に小さな眼球。さらに黒目の小ささが不気味さを増している。顎も左右に割れる。歯並びもおぞましく不規則。ゴジラ史上最も、愛嬌もなければストレートな凶暴さもない。おぞましい顔なのだが、暴力的な意思をあまり感じない。この怖さは、畏怖に近い。ある意味、神憑った顔だ。, 僕が好きなシーンはいくつもあるのだが、この顔の不気味さを最もよく表しているのは、武蔵小杉から多摩川河川敷にかけて「タバ作戦」フェイズ1で、対戦車ヘリ中隊が誘導弾を一斉に放ち、ゴジラの顔を滅多打ちにしても、びくともせず、黒煙の中からぬっと無傷の顔が現れるシーン。, 一方で人間の顔も多種多様で面白い。邦画なので、アメリカ人役を演じる石原さとみも含め、メインの登場人物は皆日本人だが、日本人でも本当にいろんな顔があるんだな、必ずしも整った顔だけが役者ではないんだな、という感想を持った。しかも、各人物の顔がアップで抜かれるシーンを多用している。アメリカ人は一般に、日本人の顔の違いに鈍感だと聞くが、さすがにこれだけバラエティに富んでいれば、「いろんな顔があるんだな」と思ったのでは。, 僕は、曲がりなりにもエンジニアだ。とはいってもシステムズエンジニアなので、これといったモノを作った経験はないのだが。そんな僕でもラストのクライマックスは興奮した。多国籍軍の熱核兵器より一足早く、血液凝固剤の経口投与を目指す、日米共同による総力戦「ヤシオリ作戦」だ。この東京駅での決戦は、それだけでも観に行く価値はある。日本の戦い方がもう景気良すぎるのだ。ゴジラがたまたま東京駅で活動休止していたのは映画特有の「神展開」だが、映画を盛り上げるには最高の舞台だった。, まず無人新幹線爆弾が火蓋を切る。爆弾を積んだN700系新幹線(無人運転)が、ゴジラの足元に突っ込む。続いて、東京駅八重洲口方面の高層ビル群をあらかじめ仕掛けておいた爆弾やミサイルで倒壊させ、ゴジラに次々に浴びせていく。そして倒れたゴジラにコンクリートポンプ車が折りたたみ式ブームを展開して経口投与を開始するも、ゴジラは再び暴れ始める。そこで次に無人在来線爆弾。爆弾を積んだ山手線・中央線・東海道本線・京浜東北線などのカラフルな車両が爆風で宙を舞い、ゴジラを絡め倒すのだ。東京駅の象徴的な駅舎の上に倒れ込んだゴジラに、すかさず2回目の経口投与を開始し、ゴジラ凍結に必要な量の血液凝固剤と抑制剤の投与に成功するのだ。, 日本人エンジニアとしては、これ以上の興奮はないクライマックスだろう。N700系新幹線は日本の鉄道技術の看板だ。八重洲のビル群にはグラントウキョウノースタワーや常盤橋街区再開発プロジェクトで2027年完成予定の超高層ビルなどが含まれている。まだ建ってもいないビルを破壊するなんて、何という気っ風の良さだ。そしてコンクリートポンプ車は、福島第一原発事故の燃料棒冷却の放水活動にも使用されたそう。さらに日本人の生活に根ざした在来線が追い討ちをかけるところは、エンジニアでなくとも興奮したはず。無人在来線爆弾という、思わず口に出したくなるワードセンスも素晴らしい。これには、怪獣映画で虐げられてきた鉄道車両のリベンジも込められているという。JRも三菱地所もよく了承したなぁ。この「ヤシオリ作戦」の指揮本部を北の丸公園の科学技術館の屋上に置くという設定も気が利くではないか。, エンジニアが人生をかけて作り上げるモノを次々に破壊して人類を救う華やかな展開。「そのために作ったわけじゃないのになぁ」という一抹の切なさと逆説的な愉快さ。この皮肉とそれを超える決意でゴジラを道連れにする日本人の戦いぶりに僕は身震いするのだ。ラストの赤坂内閣官房長官代理の「せっかく崩壊した首都と政府だ」「スクラップ&ビルドでこの国はのし上がってきた」というセリフの裏には、清々しい希望すら感じさせる。これはあくまで、首都や政府としての機能の意味で言われた言葉であろうが、僕はエンジニアとして、また新しいモノ、もっと良いモノを作っていくんだ、という決意を新たにするのである。完全に感情移入しているのである(笑)。, これが本記事の本題と言ってもいい(いや、個人的には「エンジニアの興奮」が一番書きたかったことなのだが)。映画には鑑賞者それぞれに解釈があるだろうが、ゴジラに込められたメタファーが「核」だという解釈は多くの方が一度は通っただろう。それは核兵器を用いた第三次世界大戦かもしれないし、原子力発電所の放射性廃棄物や先の震災で起きたような事故による放射能汚染かもしれない。, 多国籍軍による核兵器のカウントダウンを前に、科学技術と外交交渉を駆使してギリギリで凍結され、またいつ動き出すかわからないゴジラが、人類を常に脅かす「核」を取り巻くあらゆる危険の総体の隠喩だとする解釈は一理も二理もあるだろう。冷温停止したゴジラを東京駅という日本の心臓に抱え、これからも怯えながら監視しつづけなければならない状態は、まさに核兵器・原発・放射能と紙一重で付き合っていく日本人や人類全体を表している。, また僕の印象に残ったのは、初期形態の巨大不明生物は首を振り回して建物も車もすべて薙ぎ払っていくのに対し、進化して帰ってきたシン・ゴジラは、決して自ら破壊していくような行動はしない。