ゲゲゲの鬼太郎 1968

[内容解説]”夜の墓地。不気味な風が吹き、どこからともなく現れる鬼太郎・・・”1968年1月にそんなオープニング映像で放送開始された『ゲゲゲの鬼太郎』アニメシリーズ第1弾。原作は週刊少年マガジン連載の水木しげるのコミック。毎回登場する恐ろしくもユーモラスな妖怪たち、そして鬼太郎たち魅力あふれるキャラクターの活躍をいきいきと描いたこの作品は、またたく間に妖怪ブームを生み出す大ヒット作になりました。幽霊族の末裔・鬼太郎(声:野沢雅子)は、ふだんは父親の目玉おやじ(声:田の中勇)や仲間のおばけとのんびり暮らしていますが、ひとたび救いを求める手紙が”妖怪ポスト”に投函されるとゲタの音を響かせて人間を助けにやって来ます。鬼太郎は数々の超能力と祖先から伝わるちゃんちゃんこ、リモコンゲタなどの武器で悪い妖怪を退治し、時には良心を失った人間をも懲らしめます。鬼太郎親子につきまとう半妖怪・ねずみ男(声:大塚周夫)を尻目に、鬼太郎は今日も妖怪退治に向かうのです・・・。1968年1月3日~1969年3月30日(全65話)DVD全11巻/全65話 各巻6話収録(第11巻のみ5話収録)[収録エピソード]第1話「おばけナイター」第2話「夜叉」 第3話「妖怪城」第4話「吸血鬼ラ・セーヌ」 第5話「大海獣 前編」 第6話「大海獣 後編」[特殊内容/特典]特典カード封入[スタッフキャスト]企画: 斎藤侑 大沼克之製作担当: 松本貞光 笹谷岩男原作: 水木しげる音楽: いずみたく連載: 週刊少年マガジン 別冊少年マガジン(講談社)制作: 東映動画(現・東映アニメーション)主題歌: 「ゲゲゲの鬼太郎」出演:鬼太郎...野沢雅子目玉おやじ...田の中勇ねずみ男...大塚周夫(C)水木プロ・東映アニメーション, 水木しげる原作の人気妖怪アクションアニメの第1シリーズを収めた第1巻。日本全国に妖怪ブームを巻き起こした記念すべきシリーズ。モノクロ映像がおどろおどろしさを強調する。第1話「おばけナイター」から第6話までを収録。, 水木しげる原作の人気妖怪アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第1シリーズの1968年版が初単品DVD化。第1話「おばけナイター」から第6話「大海獣 後編」まで収録した第1巻。, 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲBOX60's & 70's 2ボックスセット (完全予約限定生産) [DVD], 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 400体以上の妖怪たちを収録!本書初公開の資料も多数☆ 重さ3.2kg、厚さ5.2cm、表紙は銀箔押し仕上げで重厚感がたまらない一冊です。 【ゲゲゲの鬼太郎1968~2018 アニメーション設定資料集】 テレビを通して人間の隣に寄り添い半世紀… 1968年の第1期から2018年現在放送中の第6期まで、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オールシリーズキャラクター設定資料集ついに登場!! いまから50年前の1968(昭和43)年1月3日、tvアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』がフジテレビ系でスタートしました。 つまり1月3日がアニメ『鬼太郎』の誕生日となります。以来50年、つまり半世紀にもわたって鬼太郎は愛され続けてきました。 水木しげる原作の人気妖怪アクションアニメの第1シリーズを収めた第2巻。幻想的な雰囲気を持ち、妖怪たちが生き生きと描かれた本シリーズは瞬く間に妖怪ブームを巻き起こした。第7話「ゆうれい電車」から第12話までを収録。, 水木しげる原作の人気妖怪アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第1シリーズの1968年版が初単品DVD化。第7話「ゆうれい電車」から第12話「妖怪ぬらりひょん」まで収録した第2巻。, 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる日本の漫画作品、およびそれを原作とした一連の作品群の総称。妖怪のイメージを世間に浸透させた水木の代表作であり、「妖怪漫画」を一つのジャンルとして確立させた作品である[1]。, 墓場から生まれた幽霊族の少年・鬼太郎が多種多様な妖怪たちと繰り広げる物語。1954年の紙芝居から始まり、漫画、アニメ、映画、小説、ドラマ、ゲーム、舞台など、半世紀以上に渡り様々な関連作品が作られている。, 漫画作品は貸本を経て1965年から1997年の間に数多くのシリーズが描かれ、幼年誌から青年誌まで幅広く掲載された。連載当初のタイトルは『墓場の鬼太郎』であったが、アニメ化に伴い改題。怪奇色の強かった内容も鬼太郎と妖怪の対決路線へと変化し、鬼太郎は正義のヒーローとしての側面が強くなっていった。なお、「ゲゲゲ」の由来は、水木が幼い頃に自分の名前を「しげる」と言えずに「ゲゲル」「ゲゲ」と言っていたことから着想したものである。単行本はこれまで幾度も出版されているが、出版社ごとに収録内容が異なっており、『水木しげる漫画大全集』で初めて全ての作品が収められた[注 1]。, テレビアニメ版はこれまでに4回のリメイク・6度のアニメ放映をしており[注 2][注 3]、特に1回目(第1シリーズ)のアニメ化は初の「妖怪ブーム」を巻き起こした。, 漫画作品は第25回(1996年度)日本漫画家協会賞・文部大臣賞を受賞。また、テレビアニメ第6シリーズは第57回ギャラクシー賞にて、アニメ史上初となる特別賞を受賞した[2]。, 1933年から1935年頃にかけて、民話の『子育て幽霊』を脚色した『ハカバキタロー(墓場奇太郎)』(原作:伊藤正美、作画:辰巳恵洋)という紙芝居が存在し、『黄金バット』をも凌ぐほどの人気だった。, 1954年、紙芝居の貸元である阪神画劇社と紙芝居作者として契約していた水木は、同社社長・鈴木勝丸に前述のハカバキタローを題材にした作品を描くよう勧められた[3]。作者承諾の上で、水木はオリジナルの紙芝居物語「墓場の鬼太郎」として、『蛇人』『空手鬼太郎』『ガロア』『幽霊の手』の4作を仕立てた。これが鬼太郎シリーズの原点である。, だが、奇抜な展開で評判を呼んだ『空手鬼太郎』を除き、鬼太郎シリーズはそれほど人気が出ず、それ以降は製作されなかった。この水木版紙芝居の鬼太郎作品は現存しないが、伊藤版の一部は加太こうじの『紙芝居昭和史』などの書籍で部分的に見ることが出来る。ちなみに鬼太郎が墓場から生まれた片目の子供という設定(『蛇人』より)と目玉おやじの登場(『空手鬼太郎』より)はこの頃からである。, その後、貸本漫画家に転身した水木は、1960年[4]に兎月書房発行の怪奇短編マンガ誌『妖奇伝』に「幽霊一家」を発表。ここで現在の鬼太郎の基礎が定まる。この時期の鬼太郎はまだ人間の味方ではなく、関わった人々に怪奇な結末をもたらす不吉な少年という位置づけだった。『妖奇伝』第2号には第2作「幽霊一家 墓場鬼太郎」が掲載されるが『妖奇伝』は一般には全く人気が出ず廃刊になった。ただ、鬼太郎シリーズは熱心な読者からのファンレターがあり、同年に同じく兎月書房から『墓場鬼太郎』と題した怪奇短編マンガ誌上で、「地獄の片道切符」(第1巻)「下宿屋」(第2巻)「あう時はいつも死人」(第3巻)などのシリーズ諸作が発表された。「下宿屋」ではねずみ男がシリーズに初登場している。