前進する過程で足元で物理的な破壊は起きているだろうけれど、そこもほとんど描かれない。自衛隊の爆撃を受けても暴れたりせず、あくまで真っ直ぐ東京を目指しているように見える。, そして東京の中心に到達する頃に、米軍の攻撃が始まる。戦略爆撃機B-2が投下した地中貫通型爆弾がゴジラの頚椎部を直撃。自衛隊の攻撃をあれだけ受けてもびくともしなかったゴジラが、米軍の攻撃で初めて血を流し、よろけるのだ。そして激しい咆哮のあと、ゴジラの体に異変が起こる。背びれが紫色の光を放ち始め、大きく開かれた口から放射熱線が放たれるのだ。米軍の爆弾投下をきっかけに、ゴジラは東京を火の海に包む。, 僕はこの描写に隠れた意図を感じずにはいられない。ゴジラが自ら行う破壊行動は、放射熱線と放射火炎のみ。そしてその破壊衝動を覚醒させたのは米軍の爆撃。つまり米軍が間接的に東京を火の海たらしめ、東京を放射能汚染の街へと変貌させてしまったのだ。あとで「音楽のこと」のところでも書くが、ゴジラが熱線を吐き散らすさまは、恐怖というより悲しみに満ちた景色だった。, 映画を通して、日米の鑑賞の仕方で感じた大きな違いは「笑い」にあった。アメリカ人は最初から最後までことあるごとに笑った。前半の日本政府の形式的で面倒臭い手続きを皮肉ったやりとりこそ、日本人も苦笑混じりに笑っていたが、アメリカ人はもっと遠慮なしに大きく笑う。それは「わかるわかる」という意味かもしれないし「日本ってそうだよね」という意味かもしれない。, そして巨大不明生物が陸に上がり街を破壊しはじめたあたりから日本人の笑いは消えていくのだが、アメリカ人はその後もあらゆるフックで笑い続ける。大河内総理が武器使用許可の決断を迫られて困るシーンや、アメリカの外交の横暴さを愚痴るシーン、泉政調副会長が協力の見返りに幹事長のポストを求めるシーン、里見総理大臣臨時代理のラーメンが伸びたシーン、果ては里見がフランス大使に頭を下げ続けるシーンから、ラストでカヨコと矢口が「私が大統領のときにあなたが総理なのが理想的なvisionだから」「理想的な傀儡だろ?」と会話を交わすシーンまで、全部笑っていた。, フィクションをどういう姿勢で観るか、面白いときに素直に大きなリアクションをとるかなど、文化の違いも当然あるのだが、それ以上に、この映画で日本人が笑えなくなっていくのは、東日本大震災の被害やそれに伴う原発事故や第二次大戦の原爆までをも想起させるシーンが織り交ぜられていくからだと推察する。被爆者・被災者である日本はフィクションであっても「核」をシリアスに捉える歴史と教育の中で育ってきた。一方アメリカは、加害者・核兵器保有国でありながら「核」と国民たちとの間には距離があり、それゆえシリアスに捉える風土がない。だから面白いシーンでは素直に笑えるのだ。, これはどちらが善いとか正しいとかいう話ではない。歴史的・教育的・文化的背景の違いによって表出するリアクションが違うというだけの話だ。そういえば映画が始まるとき、東宝のオープニングロゴで、アメリカ人たちはパチパチと拍手をしていた。そして映画が終わってエンドロールが流れ出すと、皆余韻を楽しむことなどせずゾロゾロと帰り出す。彼らは目に見えるものに惜しみなく賛辞を送り、我々は目に見えないものに奥ゆかしく感じ入る。僕が日米に見た違いは、それだけのことなのかもしれない。, いずれにしても僕は、ゴジラに込められたメタファーを日米の両面から見た気分だ。上に書いた以上の意見は特にない。落胆したわけでも、感心したわけでもなく、ただ良い経験をした、と思っている。いろんな意味でちょうどこの映画が、笑える国アメリカと笑えない国日本を分かつ、微妙で繊細な分水嶺にあたる位置にあることがわかった。, 音楽が良かったことも、この映画を盛り上げた。例のゴジラのテーマはエンディングでオリジナルバージョンを使用したり、戦闘シーンや巨災対シーンではあえてリズミカルで古くどこか懐かしい音作りを多用していた。特にゴジラファンというわけではないアメリカ人にしてみれば「なぜ時代遅れな音楽を?」と感じたかもしれないが、僕はドンピシャだったし、昔からの特撮ファンには特に胸熱な演出だったように思う。, 一方、ゴジラが放射熱線や炎を吐いて、夜の東京を火の海にしてしまうシーンでは、ギリシャ悲劇を思わせる悲壮感あふれるコーラス曲が流れ、ゴジラはただの破壊と恐怖の怪獣ではなく、人類が生み出した悲しい産物であることを印象付ける。紫色の熱線や背びれも悲しい色に見える。そして、ひとつひとつの破壊を寄りで細かく描かず、あえてゴジラと東京の火の海を引きの画で見せていることも、悲しい印象を増幅させている。, そしてクライマックス・東京駅の決戦の『宇宙大戦争マーチ』。この軽快で壮大なマーチは一体何なんだ。。ゴジラとの最後の死闘をあろうことか運動会のリレーでもやるかのような音楽で盛り上げるとは(運動会というよりは戦地に赴く軍隊だろうか)。でもこの音楽で僕の心は見事に鷲掴みにされてしまった。あとから調べて知ったのだが、これは1959年公開の日本の特撮映画『宇宙大戦争』のテーマ曲なのだそうだ。シン・ゴジラは日本の特撮映画にオマージュを捧げた映画なんだな。