, それまで水木は兎月書房の専属に近い形だったが、経営難の兎月書房からは原稿料が一切支払われなくなり、憤慨した水木は長井勝一の三洋社(後の青林堂)に移籍。『鬼太郎夜話』シリーズ「吸血木と猫娘」「地獄の散歩道」「水神様が町にやってきた」「顔の中の敵」を順次発表した。以前に書いた「幽霊一家」から「顔の中の敵」までは一連の物語になっており、後年、『ガロ』版「鬼太郎の誕生」および「鬼太郎夜話」としてリメイクされている。しかし、5冊目「カメ男の巻」を出す段階で三洋社の社長が入院、そのドサクサで原稿が行方不明となり、「カメ男の巻」は幻の作品となってしまった。, 一方、兎月書房は『墓場鬼太郎』の続編を竹内寛行に切り換え、中断した『墓場鬼太郎』を4巻から19巻まで書き継がせた(後述)。やがて水木は兎月書房と和解し、1962年には読切作品『怪奇一番勝負』『霧の中のジョニー』を描く。しかしその後、兎月書房も倒産。水木は1964年に佐藤プロで、読み切り作品『おかしな奴』『ボクは新入生』『アホな男』を発行。しかし売れ行きが伸びず佐藤プロは鬼太郎シリーズの刊行を断念。桜井昌一の東考社が後を引き継ぎ『霧の中のジョニー』の続編と予定されていた『ないしょの話』を発行した。なお、鬼太郎はこの頃には、後の少年誌に登場する親しみやすいキャラクターへと変貌している。, 1965年、『週刊少年マガジン』(講談社)はともに創刊5年目のライバル誌『週刊少年サンデー』(小学館)に約20万部の発行部数の差をつけられていた。この責任を取って前編集長は辞任、困った編集部の内田勝は急遽、貸本世界で活躍していた水木に白羽の矢を立てた。こうして『週刊少年マガジン』で「墓場の鬼太郎」の「手」が読み切り掲載される。当初は不定期掲載で人気も出ず、3話で打ち切りを検討された。だが夏休みが終わる時期に、当時の貸本読者や大学生たちからの激励の葉書が届き、打ち切りは回避された。, 当時、『週刊少年マガジン』の編集長だった内田勝の著書『「奇」の発想』によると、『鬼太郎』はずっと読者投票の最下位で、人気獲得のためにアニメ化しようとも試みられたが困難を極め、友人である東映の渡邊亮徳(当時の東映常務取締役テレビ事業部長)に相談したところ、「妖怪もので、タイトルが墓場ではちょっと……スポンサーが付かないから、時間をかけてじっくりと行きましょう。」と説得された(結果として『悪魔くん』の実写ドラマ化が先行)。, 『悪魔くん』の成功により、水木しげるが人気作家になったため、1967年からは正式な連載作品となる。内容も「怪奇物語」から「正義の鬼太郎が悪い妖怪を退治する」という少年誌向けの内容に変化。徐々に人気を増していった。妖怪という言葉がひんぱんに用いられる様になったのもこの頃からである(貸本時代にはほとんど使われていなかった)。貸本時代の作品のリメイクも多く、「霧の中のジョニー」を「吸血鬼エリート」に、「おかしな奴」を「陰摩羅鬼」に、「ボクは新入生」を「朧車」に、「ないしょの話」を「大海獣」にと、多少内容をアレンジして再執筆している。また怪獣映画さながらの「大海獣」や「妖怪獣」、「毛羽毛現」の恐竜、「白山坊」のモスラのような容姿の巨大蛾などが登場するのもこの時期の特色である。なお「妖怪大戦争」の回では、後に主要メンバーとなる、砂かけ婆、子泣き爺、一反木綿、ぬりかべが鬼太郎の仲間として初めて登場する。, やがて安定した人気を得た本作は1968年に、タイトルを『墓場の鬼太郎』から『ゲゲゲの鬼太郎』に変更することでスポンサーの了解を得て、テレビアニメ化を果たす[5]。それに合わせて1967年『週刊少年マガジン』11月12日号から作品名を『ゲゲゲの鬼太郎』と改題された。またアニメ化に伴って、少年漫画誌のみならず講談社の『ぼくら』や『たのしい幼稚園』などの幼年誌でも鬼太郎は子供たちのヒーローとして活躍する一方、貸本時代からのファンや青年向けの作品にも登場し、1968年は鬼太郎作品を5誌に渡って連載していた。, 『月刊漫画ガロ』(青林堂)では「鬼太郎の誕生」の掲載を経て、「鬼太郎夜話」を連載。両作とも貸本時代に描かれた作品を、一部ストーリーやデザインを変更して新たに描き直したものである。そして、『月刊宝石』(光文社)ではベトナム戦争を題材にした「鬼太郎のベトナム戦記」を連載。ベトコンに味方した鬼太郎ら妖怪軍が米軍と戦うというストーリーだが、原案として参加した佐々木守と福田善之が思想的な部分を手伝っている。, 1969年、人気絶頂の最中に『少年マガジン』の連載が終了。翌1970年の『別冊少年マガジン』7月号では、連載が終了した作品の主人公を描く「その後のまんがスター」という企画があり、南方に渡り最後は平和に暮らす鬼太郎という「その後のゲゲゲの鬼太郎」が掲載された。, 連載やアニメの終了後も人気は衰えず、1971年に再びテレビアニメ化された事に合わせて、『週刊少年サンデー』(小学館)で新作が描かれた。今シリーズの鬼太郎は、砂かけ婆の経営する妖怪アパートの住人として描かれ、鬼太郎ファミリーのメンバーがこれまでよりも増えている。また、『少年マガジン』でゲスト妖怪として登場していた猫娘と設定は同様だが、容姿が微妙に違う猫子というキャラクターをレギュラーとして登場させている。なお、当時は小学館の『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』等の学習雑誌での連載も加わり、7誌同時にそれぞれ別の鬼太郎作品を発表していた。, 『少年サンデー』版の最終話では、鬼太郎がヤカンズルに飲み込まれ7年は出て来られないとして終わっているが、2年後の1973年には『いんなあとりっぷ』(仏の世界社)で「鬼太郎とねずみ男」の連載が始まる。このシリーズは短期連載で終わるが、風刺色の強い作品でありオールカラーで描かれた。, 翌1974年には描き下ろし長編『死神大戦記』が学習研究社から「日本の妖異」シリーズとして上・下巻で発行。『往生要集』を下にした作品であり、宮田雪が脚色担当として参加している。今作は「その後のゲゲゲの鬼太郎」の続編として描かれ、水木しげると共に鬼太郎が地獄を舞台にして妖怪と戦うストーリーである。, 1976年には『週刊少年アクション』(双葉社)で「鬼太郎の世界お化け旅行」の連載が始まり、鬼太郎ファミリーが世界の妖怪を相手に活躍する姿が描かれた。なお、今作の鬼太郎は野球帽を被っている設定。また、1976年から1977年に掛けては「鬼太郎対悪魔くん」、「妖怪ロッキード」等の、単発の読み切り作品も幾つか発表された。, そして、1977年から1978年に掛けては『週刊実話』(日本ジャーナル出版)での連載が約1年半続く。同誌では3作品が発表され、1作目は「続ゲゲゲの鬼太郎」を連載。高校生になった鬼太郎の話であり、これまでのチャンチャンコをやめて縞模様のセーターを着用している。鬼太郎シリーズの中では特に異色作であり、内容的には青年向けに描かれている。当時の『週刊実話』編集者によると、かつて子供が人気を支えた鬼太郎を青年誌に連載することには不安があったようだが、「当時の水木ファンたちは今や大学生や社会人になっている。読者もきっと分かってくれるはずだ」と言う意見もあり、鬼太郎を大人の世界で活躍させることになったという[6][7]。また、当時の水木はこれまでのヒーロー的な鬼太郎からの脱却を試みていた背景もあり、この話にかなり意欲的に取り組んでいる[8]。しかし、後に水木は「鬼太郎にセックスを持ち込んだのは失敗だった。」と回想しており[9]、『週刊実話』2作目の「新ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代」では軌道修正を行っている。今作は、超能力を奪われた鬼太郎が相撲界で活躍する「相撲の巻」、墓の下高校の野球部に入部した鬼太郎が妖怪チームで甲子園を目指す「野球狂の巻」の2話で構成された水木独特のスポーツ漫画である。そして、『週刊実話』3作目の「新ゲゲゲの鬼太郎」では再び軌道修正が行われ、かつての様な少年姿の鬼太郎が妖怪と戦う姿が描かれている。また、SFの要素が加わったことで宇宙人との対決が多くなり、青年向けの描写は控えめになっている。なお、1977年は『週刊実話』の連載と同時期に『漫画サンデー』(実業之日本社)で「ゲゲゲの鬼太郎 挑戦シリーズ」の連載も始まっている。今作は「UFOの秘密」、「太古の秘密」、「地上絵(ナスカ)の秘密」の3話構成で、『週刊実話』同様に青年向けの作品となっている。この時期の鬼太郎シリーズは当時の雑誌にて、総じて迷走していたように「何処へ行く鬼太郎」などと特集されてもいた[10]。, その後は『週刊少年マガジン』での読み切り作品「海坊主先生」を挟み、1980年に『月刊DONDON』(日本ジャーナル出版)の短編漫画「大ボラ鬼太郎」を短期連載する。そして同年、『月刊少年ポピー』(少年画報社)で「雪姫ちゃんとゲゲゲの鬼太郎」の連載が始まり、再び少年誌で鬼太郎が描かれる。今作は鬼太郎の妹・雪姫をメインにした作品であり、雪姫が登場する唯一の作品である。不思議な力で鬼太郎のピンチを救うなど徐々に成長する雪姫だったが、掲載誌の廃刊により連載は終わってしまう。, 1980年以降も、総じて80年代前半は低迷気味であったものの、1971年に放送されていたアニメ第2シリーズが地方でも夕方に再放送を繰り返し、また夏休みや冬休みにも午前中にアニメ第2シリーズの再放送が定番化されるなど、完全に人気が衰えることもなく、当時の子供たちの間でも鬼太郎の存在は認知されていた。そう言った状況を経た80年代半ばの1985年夏に、フジテレビの「月曜ドラマランド」で実写版『ゲゲゲの鬼太郎』が放映され、同年の10月からはアニメ第3シリーズが開始することとなった。玩具メーカーや出版社とのタイアップ、原作の現代風アレンジなどで、本シリーズは大人気を博し、鬼太郎の作品としての知名度は60~70年代以上に一気に上昇した。漫画作品はアニメ化に合わせて『コミックボンボン』(講談社)で「最新版ゲゲゲの鬼太郎」の連載が開始。妖怪の総大将ぬらりひょんと鬼太郎ファミリーとの対決色を前面に出した作品だが、今作は水木自身の筆ではなく水木プロによる作画作品である。なお、単行本は第20話までを収録した第4巻まで発行されたが、21話以降を残し発行は中断。現在、単行本は絶版し復刻などもされていない。, その後、『週刊少年マガジン』で「新編ゲゲゲの鬼太郎」の連載も始まる。(タイトルの「新編」は単行本化の際に付けられた。)一時期迷走していた鬼太郎シリーズだが、鬼太郎が毎回新たな妖怪と対決する従来の路線に戻したシリーズであり、アニメ同様に仲間の妖怪たちの活躍が増えたシリーズでもある。また、この頃には新レギュラーとしてシーサーが登場する。アニメ版が長期化したことから、掲載されたばかりの新作も逐一アニメ化されていき、シーサーもアニメレギュラーキャラクターとして取り上げられた。そして、約1年後には掲載誌を『月刊少年マガジン』(講談社)へ移し、「ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎地獄編」が連載された。鬼太郎たちが地獄へと旅する物語であり、鬼太郎の母や、ねずみ男の一族も登場する。, アニメ終了後も以前第3シリーズの再放送が繰り返されて人気は衰えず、1990年からは『コミックボンボン』で「鬼太郎国盗り物語」の連載が始まり、1992年からは『デラックスボンボン』(講談社)へ掲載誌を移行。地上侵略を狙う地下帝国ムーとの戦いを描いており、勧善懲悪のわかりやすいストーリーながら、当時のバブル時代の社会風刺を上手くからめた作品となった。これを機にボンボン版を元にした前第3シリーズの続編としての4度目のアニメ化の話が持ち上がり『テレビマガジン』(講談社)でも特集や絵物語の連載が始まったが、諸般の事情によりアニメ化は流れた。, 1996年、子供たちの間に学校の怪談ブームが起こったことを機に、再び原点回帰にアレンジされた4度目のアニメ化が実現した。これに合わせて各誌で特集や連載が始まるがアニメ絵中心であり、原作の漫画作品は発表されなかった。水木作品としては『コミックボンボン』で「ゲゲゲの鬼太郎スペシャル 妖怪百戦」という絵物語が連載され、鬼太郎ファミリーが世界の妖怪と戦う姿を、妖怪図鑑も兼ねた構成で描かれた。, 1996年には新シリーズ「鬼太郎霊団」の第一話が『ビッグゴールド』(小学館)に掲載される。これまでの鬼太郎ファミリーを鬼太郎霊団と名付け、地球上のバランスを保つために、よい霊の指示に従って行動するという新たな設定の作品だが、キャラクター版権の都合で1回で休止。第二話は、翌年の1997年に『漫画サンデー』で2回に分けて掲載された。1998年でアニメ第4シリーズは一旦終了するが、その後も水木しげるの画業50周年記念に伴う数々の復刻書籍や、水木が荒俣宏、京極夏彦らと角川書店との連携で『世界妖怪協会』を立ち上げたことで、鬼太郎と妖怪の書籍方面でのメディア特集は続いた。, そうした人気と特集等の活動は2000年代になってからも続き、水木の生誕80周年記念に鬼太郎アニメ化や実写映画など複数の企画が各方面で考えられ、2006年にこれまでのアニメシリーズがDVD-BOXにて販売されたことで、2007年4月に初の実写映画が公開され興行的にも大ヒットとなる。そして時を同じくしてアニメ第5シリーズが開始。これに併せて描き下ろしの絵本シリーズの出版や、他の作家による『コミックボンボン』などでの漫画連載は行われたが、水木による新たな原作のシリーズは発表されなかった。5期のイラストは自伝漫画「神秘家水木しげる伝『私はゲゲゲ』」で描かれ、「大好評である。まったく鬼太郎は福の神だねえ」と喜びのコメントをしている。, 長らく作品が発表されていなかったが、2013年に発行された『水木しげる漫画大全集』(講談社)別巻に、描き下ろし新作「妖怪小学校」が収録される。鬼太郎シリーズの貸本版と雑誌版の間を繋ぐストーリーが描かれた。また、『月刊少年ライバル』(講談社)にも特別読み切り「ねずみ猫の巻」が掲載されるなど、立て続けに新作が発表された。, 2015年に水木が逝去し、水木が直接描く『ゲゲゲの鬼太郎』は一旦未完結扱いとなるが、各種イベントやグッズなどのために水木プロがイラストなどを描き下ろすことは続く。, 2009年にアニメ第5シリーズが終了した後は長らく大きな動きは無かったアニメ関連も、2017年の年末年始アニメ映画『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』に鬼太郎が客演、翌2018年にはアニメ第1作放送開始から50周年を迎えた事を記念して「新プロジェクト」が立ち上がり[11]、同年4月からアニメ第6シリーズが開始した。, アニメ第6シリーズも大人気を博し、同じく2018年には、季節ごとに刊行される事となった『ゲゲゲの鬼太郎総集編』(講談社)の夏号で、水木の生前の構想を基に水木プロが発展させて描き下ろした新作「岩戸のガマ坊主」が掲載され、水木の逝去後も原作の『ゲゲゲの鬼太郎』は水木プロが受け継いで続くこととなった。また、第5シリーズ時と同様に他の作家による漫画連載も『別冊コロコロコミック』(小学館)で行われる事となった。