僕は特撮ファンではないし、特撮の歴史も知らないけど、あれ、なぜか目から汗が…。, 字幕は、1秒あたりの字数制限や単語数制限があるので、場合によってはかなり要約・意訳しなければならないシーンもある。実際英語が聞けるようになってきてからは、洋画を見ていて「この邦訳はばっさり訳しすぎ」というシーンによく気付くようになったが、プロの翻訳家が字数制限の中で前後の文脈をつなげていくギリギリのラインを突いた結果なのだろう。, シン・ゴジラは、とにかく超高速のセリフ回しと文字情報の洪水。日本人が日本語で観ても付いていけないところが多々あったのではないか。それを英語字幕がどうやって捌くのか、興味があった。今回はもうすでに内容は知っていたため、できるだけ英語字幕を読むようにしていた。案の定速い。。僕は読むのが速い人間ではないが、すでに映画の内容を知っている僕でも、英語字幕を読みながら映像も見るというのはほぼ不可能に近かった。アメリカ人でもけっこう大変だったのではないかと思う。とはいっても、字幕を追えなければ楽しめない映画ではないが。, 「ああ、ここはもう訳すの諦めたか笑」というシーンや、キャストがものすごい量のセリフをしゃべっているのに少ない単語数で大幅に意訳しているシーンもあった。これは字幕あるあるなんだろうな。あと、英語と日本語で語順が異なるせいか、前半の会議のシーンで笑いが起きる瞬間に微妙なタイムラグが生じるような場面もあったかも。これもきっと字幕あるあるか。, また、上には肩書きや場所などの文字情報が日本語で出て、さらにそれに重ねて英語字幕が出る。下にはセリフの英語字幕。総理の会見やキャスターがニュースを読み上げるシーンは、日本語のテロップに重ねて英語字幕。カヨコ・アン・パタースンやアメリカ人たちが英語をしゃべるシーン、ドイツの研究所で研究者たちがドイツ語でしゃべるシーンなんかは、右に日本語の字幕まで出ていたように記憶している。とにかく目で追うだけでも大変な量の文字情報が次々に現れては消えるのだ。これは吹き替え版が出るとアメリカ人にとっては多少見やすくなるのかもしれないが、そうすると今度はカヨコが日本語と英語をスイッチしながらしゃべるシーンや彼女のキャラクターが成立しなくなる。, さすがに、自衛隊法の第七十六条・防衛出動の条文を全面に出すところや、ニコニコ動画の流れるコメント、ツイッターのタイムラインを矢継ぎ早に映すシーンは訳されてなかった。日本で観たとき、こういう手法もあるんだなぁと感心したのだが、これはアメリカ人にはいまいち伝わっていないだろう。, 最後に、英語字幕を見てひとつびっくりしたのは、国会前で「ゴジラを倒せ」だか「ゴジラを殺せ」と叫んでいる(ように聞こえる)デモのシーンがあるのだが、そこの英語字幕が「Save Godzilla! シン・ゴジラの海外での評価・感想や反応は?石原さとみの演技も好評? 2016年に公開された「シン・ゴジラ」。日本を代表する怪獣映画の新作であり、海外からの視点や評価も気になるところです。 !」になっていたこと。僕はてっきりゴジラネガティブキャンペーンデモだと思っていたが、帰宅して調べてみると「ゴジラを守れ」と聞こえた人もいるようで、このシーンはあえて意図的にどちらともとれるようにしたのかもしれない。でももしそうであれば、字幕を付けない方がいいのだが、そうするとアメリカ人には全く何のことかわからなくなるのか。うーん、難しいな。。, 巷で一部、石原さとみの英語を批評する声が散見する。日本人の話す英語の上手さ/下手さに敏感なところが、まさに日本人の英語コンプレックスの表れなのだが。僕がまず彼女の英語を批評する方々に申し上げたいのは、あなたの日本語も完璧じゃないですよ、ということ。あなたの日本語が完璧じゃないのと同じ軸の上で、石原さとみの英語が完璧じゃないだけ。日本人の話す日本語にも、誰にも特有の抑揚や発音などの訛りがある。というか、完璧な日本語を話す人は日本でもアナウンサーくらい。, そして完璧な英語を話す人は世界のどこにいるのかわからない。というのも、英語は世界中で話されていて、標準語というものがどこのそれを指すかわからないからだ。アメリカ人に伝わりやすい抑揚というのは確かにあるが、日本人が気にしがちな発音は、実は抑揚に比べればたいして重要ではない。会話というのは、大半は文脈と抑揚で成立するからだ。そういう意味では、10年アメリカに住んだ僕から見て、アメリカ人にもうちょっと伝わりやすかったであろう抑揚を彼女に教えて差し上げることはできそうだが、彼女はとても上手に日系アメリカ人をこなした。きっとプレッシャーや戸惑いもあったと思うが、よく跳ね返して見事に演じ切ったと思う。, アメリカ人は石原さとみが英語をしゃべるシーンで少し笑っていたが、それは急に日本語と英語を行き来するキャラクターへの驚きに向けられた笑いであって、彼女の英語自体への失笑などではなかったと思う。というか、彼女より英語の下手な人はアメリカで働く人の中にもいくらでもいるし、英語が伝わらないときは、聞き手にも半分の責任があることを忘れてはならない。, これに関して、英語教育で育った帰国子女の方が素晴らしいブログを書いていたので紹介しておく。