『コミック乱ツインズ』(リイド社)2019年1月号では、 江戸時代を舞台に鬼太郎ファミリーが活躍する、鬼太郎シリーズ初の時代劇コミック「決戦 愛宕山」が、水木プロ描き下ろし新作漫画として掲載された。, 水木しげる、および水木プロによる作画作品(漫画、絵物語など)を記載[12][13]。他の作家による作品は(後述)。, 原作の鬼太郎作品には、第1話から「異形の存在」は描かれているが、当初は「妖怪」という呼称での存在としては登場しておらず、「妖怪漫画」として定着するまでには幾つかの経緯が存在する。作中で明確に「妖怪」として現れてくるのは、1961年の貸本版『鬼太郎夜話』の2巻からである。ここでは柳田國男の『妖怪談義』に収録された「妖怪名彙」に載る妖怪が現れるが、名前だけで姿はほとんど描かれていない。, やがて、1965年から『週刊少年マガジン』に「墓場の鬼太郎」の掲載が始まるが、この段階でも「妖怪」としては殆ど明確に言及されておらず、戦う敵の吸血鬼や夜叉も、怪奇的フィクションのキャラクターや怪物などを元のイメージとして描写されている。完全に「妖怪」として登場し始めるのは「妖怪大戦争」の回を経た1966年から、テレビアニメ化を翌年に控えた1967年に掛けてである。水木しげるは、この時期に藤沢衛彦の『妖怪画談全集』や鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に出合ったとされる[14]。そして、鬼太郎は徐々に妖怪との対決路線へ変化し、「ゲゲゲの鬼太郎」改題後はより顕著となる。また、その際に先の「妖怪名彙」に載っていた妖怪に姿を与え鬼太郎の味方に、『画図百鬼夜行』の妖怪に物語を与えて敵役の妖怪へと登用していった[14]。, 一方で、水木はこの頃について「まだ妖怪といったものが、皆さんに分かっていなかったから大変だった。もっぱらヒーローの敵として御登場願うしかなかった。」と回想しているように[15]、連載当初は、日本古来より漠然と表現されてきた「妖怪」という言葉も概念も、一般的には余り知られてはいなかった。妖怪が本格的に浸透し始めたのは、鬼太郎より前にテレビ化を果たした『悪魔くん』や当時の怪獣ブーム等の下地を経て、大伴昌司により『少年マガジン』を中心にして展開された「妖怪画報」等の影響が大きかったともされている[14]。, 鬼太郎のヒットとメディア戦略の足並みが揃ったことで、従来の伝承にあった「妖怪」の概念は波及し、妖怪ブームや鬼太郎の長期シリーズ化へと繋がっていった。, 作品のストーリーの多くは、鬼太郎が毎回新たな妖怪と対決するという話であり、前後の話や別シリーズとの繋がりは余り意識されていない[16]。時には大きく矛盾する展開もあるが、鬼太郎や妖怪の基本設定は概ね一貫している[16][17]。, ここでは主要キャラクターのみ紹介する。なお、各キャラの設定は作品ごとに多少異なる場合がある。, 本作は過去から現在に至るまで不定期的に映像化されているが、テレビ番組として製作された作品は一貫してフジテレビで放映されており、フジテレビと東映が製作している。2007年4月には松竹によって初めての劇場版実写映画化が成され、全国ロードショーされた(後述)。, 1960年代・1970年代・1980年代・1990年代・2000年代・2010年代と、各年代ごとに6つのシリーズ作品が製作されている。2000年代には別枠で原点となるシリーズ作品も製作されている。, テレビアニメはいずれもフジテレビ系列で放送、東映アニメーション(旧・東映動画)が製作。これまでに4回のリメイク・7度のアニメ放映をしている。その内で、第2シリーズは第1シリーズの続編である。また、『墓場鬼太郎』は深夜枠放送の別枠で、直接『ゲゲゲの鬼太郎』シリーズとしてのリメイク作品扱いではないが、その原典・前身作のため、エピソードの一部はリメイク的な関係(原作も『墓場鬼太郎』での描写が元祖・オリジナル)ともなっていて、物語は鬼太郎の誕生から始まり、第1シリーズより前の時代・年代が舞台である。第4シリーズ以降の放送枠は日曜9:00からが続いている。一部作品では映画も製作された。また、貸本版の『墓場鬼太郎』を原作としたアニメが、フジテレビ系深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送された。, 東映が水木しげるの『悪魔くん』を実写でテレビ化して成功したことで、東映動画は「墓場の鬼太郎」を、資本系列が同じNET(現・テレビ朝日)系列放送用にアニメ化を企画。しかしこの時は、“墓場”というタイトルを持つ作品をアニメ化することに尻込みしたスポンサーによって立ち消えとなった[18]。, その後アニメ化の企画はフジテレビへ移ることになったものの、制作初期は「墓場の鬼太郎」(仮題)で進行していたため、NETと同じようにスポンサーから“墓場”に対する忌避反応が起こったが、原作のタイトルを無難なものに変えるという、当時としては大胆なアイデアが提案される。水木がこの提案を受けた際、どのような反応を見せたかは判然としていない。なお、水木の自伝的漫画「私はゲゲゲ」の中では、水木が自ら「『ゲゲゲの鬼太郎』はどうです」と提案している。またNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』では、困惑しながらもタイトルを考え、最終的にオープニングの「ゲ ゲ ゲゲゲのゲ」から着想を得た描写がなされている。結果的に原作はアニメ化の直前に「ゲゲゲの鬼太郎」と改題した。また“ゲゲゲ”というフレーズは、水木の子供の頃のあだ名「ゲゲ」から名付けられたものだという。「ゲゲ」の由来については幼少時の水木が自分の名を上手く言えず「げげる」と発音していたことに起因する[19]。, “墓場”というタイトルでのアニメ化は、第1シリーズ放送から40年後に深夜枠放送として実現する。, 1968年1月、アニメの第1シリーズが放送開始される。このシリーズのみモノクロである。それまでNET向けにアニメを制作していた東映動画が初めてフジテレビで放映したアニメでもある。, 1971年10月、カラーアニメ作品として第2シリーズが放送開始される。この時より猫娘がレギュラーに加わる。第1シリーズの続編として製作されたため、中盤で原作に追いつき、以降は水木の他作品を鬼太郎エピソードに脚色して使用した。後半では児童向けらしからぬ非常に怖いストーリー展開や、社会性のある重厚なエピソードも誕生した。, 2度のアニメシリーズがいずれも好評だったことから、その後も1970年代後半頃まで度々新シリーズの企画が出たが、実現に至らなかった。1980年代に実写連続ドラマでのリメイクが企画され、1985年8月に「月曜ドラマランド」枠の単発作品としては実現したが、当初の連続ドラマ化の予定はフジテレビの反対により頓挫する[20]。これがアニメ企画へ変わり、前作から14年後の1985年に第3シリーズが開始。以降の新作は全てリメイクとなる。第2シリーズと比較してエンターテイメント性重視のリメイク版となっている。視聴率は20%を超える回も多く、一部は30%に迫る高視聴率となる。, 1996年に第4シリーズが放送される。過去3作品と違い各局で放送枠が不安定だったが、全編にわたり安定した人気を得て長寿番組となった。, 2007年に第5シリーズが放送される。日本のテレビアニメ史上最多となる4回目のリバイバルを達成した。2008年にアニメ版鬼太郎は40周年を迎え、それに合わせて第52話から冒頭に「TV ANIMATION 40th ANNIVERSARY ゲゲゲの鬼太郎」のロゴが表示されるようになった。