「発音が上手い=英語が上手い、ではない」「そもそも訛りのない英語なんて無い」など、僕もおおむね同意する。そして何より、結論には激しく同意する。, おまけ。ゴジラの上陸後の侵攻ルートに関して、驚くほど詳細な考察をしている方のブログがこちら。思ったよりゴジラはギザギザ動いている。が、これはあくまで各シーンとつじつまのあうルートを線で結んで推測しただけで、実際はおそらく制作スタッフはゴジラのルートを細かく決定したのではなく、大まかなルートから大幅に逸れない範囲で、撮影アングルなどの条件や都合を考えて各シーンの位置を選んだのだろう。, それから、東京の象徴とも言うべき、東京タワーとスカイツリーは、ゴジラを映す角度次第で全然映り込んでよかったはずだが、これには何かの配慮があったのか、スカイツリーは全く映らず、東京タワーは一瞬だけフレームインしてきた後、街の停電で見えなくなってしまった。, 一番最後のシーンで、ゴジラの尻尾に数人の人間が吸収されている点や、牧悟郎教授の「私は好きにした。君たちも好きにしろ」というメッセージなど、僕の中でまだ説明ができていない部分はあるが、非常に社会風刺性と問題提起性が強く、また日本人の心をくすぐるエンターテイメント性も高く、とても面白い映画だった。僕はポップコーンも含めて、この映画に日米合計10,000円以上使い込んだが、それぐらいの価値のある映画だったと思うし、ポップコーンを食い過ぎたこと以外何も後悔はない。, NASAジェット推進研究所で火星ローバーのシステム設計とか深宇宙探査機の自律化とか宇宙ガソリンスタンドとかやってます/東大非常勤講師/ロサンゼルス←ボストン←東京←福岡/ギター/作曲/宅録/将棋四段/どうぶつしょうぎ四段. 1: 映画好き名無し 2018/06/05(火) 20:33:08.212 ID:QjjwxRTu0 2019/6/17 初代ゴジラや2014ゴジラの世界では、使ったけど死ななかったという推測や経験があるという設定なので、それをストーリー上で考慮しているのです。 シン・ゴジラの世界では、ゴジラに熱核兵器を使用した経験ははありませんから、人間の思考をリアルに追求すれば、各国の反応は当然です。 3くらいまでは車メインだったけど... ジョージルーカス「SF映画の最高傑作?2001年宇宙の旅以外にない」←これ 引用元: 映画好き名無し 2017/09/29(金) 0... 韓国映画見たんだけど、日本と次元が違うわ引用元: 映画好き名無し 19/08/02(金)07:55:01 ID:ecx 核兵器を正当化したハリウッド版はゴジラとは言えない。核が生み出したという悲哀、核の存在と現実の葛藤があるからゴジラ。日本人にしか作れないと思うし、原爆投下を正当化するような頭には理解不能だと思う(´ω`), シン・ゴジラ観てきたけど凄く良かった。あと、疲れた。庵野味が凄くて見応えばっちり。これは劇場で観ないと(^ ^), なんかねぇ…庵野にからんでることで飯を食ってるような連中って、いつまでも「シブちんのかぁちゃんにオモチャやゲームやマンガをねだるガキのようなこと」を云ってるだけなのに「評論家」めいた口をきいててキモいよねぇ…もう排除していかないと, いよいよ明日から台湾公開だがタイトルは『正宗 哥吉拉』…なして正宗?暴れん坊だから?(←それは吉宗)と思ったら『真』の意味らしい。台湾の宣伝コピーは「最黒暗的悪魔復活, あの予告だけじゃ面白さは一ミリも伝わらないよ。映画本編で面白さを見てもらうために面白いところは全く出してないんだもん。その戦略は成功だったと思うよ。本編より予告の方が面白い映画ばかりだからねぇ。, 『シン・ゴジラ』は主人公は巨大生物だけど、主役は我々日本人と社会機構なんだよね。外国がゴジラを受け入れたとしても、「日本」を理解出来るとは思えない。, 日本のメンタリティというか慣習が前面に出てる感じだから伝わらない部分もあるんじゃないのかね。, 【秋華賞】直近5年の17勝中4勝が重賞!大竹正博厩舎×池添謙一騎手コンビのホウオウピースフル, マリオのおじさん感どこいった!? Copyright (C) 1999-2020 mixi, Inc. All rights reserved. 2016年に公開された「シン・ゴジラ」。日本を代表する怪獣映画の新作であり、海外からの視点や評価も気になるところです。そこで「シン・ゴジラ」の海外での評価や感想を調査をして考察をしていきます。もともと1954年に誕生したゴジラシリーズは日本初の怪獣映画であり、特撮映画としても伝説的な道を歩んできました。アニメ映画「新世紀エヴァンゲリオン」の監督でも知られる庵野秀明が監督を担当したことでも注目を浴びました。, 2016年に上映された特撮映画「シン・ゴジラ」。今回は映画「シン・ゴジラ」のあらすじを追いながら、海外での評価や反応を徹底調査をするとともに考察をしていきます。1954年に上映された特撮怪獣映画「ゴジラ」以来、戦後日本と共に長い歴史を歩んできたゴジラシリーズ。その新作である「シン・ゴジラ」はどのような評価を受けてきたのでしょうか。, 「シン・ゴジラ」とは2016年7月29日に公開された日本映画になります。総監督と脚本は庵野秀明さんが担当しています。さらに監督・特技監督は樋口真嗣さんが担当をしています。この映画は東宝が製作しているゴジラシリーズの第29作目に当たる作品であり、前作である「ゴジラ FINAL WARS」から約12年ぶりに製作されたゴジラ映画になります。, 何故、東宝の製作による日本映画というエクスキューズが必要かというと、ここには1998年に公開されたアメリカ合衆国が製作したローランド・エメリッヒ監督作による「GODZILLA」等、他で製作された特撮映画があるからです。これらの「GODZILLA」以外に、同一のキャラクターして同じ世界観を共有するクロスオーバー的作品も製作されました。, それはゴジラ等のキャラクターをフランチャイズすることで新しい作品を作ろうとする製作方法になります。同じようにキングコングも怪獣(モンスター)の一人として取り扱われ、2017年には「キングコング:髑髏島の巨神」が公開され、2019年に「Godzilla:King of Monsters」や2020年には「Godzilla vs. Kong」が企画され製作される予定だそうです。, 「シン・ゴジラ」のキャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」になります。キャッチコピーの意味合いは「シン・ゴジラ」は現在、現実のニッポンに虚構ではありながら大災害をもたらす怪獣が現れたとき、ニッポンがどの様に対処するか、という部分が大きなテーマになっているからです。しかしゴジラとは果たして本当に虚構としてのみ機能する怪獣なのでしょうか。, 実際のゴジラは虚構でありながら、ただの虚構の存在としてではなく、映画を愛する多くの映画ファンたちに愛されてきました。その理由に、ゴジラという存在の出自にもあると推測をするファンもいます。特に初代ゴジラは、当時問題になっていた環境破壊によって生まれた人間に恨みを持つ怪獣として描かれています。, このことからゴジラは環境を破壊されたため恨みを持って出現したキャラクターであると捉えられています。しかし一方で、ゴジラが何度も映画化されているという現象から、敢えて日本は自らを自虐的にゴジラを出現させて攻撃している(させている)と推測をする映画ファンもいらっしゃいます。確かに映画内ではその時代時代に日本を象徴する建物がゴジラによって破壊されてもいますから。, 時代時代にゴジラは日本の象徴を破壊してきたので、ゴジラ自体が破壊をするキャラクターとして象徴化されている部分もあります。その為ファンの中には実際には存在しない虚構(ゴジラ)にどの様に対峙するか、という物語をゴジラという映画に求める部分があります。総監督・脚本の庵野秀明さんも強烈なゴジラファンの一人であり、「シン・ゴジラ」にも虚構としてのゴジラにクローズアップさせた演出が見られます。, また主人公の一人、カヨコ・アン・パターソンは日系三世であり、将来は大統領を目指すという野心を持っています。物語が進むにつれアメリカの介在という現実が虚構(ゴジラ)の物語の強度を上げていきます。結局、日本は独自のシステムによって虚構(ゴジラ)の存在を凍結することに成功します。ゴジラという物語を作り上げた日本だからこそ得られた物語つくりが垣間見えるラストになっています。, 結局、現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)はファンタジーでしかないのでしょうか。大きな災害が起きても解決出来ないほど、大変な状況の中でも核兵器を使わない判断をする政府。それは第二次世界大戦の時から得た教訓なのでしょうか。しかし結局何故ゴジラが生まれたのか、に対する理由までは「シン・ゴジラ」の中では解決をみないままでした。, 総監督・脚本を担当したのは庵野秀明さんです。庵野秀明さんは日本を代表するアニメーターであり映画監督になります。1995年にテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の監督を担当しました。このテレビアニメは大人気を博し、その後「庵野秀明の代表作」と謳われるようになりました。, その後、庵野秀明さんは「新世紀エヴァンゲリオン」の続編にあたる「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」の2作を発表します。さらに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」という形で、新しい物語を再構築しています。, ここで庵野秀明さんの実写映画作品をご紹介致します。それは庵野秀明さんがアニメーターであると同時に実写映画もいくつか製作しているからです。「シン・ゴジラ」は庵野秀明さんがアニメーターだからこそ成しえた表現が数多く見られます。またアニメーターでありながら実写映画も撮影している映画監督には押井守さんがいます。, 庵野秀明さんは実写映画としては「ラブ&ポップ」の撮影をしています。「ラブ&ポップ」は村上龍さんの小説を原作にした映画になります。