同作の劇場版にも同じく表示されている。, 2018年、1月3日にアニメ第1作放送開始から50周年を迎えたことを記念し、「新プロジェクト」が告知され[21]、同年4月1日から第6シリーズが放送開始された。, 『墓場鬼太郎』シリーズ、代役、ゲスト扱い、その他の出演作品は省略(キャラクターとしての詳細も含めて、リンク先のページを参照)。, 2017年12月16日公開『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』に、鬼太郎(声 - 野沢雅子)、目玉おやじ(声 - 島田敏)、ねずみ男(声 - 大塚明夫)、ねこ娘(声 - 皆口裕子)、砂かけばばあ(声 - 江森浩子)、子泣きじじい(声 - 塩屋浩三)、一反もめん(台詞なし)がゲスト出演している。, 1978年に『ラジオ劇画傑作シリーズ』(TBSラジオ)にて放送された。「鬼太郎誕生」、「白山坊」、「妖怪大戦争」、「幽霊電車」など原作に準拠した内容で、水木しげると親交のあった田辺一鶴が語りを担当している。, 2006年の特別番組『ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内でも、同様の主演キャストでラジオドラマが放送されている。, 単行本は中国語『少年英雄鬼太郎』、英語『Kitaro』、タイ語『คิทาโร』、イタリア語『KITARO DEI CIMITERI』、フランス語『Kitaro le repoussant』、韓国語『게게게의 기타로』、スペイン語『KITARO』などが出版されており、テレビアニメはアニメ専門チャンネルなどを中心にアジアをはじめとする諸外国で放送実績がある。, 漫画・アニメ共に台湾での人気が特に高く、2012年にはテーマパーク「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪楽園」特別展が国外で初めて開催され[33]、計45万人を動員した[34]。一方、アメリカでは水木の戦争漫画や『のんのんばあとオレ』が評価されるも、鬼太郎はプロモーションの失敗により、英語版の存在が知られなかったため、現状では高い支持を得られていないと評されている[35]。, 2010年代以降は深夜アニメなどで5回以上のシリーズ(期)が制作・放映されたテレビアニメ作品が数作あるが、「スピンオフ作品・主人公の入れ替えがある作品」を除き、全シリーズ(期)が1年以上放送した30分アニメとしては日本のテレビアニメ作品史上リメイク数が最多の部類に入る。, 平林重雄『水木しげると鬼太郎変遷史』24頁。1959年と記載されているものもあるが、現在は調査の結果1960年と判断。, 辰巳出版「東映ヒーローMAX Vol.26」p.75 吉川進プロデューサー スペシャルインタビュー, 『完全版 水木しげる伝(下)』水木しげる詳細年譜(講談社文庫、2005年)510頁。, https://animeanime.jp/article/2020/06/12/54280.html, アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」新プロジェクト始動 50周年告知サイトもオープン- アニメ!アニメ!(株式会社イード), https://news.mynavi.jp/article/20180623-653051/, “明治独自の栄養設計※1「即攻元気ゼリー 凝縮栄養 11種のビタミン&4種のミネラル」9月18日新発売”, https://kyodonewsprwire.jp/release/201809117793, “「明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油 / ねこ娘の旨辛味噌」(10月22日発売)”, https://www.myojofoods.co.jp/news/7373.html, https://www.excite.co.jp/News/bit/00091112272202.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ゲゲゲの鬼太郎&oldid=79703726#アニメ, 1965年32号 - 1966年41号 「墓場の鬼太郎」 (不定期掲載、1966年15号-26号間は集中連載), 1967年19号 - 1969年13号 「墓場の鬼太郎」→「ゲゲゲの鬼太郎」 (1967年46号から改題), 1967年6月号 - 1969年4月号 「鬼太郎夜話」 - 貸本版「鬼太郎夜話」のリメイク作品で『少年マガジン』版と並行して連載された。, 増刊号 : 1968年12月、1969年2月、1969年8月、1969年9月、1971年8月, 1997年3月4日号 - 3月11日号 「セクハラ妖怪いやみ」 (「鬼太郎霊団」 第二話), 1996年7月号 - 1998年4月号 「ゲゲゲの鬼太郎スペシャル妖怪百戦」 (絵物語), ゲゲゲの鬼太郎おばけのくに 全8巻 (ポプラ社、絵本) : 1987年7月 - 1988年7月, 出演:明羽美姫、大塚庸介、井上一馬、歌納有里、勝部祐子、堀内俊哉、大浴ちひろ、竹浪歩、田中愛実、吉村健洋、四條久美子、築出静夫, 必殺パチンコステーションnow5 ゲゲゲの鬼太郎(PlayStation、2000年、, ゲゲゲの鬼太郎 地獄大決戦(講談社モバイルコンテンツ、2003年、スペースアウト), ゲゲゲの鬼太郎 妖怪お絵かきロジック(講談社モバイルコンテンツ、2007年、ナツメ), ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境(バンダイコレクション、2007年、バンダイネットワークス), ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争(iOS/Android、2018年、ポノス), 鬼太郎ヘアーが確立。髪を伸ばして思いっきり非対称に分ける髪型のことを指す。当初『鬼太郎バング』と名付けられたが、『鬼太郎ボブ』という髪型もある。これは、ウェーブやカールなどでふわふわしたイメージの鬼太郎バンク(ボブ)のことを指す. 2008.07.18 ゲゲゲの鬼太郎60's,70's,80's,90'sの単巻第3巻の情報を更新! 2008.07.11 「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D」オープン記念 サンリオピューロランド特別入場割引券情報!! 2008.06.05 ゲゲゲの鬼太郎60's,70's,80's,90'sの単巻第2巻の情報を更新! 2008.04.28 東映アニメーションオンライン … dvd ¥3,049 仕様: 価格 新品 中古品 dvd "もう一度試してください。" 通常版 ¥3,049 ¥8,800 ¥3,049: dvd "もう一度試してください。" [dvd] — — ¥3,500: お届け日: 10月18日 - … !〜なつかしアニメをペラペラ歌おう〜』収録。, 「Geh-Geh-Geh no Kitaro」の曲名で、英語で歌唱。1997年4月21日発売の『ハッピー・チャイルド!〜英語でうたおう こどものうた みんなのうた〜』に収録。, ライブ音源。1997年4月19日発売のCD『心の歌をいつまでも 川田正子55周年記念コンサート』COCC-14107〜8収録。, 2007年1月10日発売のCD『c-gal@anime(検索)』CRCI-20681収録。