小説版には「トパーズ2」というサブタイトルがついている通り、「ラブ&ポップ」は村上龍さんの小説「トパーズ」から連なる小説群の一部という立ち位置になっています。また「トパーズ」は映画化もされており、村上龍さんが監督をして映画化されています。, さらに映画「式日」の監督・脚本も担当しました。「式日」とは「儀式を執り行う日」を指す言葉です。原作は藤谷文子の「逃避夢」になります。この映画は第13回東京国際映画祭最優秀芸術貢献賞を受賞していて芸術性の高い作品と言われています。庵野秀明さん自身も「100人中1人が、この映画を観て良かった。」と思える映画作品作りに徹していたそうです。, さらに永井豪監督の「キューティーハニー」の映画化もしています。主演は佐藤江梨子さんになります。主題歌を倖田來未さんが「キューティーハニー」を歌ったことでも有名です。撮影に関してアニメならではのスピーディで迫力ある画で再現する「ハニメーション」と名付けられた独特な撮影手法がとられています。, ゴジラシリーズと言えば、突然怪獣が登場する映画であり、「シン・ゴジラ」も同じように怪獣が登場します。始まりは東京湾アクアラインのトンネル崩壊事故でした。政府は原因は家庭火山か熱水噴出孔の発生ではないか、と考えます。このエピソードから「シン・ゴジラ」が環境や災害と大きく関わる怪獣であることがファンへと伝わっていきます。, 矢口蘭堂内閣官房副長官(長谷川博己)はインターネット上での一般人による目撃報告や配信動画から巨大怪獣の存在を示唆します。彼は独自の論理思考を持つ、一種の天才として描かれています。このような存在は「デスノート」の天才探偵Lを想起する観客もいたようです。矢口蘭堂は「シン・ゴジラ」の中で問題を解決する側の人間としての立ち位置を与えられています。, そして実際に巨大怪獣が登場します。ゴジラシリーズにはゴジラ独特の物語つくりがあり、巨大生物に対して必ずゴジラと名付けます。このシーンはやはりゴジラがシリーズ化されているからこその面白さがあると考えるファンの方もおられます。このエピソードからゴジラが虚構でありながら物語として高い強度を持っていることをファンへと伝えています。そして政府は当初、怪獣を駆除しようと考えます。, そして自衛隊を向けるのですが、その怪獣は突然変異的に進化(?)を遂げて直立二足歩行をはじめるのです。結局住民の危険があるということで、攻撃は中止になります。それでも死者や行方不明者は100人以上を超えた、と確認されるようになりました。そして「巨大不明生物特設災害対策本部」が設置されることになりました。, 巨大生物の正体が太古から生き残っていた深海海洋生物が不法に海洋投棄された大量の放射能廃棄物に適応進化した生物であり、その名称が「ゴジラ(GodZilla)」であると分かります。ゴジラには体内エネルギーを原子炉状態の器官から得ている為、血液循環を疎外すれば活動を停止させることが出来る、と推測されました。この考えから、血液凝固剤を経口投与することでゴジラを凍結させる方法がとられました。, この考えは創案者の矢口蘭堂から取られ「矢口プラン」と名付けられます。その一方、ゴジラは段々と進化を続け被害を大きくしていきます。そこで米軍は大使館防衛を理由に爆撃を開始しますが、その結果、ゴジラは火炎放射を開始します。総理大臣を含めた閣僚11人の乗ったヘリコプターも撃墜され死亡してしまいます。そこで総理大臣代理も立てられ、矢口蘭堂もゴジラ対策の特命担当大臣に任命されます。, ゴジラの組織片を分析することで、ゴジラは無性人生殖で増殖をしていき、拡散される可能性があると示唆されました。さらに元素変換能力もあり、「矢口プラン」にも懸念が生じます。その直後、元素変換機能を阻害する極限環境微生物の分子式が得られます。「矢口プラン」は「ヤシオリ作戦」に改名され、日米共同作戦として開始されます。その結果ゴジラの凍結には成功しました。, そしてゴジラの放射能物質も半減期が20日と短く、人体の影響も少ないと判明したことで復興の希望も見えかけました。しかしゴジラの活動が再開した場合は熱核攻撃が開始されることも予兆されています。東京駅脇で凍り付いたゴジラの尻尾の先端には背びれを持った人型の小柄な生物数体が生まれかけたままでした。, このように「シン・ゴジラ」は少しずつ突然変異をしていきます。このことから「エボリューション」という映画を想起する怪獣映画ファンもいらっしゃいます。「エボリューション」は地球での46億年分かかった生き物の進化をたった1ヶ月で為そうとするエイリアンの姿とそれに振り回される人類を描いたSFパニックコメディ映画です。, 進化をし続ける存在である「シン・ゴジラ」のゴジラは結局人型のゴジラを生み出す前に凍結されてしまいました。ここにはゴジラという存在が罪(シン)でありながら、その災害を犯した存在を受け入れることが現代のニッポンでは虚構の上だからこそ核による破壊ではなく凍結という形で受け入れることが可能だったと推測をするファンの方もいらっしゃいます。, 海外の評判や反応によると、「シン・ゴジラ」の楽曲は往年のゴジラ映画の楽曲の引用も含めたサウンドトラックが素晴らしいと言われています。