, 2008年3月26日発売のオムニバスCD『ゲゲゲの鬼太郎・コレクション』NECA-30225収録。, 1983年発売のシングル『アニメドレー 臨時増刊号』にて、メドレー曲「あぁ懐しのヒーロー物語」の1曲としてカバー。, アニメソングメドレー「レゲエの鬼太郎 featuring ふかわりょう」の一節としてカバー。, 「ゲゲゲイの鬼太郎」の曲名で、2016年10月28日発売の配信アルバム『キテレツメンタルミュージック』収録。ラップ(作詞:東京ゲゲゲイ、堀江ヒロアキ)が追加されている。, コロムビア内のレーベル「トライアド(TRIAD)」にて1991年にリリースされた「ハウス・ダイアル1991/TVグルーヴ」に収録された, 2014年にリリースされたカバー曲オンリーアルバム「Cobacabada」に収録された、, コロムビア・オーケストラによる版(「コロムビア・ヴァージョン・カラオケ」版も同時収録). Amazon.co.jp: ゲゲゲの鬼太郎 60’s1 ゲゲゲの鬼太郎 1968[第1シリーズ] [DVD]: 野沢雅子, 田の中勇, 大塚周夫, 水木しげる: DVD ゲゲゲの鬼太郎 60’s2 ゲゲゲの鬼太郎 1968[第1シリーズ] [dvd] 野沢雅子 (出演), 田の中勇 (出演) 形式: dvd. 1968年からテレビアニメとして放送が開始された「ゲゲゲの鬼太郎」には猫娘というヒロインが登場し、かわいいという事で話題を呼んでいます。「ゲゲゲの鬼太郎」がシリーズ化してリメイクされ続けている事と同時に猫娘もシリーズごとにヴィジュアルや声優が変わっていっています。 「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ放送50周年を記念して発売された 「ゲゲゲの鬼太郎 1968~2018アニメーション設定資料集」 1968年の第1期から2018年現在放送中の第6期までのキャラクターや400以上の妖怪た … 1968年からテレビアニメとして放送が開始された「ゲゲゲの鬼太郎」には猫娘というヒロインが登場し、かわいいという事で話題を呼んでいます。「ゲゲゲの鬼太郎」がシリーズ化してリメイクされ続けている事と同時に猫娘もシリーズごとにヴィジュアルや声優が変わっていっています。今回はそんな猫娘がなぜファンにかわいいと言われて愛され続けているのかを検証し、現在の声優を紹介しながら鬼太郎との恋愛関係をネタバレ考察していきます。, 水木しげるの漫画を原作としたテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」はシリーズ化しており現在6期が放送中となっていますが、1期が1968年に放送開始されてから数多くの妖怪が登場しています。今回はそんな「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪の中でもヒロインとして活躍している猫娘に焦点を当て、ファンから可愛いと言われている理由や、その性格や容姿などを徹底調査し、主人公である鬼太郎との恋愛にも着目しながらまとめていきます。, 1968年に初めてテレビ放送された「ゲゲゲの鬼太郎」はまだ白黒の時代でした。そんななか猫娘はまだレギュラーキャラクターになっておらず、1話だけのゲストキャラクターとして登場しました。, 今でこそ明るいイメージがあり「ゲゲゲの鬼太郎」のヒロインとなった猫娘ですが、1期の時点では人間を地獄に落とす仕事を請け負い、平然な顔をしながら仕事をこなすような冷たい印象を受けるキャラクターとして描かれており、鬼太郎との恋愛はこの時点ではありませんでした。, 1971年から放送開始された「ゲゲゲの鬼太郎」2期での猫娘は、第1話から登場しレギュラーキャラクターになりました。性格は男勝りな性格をしており、ねずみ男などの妖怪と意見が対立する場面が多くありましたが、基本的に口調は丁寧で、鬼太郎や他の妖怪たちを「さん」付けで呼び、時には仲の悪いねずみ男にさえ「さん」付けで呼ぶことがあるなど、モラルのある人物として描かれています。, また2期の猫娘は唯一、純粋すぎるゆえにねずみ男の金儲けの口車に乗ってしまうなどして、たびたび「ゲゲゲの鬼太郎」のサブタイトルにも使われるような事件を引き起こしてしまい、鬼太郎に注意されショックを受けている事があります。, 猫娘は騙された事でねずみ男に怒りをあらわにする描写もあり、何度も喧嘩を繰り返しますが、ねずみ男が死んでしまった時にはとても悲しんでおり、彼を大切な友人として認識しています。, 1985年から放送が開始された「ゲゲゲの鬼太郎」3期の猫娘はリボンがピンクから赤に変更され、スタイルも人間に近いヴィジュアルで表現されるようになりました。2期までは猫娘は鬼太郎に対して敬語で話していましたが、3期からは敬語がとれて対等な立場へとなりました。のちに猫娘は人間と妖怪とのハーフであるという設定が加わりますが3期での猫娘それが無いため、半妖怪であるねずみ男を馬鹿にするような発言もありました。, 1996年から放送が開始された「ゲゲゲの鬼太郎」4期の猫娘は髪型が刈り上げに変更され、髪色も紫に変更されました。このころから美少女で可愛い描写がされており、怒った時に目が黄色くなる設定も加わりました。, また「ゲゲゲの鬼太郎」4期にて前シリーズまでで無かった、ねずみ男と同様の半妖怪であったという事実が判明しました。4期では猫娘の食事のシーンも多く描かれており、コンビニに売っている猫缶を常に食べています。, 2007年から放送開始された「ゲゲゲの鬼太郎」5期の猫娘は、大きなリボンと共にトレードマークであった刈り上げの髪型がショートカットに変更され、色も紫から茶髪へと変更されました。全体的に大きな変更が加えられており、より人間の少女に近いようなヴィジュアルになっています。また5期の猫娘はラーメン屋などの飲食店など様々なアルバイトをしており、人間と同じように生活している様子が多く描かれています。, 現在の「ゲゲゲの鬼太郎」の猫娘は6期となっており、今までの猫娘とは見た目や性格が大きく変わり、ヴィジュアルもスタイルの良い女性として描かれています。昔から「ゲゲゲの鬼太郎」を見続けてきたファンが、今期の猫娘がかわいいという理由のみで現代版の「ゲゲゲの鬼太郎」を観るという方がおり、猫娘の視聴者やファンに与える影響の大きさがうかがえます。, 猫娘5期を造るに際し鬼太郎5期をプライムビデオで見続けてましたが6期の猫姐さんと違って鬼太郎とほぼ同じ背丈の猫娘は可愛い、と思いつつ造って行きます pic.twitter.com/PzcapmQtD3, 「ゲゲゲの鬼太郎」5期の猫娘は、6期でスタイルの良い美人で大人の女性として描かれている猫娘と違い、子供のようなスタイルの鬼太郎と同じ背丈で描かれており、かわいい印象を抱いた視聴者がいます。また5期の猫娘は他の「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズとは違い、非常に明るく人間らしい性格の女の子となっているので、親近感が湧きやすいキャラクターとなっております。, たいへん、たいへんヾ(・ω・`;)ノ何気に見たニュースで、びっくりした(・・)今の猫娘って、こんなに可愛いんだよ(・_・;) pic.twitter.com/u8YB9yUtIJ, 「ゲゲゲの鬼太郎」は2018年現在6期が放送されていますが、6期の猫娘は今までのシリーズの猫娘とは大幅にデザインが変更され、ハイヒールを履くモデルのようなスタイルの大人の女性というキャラクターになり、驚きを隠せない視聴者も少なくありません。また性格にも変更が加えられ、今までの明るい雰囲気は無くなり、クールで冷静沈着な女性となっており、戦闘能力も鬼太郎に負けず劣らず高いものとなっています。, 傾いて話しかける猫娘、可愛いね!! pic.twitter.com/Bgy9LSSpbP, 「ゲゲゲの鬼太郎」6期の猫娘はクールであり鬼太郎に対する恋愛感情などの感情を押し殺している所があるため、一見冷たく見られがちですが、鬼太郎やねずみ男など仲間のピンチにはいち早く駆けつけ助けようとするという仲間思いで優しいキャラクターです。そんな猫娘が傾いて鬼太郎に話しかけるなど、ふとした時に出す女の子らしいしぐさがかわいいという視聴者がいます。, 6期の猫娘がフィーチャーされやすいけど4期の猫娘(CV:西村ちなみさん)も大概可愛いから皆んな見て pic.twitter.com/O951rZG91q, 現在は「ゲゲゲの鬼太郎」6期が放送されており、猫娘がかわいいヴィジュアルで主役級の活躍をしているため、6期の猫娘がフューチャーされやすいですが、4期の猫娘がかわいいというファンの意見があります。4期の猫娘は今までのアニメ版「ゲゲゲの鬼太郎」とは違い、漫画版の猫娘に近い姿で描かれています。恋愛要素が少なめの4期ですが、猫娘の鬼太郎に対する恋愛感情は健在で、ふとしたときに照れた表情を浮かべます。, この娘ツンデレ可愛いけど、猫娘の姉という事で登場させたら一粒で2度おいしかった気がする(*´q`*)#ゲゲゲの鬼太郎 #TOKYOMX#ゲゲゲの鬼太郎好きと繋がりたい #ゲゲゲの鬼太郎好きな人RT#ゲゲゲの鬼太郎好きな人フォロー #アニメ #アニメ好きと繋がりたい#RTした人全員フォローする #拡散希望 pic.twitter.com/C8dVXZm7jI, 「ゲゲゲの鬼太郎」6期の猫娘は、鬼太郎が死んだと勘違いした時に慌てて鬼太郎の家へとかけつけますが、鬼太郎が元気な姿で座っていた時は「なんだ、つまんない」という発言をしている事からもわかるように、いわゆる「ツンデレキャラ」です。普段は落ち着いた雰囲気で大人の雰囲気を醸し出し、戦闘能力も高い6期の猫娘ですが、恋愛感情を抱いている鬼太郎がピンチの時には他の妖怪よりも取り乱す事があります。, ゲゲゲの鬼太郎の猫娘が可愛い…?俺小学校から鬼太郎見てたし好きすぎて鬼太郎のちゃんちゃんこ着て小学校登校してたけど一切そんな感情芽生えなかったぞどうせそんな可愛くないんだろ(アニメ見る)可愛い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!, 「ゲゲゲの鬼太郎」は大人気アニメ作品のため、子供の頃ファンでいつもテレビ放送を楽しみにしていたという視聴者がいますが、子供の頃は「ゲゲゲの鬼太郎」の物語自体が面白く、猫娘がかわいいという感情を抱く子供は多からず少なからずといった状況でした。しかしシリーズが進むにつれて猫娘がかわいく描写されるようになってきており、猫娘を観るためだけに「ゲゲゲの鬼太郎」を観るというファンもいます。, 「ゲゲゲの鬼太郎」6期でヴィジュアルや性格など大きく変更が加えられ、ファンに絶大な人気を誇っている猫娘の声を演じている声優キャストは声優の庄司宇芽香です。神奈川県出身で1985年8月20日生まれで現在33歳です。現在放送中の「ゲゲゲの鬼太郎」6期の猫娘の声優に抜擢された事で、視聴者から猫娘と同様に注目され、美人でかわいい顔をしている事もあり、声優として大きく知名度と人気を獲得しました。, 「ゲゲゲの鬼太郎」6期の猫娘を演じた事で世間に大きく知られるようになった庄司宇芽香ですが今までもスキンケアグッズブランドである「美肌一族」がバンダイとコラボして制作されたテレビアニメ「美肌一族」の主役である美肌紗羅役の声優という事でも知られています。「ゲゲゲの鬼太郎」5期にも少女役などわき役の声優として出演した事もあり他の代表作に恋愛ゲーム「ときめきメモリアル4」の郡山知姫役の声優も務めました。, また大人びた落ち着いた声と話し方が特徴的な声優の庄司宇芽香のため、声優の仕事だけではなくテレビ番組のナレーターとしても活動する事が多く、アイドルグループである欅坂46のテレビ番組「欅って、書けない?」のナレーターを長く勤めています。欅坂46は人気アイドルグループのためファンも多く、番組を観ていたファンがナレーターである庄司宇芽香にも注目しだし、欅坂46と共に人気を獲得していきました。, 猫娘は「ゲゲゲの鬼太郎」2期にて、一度だけ鬼太郎に「猫ちゃん」と呼ばれた事があり、それに照れて喜んだ猫娘は普段は「おやじさん」や「お父さん」と呼んでいる目玉の親父の事を「お義父様」と呼んで鬼太郎と目玉の親父を驚かせたことがあります。1期の時点ではゲストキャラクターだったために鬼太郎に対して恋愛感情は無かった猫娘ですが、この事から2期から鬼太郎を意識して恋心を抱いている事がうかがえます。, 猫娘は「ゲゲゲの鬼太郎」5期の95話「妖怪スイーツ!バレンタイン作戦」にて、普段鬼太郎や目玉の親父に料理をふるまっている猫娘ですがお菓子作りは苦手なようで、バレンタインの日に鬼太郎にチョコレートを作ろうとして電子レンジを爆発させるなどの失敗をし、味もとても美味しいものとは言えない出来栄えとなってしまいました。しかし最終的には美味しいチョコレートを作る事ができ、鬼太郎に食べてもらっていました。, 「ゲゲゲの鬼太郎」5期では猫娘が鬼太郎をデートへ誘うなど積極的ですが、鬼太郎は恋愛には無頓着なようで毎回断られてしまうというものがお決まりになっています。猫娘は一度鬼太郎と一緒に恋愛映画を観に行きますが、鬼太郎は「つまらん」と言って映画の最中に寝てしまいます。猫娘からしたら恋愛映画を一緒に見て恋愛に興味を持ってほしいという作戦だったのですが、見事失敗に終わりました。, 「ゲゲゲの鬼太郎」5期の猫娘は様々な種類のアルバイトをして人間界に溶け込んでいますが、一度バスガイドのアルバイトをしているときに乗車客に「ガイドさんって彼氏はいるの?」の聞かれた事で、鬼太郎の事を思い浮かべながら「いると言えばいる」と発言していました。この後猫娘の乗ったバスが妖怪に襲われてしまい、それを助けに来た鬼太郎に抱きつく猫娘でしたが、この時の2人は他の乗客からはカップルに見られていました。, 「ゲゲゲの鬼太郎」3期の72話「け・ケ・毛!妖怪大髪様」にて、髪様という人間や妖怪の髪の毛を奪ってしまうという能力をもった妖怪が登場します。髪様によって髪の毛を奪われてしまった猫娘は「もうお嫁にいけない」と発言しますが、その時に鬼太郎が「行くところがなければ、僕がもらってやるよ」と猫娘にプロポーズと受け取れる事を言い、それを聞いた猫娘は大いに喜んでいたというエピソードがありました。, 「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎とねずみ男はとても長い間友達であるため、言葉を発しなくてもお互い考えている事が分かるといった描写が多数見受けられます。それによって猫娘はねずみ男に嫉妬をし、鬼太郎とねずみ男が話しているだけで不機嫌になったという事もありました。, しかしねずみ男は男性なので3期に登場した天童ユメコのような恋敵になる事は無く、実際はねずみ男が死んでしまった時など涙を流しながら悲しんでおり、決して嫌いというわけではなく、気の合う喧嘩友達ということです。, 「ゲゲゲの鬼太郎」2期からレギュラーキャラクターとなった猫娘ですが、現在の6期までずっとねずみ男とは喧嘩をする事が多いという関係性となっています。