また「新世紀エヴァンゲリオン」のリミックス音源も利用しているなど、庵野秀明さんからアニメーション映画ファンに対しても強いアピールが行われています。, 「シン・ゴジラ」はあえて字幕を多用した作り方をしています。ただそのため日本人にはすぐに反応して読み取れるような映像でも海外の人は読み取るのが大変な部分もあるそうです。実際映画自体の文脈や文体が違うので海外にはアピールする際、色々と手間が必要なのかも知れません。, 石原さとみさんが演じたのはカヨコ・アン・パタースンといいます。カヨコ・アン・パタースンは日系三世で上院議員の娘になります。日系三世なら名前にパタースンが入っているののも納得です。上院議員ということで家柄もはっきりしています。なおかつ石原さとみさんは「世界でもっとも美しい顔100人」に5年連続ランクインするほどの美貌を持っている女優です。, そうして40代でアメリカ合衆国大統領を就任を目指すという野心を持ち合わせています。しかし彼女の祖母は被爆者という設定もありました。そして第二次世界大戦当時、広島か長崎に在住していました。その為カヨコ・アン・パターソンはシン・ゴジラを討伐する際も核兵器を使用することには否定的だったのです。, 物語上、石原さとみさん演じるカヨコ・アン・パターソンは核兵器使用には懐疑的でした。2度の核による被曝をうけた土地に三度目の核の被曝をさせるのは忍びない、とカヨ子・アン・パターソンは考えていました。短い間に進化をし続けるゴジラ(虚構)を現実は受け入れられず、政府はゴジラの凍結という道を選んだようです。, 日本では石原さとみさんの「シン・ゴジラ」での演技の反応は不評でした。その理由として「本当は英語が下手なのでは?」や「浮いている」「ルー大柴みたい」という指摘からでした。しかしあにはからんや。石原さとみさんのは勉強をきちんとしていたそうです。, 「シン・ゴジラ」では、石原さとみさんがアメリカ合衆国大統領特使として米国側高官と英語で会話をするシーンもありました。その時、文章を覚えて話したのではなく、内容を理解したうえでセリフとしていたそうです。実際に政治用語も多用されているため内容を理解するのは時間の関係もあり苦労をされたそうです。, 石原さとみさんの努力を称賛されている一方で「発音が下手。」という反応がありました。この「発音が下手。」という指摘に対してですが、英語圏の方によるとどの様な発音をするのかはとても気になるそうです。しかも実際に日系三世ではなく、日本人である石原さとみさんが実際にネイティブな発音をするのは難しかったとようです。, 出典: https://xn--l8j1bc5qzj4b2az7jveqb.biz, またカタカナ読みに関しても、日本人である石原さとみさんが話しているためそのような読み方になっていまっているのでしょう。カタカナ読みというのは、日本人が一度英語を日本語に翻訳をして話す時に用いられる慣用句です。なので英語を勉強した石原さとみさんのセリフがネイティブな話し方とは異なることは、実際に英語圏の方たちからすれば当然の結果でもあるそうです。, 実際、海外の評価や反応を見ると、石原さとみさんの英語の発音は特別変では無かったそうです。「ネイティブ」自体の概念があいまいであり、アメリカ英語とイギリス英語で発音やイントネーションも変わるそうです。完全にアメリカ人の英語か、というそうではないそうですが、標準とは違うなまりがある程度だそうです。どうやら日本人ならではの英語の発音になっているようです。, 「シン・ゴジラ」の欧州での興行収入が91万円だったそうです。この記事を見れば誰でも吃驚するでしょう。しかし欧州つまりヨーロッパ全土ではなくて、スペインのみの興行収入が91万円だったそうです。, しかし公開規模自体が64館という比較的小規模の劇場であり、なおかつ公開していた時期はたったの3日間のみの興行収入を指しているのです。さらにこの興行自体が5セットのカルト映画祭りのツアー風の1本だったそうです。入場料金も当然日本よりも安くなっています。, この映画の中には「ジェーン・ドウの解剖」のような正統派ホラー映画もあったそうです。とするとそのツアー自体が良質な海外映画を紹介する、というものだったようです。「シン・ゴジラ」の評価に関して、日本では既に「スターウォーズ」並みの大作映画になっていることから考えても、海外で評価されている部分があると仰るファンの方もいらっしゃいます。, アメリカでの興行収入は2016年で1億5000万円の売り上げになっています。公開館数が400から500と言われているので決して少なくはない上映館の数です。しかしアメリカで大規模上映をする場合、何千館の規模で公開する場合が多いと言われています。, 確かに海外での興行収入は1億5000万円に達しています。対して「君の名は。」のアメリカでの興行収入は約5億6000万円になります。「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の二作品を比較すると、観客の動員にこれだけ差があることが分かります。上映日数も「シン・ゴジラ」は少なかったそうです。それだけに「シン・ゴジラ」が海外では高い評価をされていないと考えるファンの方も居られます。, 日本から「シン・ゴジラ」を見ると、まだアメリカにはアピール出来なかったと捉える向きがあります。その中の意見としては石原さとみの「カヨコ・アン・パターソン」の持つリアリティの無さが挙げられています。では何故カヨコ・アン・パターソンにリアリティが無いという反応が日本人を得られたのでしょうか。, カヨコ・アン・パターソンの日本人っぽさがリアリティがないと推測するファンがいらっしゃいます。それはアメリカ人は外見を重要視をしていると考えるからこそ生まれる発想のようです。外見が明らかに日本人であるカヨコ・アン・パターソンがアメリカ合衆国の大統領になるには彼女が日本人であることが大前提になります。しかしカヨコ・アン・パターソンはアメリカの大統領になる野望を胸にシン・ゴジラの問題と対峙をします。, 実の祖母が被爆者であるカヨコ・アン・パターソンはどうしても核兵器を使うことをためらいます。現在核縮小が叫ばれている状況の中、「シン・ゴジラ」で原子力爆弾を使用してまでゴジラという害虫を退治しようと日本政府が判断をしなかったのは、やはりその発想は現在では受け入れられないと総監督である庵野秀明さんが判断したと推測するファンの方もいらっしゃいます。, 「シン・ゴジラ」には物語の中にはゴジラという存在を虚構として捉える批評性を持ち合わせています。さらに日本が独自に作り上げたゴジラという神話(物語)には日本から遠いアメリカさえも射程距離にいれた批評性を持った物語として機能していると仰るファンの方もおられます。, 「シン・ゴジラ」が「君の名は。」より海外で興行収入を延ばさなかったのは結局分からない儘です。興行収入などの売り上げはあくまでマーケティングの部分でしか捉えられないので、実際どちらが面白いかどうかまでは判断が出来ない問題です。「シン・ゴジラ」は子供向けの作品であると海外の観客には捉えられてしまったと推測するファンの方もいらっしゃいます。, 今回は「シン・ゴジラ」の海外での評価や評判、またカヨコ・アン・パターソンを演じた石原さとみさんに関する感想や反応をまとめました。2016年に上映された庵野秀明監督による独自の解釈を込めた「シン・ゴジラ」は今後の日本の特撮映画の世界を考えるのに大切な1本です。それは「シン・ゴジラ」が世界規模で興行したことも関係すると言うファンの方もいらっしゃいます。特撮映画や怪獣映画に興味のある方は是非ご覧ください。, シン・ゴジラの海外での評価・感想や反応は?石原さとみの演技も好評?のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 2016年に公開された邦画『シン・ゴジラ』。東宝が12年ぶりに生み出したこの映画は、高評価続出による大ヒットを記録しました。そんな『シン・ゴジラ』について、見た人の感想や評価のポイントなどから、大ヒットの理由となった数々の魅力に迫ります!, 2016年に一大ゴジラ旋風を巻き起こした映画「シン・ゴジラ」。作品では有名キャストやちょっと意外なキャストまで多くの俳優陣がストーリーを盛り上げました。今回は大ヒットを記録したシン・ゴジラのキャスト一覧を取り上げました。, みなさんも「シン・ゴジラ」をご存知でしょうか?日本中を沸かせた庵野秀明監督による「シン・ゴジラ」の続編に関する考察や予想を紹介していきます。東宝からは続編制作の決定というニュースは出ていませんがネット上にある様々な「シン・ゴジラ」続編に関する情報をまとめています。内容に関する考察は様々な情報がありますが、今回はそのシン, エヴァンゲリオンしりーずで有名なアニメーター監督の庵野秀明監督が突如発表したシン・ゴジラは、エヴァンゲリオンシリーズのファンのみならず、日本中で話題になり、応援上映が幾度もされるほどでした。そんなシン・ゴジラには、多くの謎が散りばめられています。そして、シン・ゴジラ物語の中では触れられるだけで登場人物の考察もなく答えが.

大貫勇輔 ルパンの娘 ダンス, 沼津 スイーツ, 新着順 英語, 下町ロケット ヤタガラス あらすじ, 新型インフルエンザ 症状, 鬼滅の刃 アニメ 再放送, ジャニーズ 身長177, どんぐり 画像, 佐藤めぐみ インスタ, エヴァ シト新生 甘 セグ, Squirrel カタカナ, 朝ドラ 梅ちゃん エール, エヴァ 深夜 再放送, 改善 類義語 熟語, エール 子役 女の子, ロードオブザリング オーク, カキツバタ 英語, ちびパニクラ カラー, Twitter 通知オン バレる, Twitter アップデートしてください, エヴァ 実写 CM, 作業 英語 ビジネス, どんぐり 発芽率, 説明 言い換え ビジネス, インターネット 歴史 本, Dtv テレビで見る レグザ, タミフル 用法, 森七菜 兄弟, 辞書 単語帳 アプリ, エミリ 歌手, ミュート 確認 Tweetdeck以外, プーさん 女の子 画像, ロードオブザリング オーク, Twitter ツイートソースラベル 変更, 中曽根康弘 葬儀 費用, 構成要素 英語,