ねずみ男の1つ1つの行動が気に食わなく、金儲けに走る事も多い事から猫娘から喧嘩を売る事が多いですが、怒りという感情だとしても無関心の人物に対しては生まれないととらえる視聴者もおり、喧嘩するほど仲が良いと解釈する方もいます。, 「ゲゲゲの鬼太郎」は3期になると、人間の女の子である天童ユメコというキャラクターが登場し、鬼太郎との恋愛的な描写が描かれることがあり、猫娘は3枚目的な役割を果たしていました。, どうしてもユメコが鬼太郎と良い雰囲気になりやすかったので、猫娘が邪魔をするなど鬼太郎争奪合戦のようなエピソードも多数存在しますが、ユメコが妖怪にさらわれた際には助けに行くなど、実際のところは仲の良い親友となっています。, テレビアニメ作品「ゲゲゲの鬼太郎」は放送開始から現在までファンの人気によって支えられ、そこにはヒロインであるかわいい猫娘の活躍も大きく貢献している事が分かります。現在6シリーズ作られている「ゲゲゲの鬼太郎」ですが、猫娘はシリーズが変わるごとに性格やヴィジュアルを変え、それぞれにファンが付いているという魅力あふれるキャラクターです。猫娘はこれからも「ゲゲゲの鬼太郎」を盛り上げてくれるでしょう。, ゲゲゲの鬼太郎の猫娘がかわいい!声優や鬼太郎との恋愛関係をネタバレ考察のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, ゲゲゲの鬼太郎に登場する、主人公鬼太郎の父親目玉おやじは、とても有名なキャラクターです。ゲゲゲの鬼太郎のマスコットキャラクターであり、シンボルでもある目玉おやじですが、目玉の姿になる前の元の姿がかなりイケメンだと話題になっています。ゲゲゲの鬼太郎はかなり長いシリーズものなので、目玉おやじにも様々な設定が存在しています。. 1968年の第1期から2018年現在放送中の第6期まで、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オールシリーズキャラクター設定資料集ついに登場!! ]。, 当初の曲名は当時の漫画版と同じく「墓場の鬼太郎」だったが、テレビアニメ化の際に「ゲゲゲの鬼太郎」に改題された(朝日ソノラマ盤では「テーマソング」「ゲゲゲの鬼太郎テーマソング」という表記も存在する)。, その他、番組スポンサーのシスコ製菓(現・日清シスコ)が制作し『少年マガジン』1968年4号の読者プレゼントとして1000名にプレゼントされた、主題歌を収録したもの(NS271)が存在する。, 主題歌として使用されたものの他にも、カバーバージョンが複数存在する。歌手(演奏者)名横に☆が付いている曲は、先述した「ゲゲゲの鬼太郎 歴代主題歌集」に収録されている(主にコロムビア・テイチクから初出リリースされたもの)。, このほか、「ゲゲゲの鬼太郎 歴代主題歌集」に収録されている、初出が不明な当曲は下記の通り。, 歌詞には「お化けにはない」ものが各番2つずつ、計6つ言及されているが、作中本編では以下のように存在している。, 歌詞とオープニング映像では定番の「墓場で運動会」だが、原作本編では一度も描写されていない(『国盗り物語』で「墓場で運動会どころではない」と台詞があるのみ)。アニメでは第4作第40話と第5作第25話で妖怪の運動会を扱っている。, 1.帰って来たヨッパライ - 2.イムジン河 - 3.悲しくてやりきれない - 4.水虫の唄 - 5.ゲ・ゲ・ゲの鬼太郎 - 6.さすらいのヨッパライ - 7.何のために - 8.青年は荒野をめざす - 9.大蛇の唄 - 10.イムジン河 - 11.フォークル「DAIKU」を歌う, 1.フォークル大百科事典 - 2.ザ・フォーク・クルセダーズのすべて - 3.BIG ARTIST best COLLECTION~フォーククルセダーズ - 4.シングル・コレクション - 5.FOLK CRUSADERS AND THEN TWIN BEST - 6.MEMORIAL FORK CRUSADERS - 7.GOLDEN BEST - 8.NEW BEST 1500 - 9.スーパーベスト ザ・フォーク・クルセダーズ - 10.おとなツイン・ベスト ザ・フォーク・クルセダーズ&MORE, 1.当世今様民謡温習会 - 2.フォークルさよならコンサート - 3.新結成記念 解散音楽會 - 4.フェアウェル・コンサート, '99年2月〜3月のスズキ軽・小型四輪車販促キャンペーン 「'99スズキにきたろうフェア」の実施について, ハウス・ダイアル1991/TVグルーヴ (コロムビアミュージックエンタテインメント): 1991|書誌詳細|国立国会図書館サーチ, Cobacabada (日本コロムビア): 2014|書誌詳細|国立国会図書館サーチ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ゲゲゲの鬼太郎_(曲)&oldid=79171080#主題歌, 墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)/ハリスの旋風(BS-723、1967年10月10日発売) - 初版レコードでは「墓場の鬼太郎」の曲名だったが、テレビアニメ化後にプレスされた版では「ゲゲゲの鬼太郎」と表記(「フジ・テレビ放映マンガ映画主題歌」と銘打たれている)。, ゲゲゲの鬼太郎/カランコロンの歌(ED(H)-1003、1968年9月20日発売), ゲゲゲの鬼太郎/カランコロンの歌/ゲゲゲの鬼太郎ないない音頭(ES-1018、1971年9月20日発売), ゲゲゲの鬼太郎/カランコロンのうた(WPD6-9072、1996年2月25日発売) - シリーズ初のシングルCDでの発売。初回生産分は特製ステッカー付き。, ゲゲゲの鬼太郎/カランコロンの歌/イヤンなっちゃう節/ぺったらぺたらこ(TRJC-1024、2013年9月18日発売) - 憂歌団が歌った主題歌・挿入歌全4曲を1枚にまとめたもの。特典DVDには、憂歌団のメンバー全員が本人役で出演した第33話「逆襲!妖怪さら小僧」を収録。, ゲゲゲの鬼太郎(泉谷しげる版、NECM-10064、2007年5月9日発売) - シリーズ初のマキシシングルでの発売。また、アニメシリーズでは初めてエンディングテーマとは別に発売された。, ゲゲゲの鬼太郎(ザ50回転ズ版、WPCL-10474、2008年5月21日発売) - シングルでは初めてテレビサイズを収録。, ゲゲゲの鬼太郎/見えんけれども おるんだよ(COCC-17539、2018年10月23日発売), ゲゲゲの鬼太郎(FULL SIZE)(COKM-42083、2018年7月24日発売), ゲゲゲの鬼太郎(朝日ソノラマ M-114、1968年1月25日発売) - 「墓場の鬼太郎」の曲名で収録。, ゲゲゲの鬼太郎(朝日ソノラマ ウルトラブックス N-8、1968年2月26日発売) - 「墓場の鬼太郎」の曲名で収録。, ゲゲゲの鬼太郎(朝日ソノラマ P-2、1968年5月29日発売) - 「墓場の鬼太郎」の曲名で収録。, ゲゲゲの鬼太郎(朝日ソノラマ P-13、1968年8月20日発売) - 「テーマソング」の曲名で収録。, ゲゲゲの鬼太郎妖怪クリスマス(朝日ソノラマ P-21、1968年11月25日発売), ライブでネタとして鬼太郎の寸劇を披露し、そのバックでこの曲が歌われており、その音源がシングルカットされた。, 1971年9月25日発売のシングル「ゲゲゲの鬼太郎/カランコロンの歌」SCS-137が初出。, 1968年12月5日発売のオムニバス盤『テレビまんがでぶっとばせ! ぼくらのうた テレビのうた 第4集』TC-6305が初出。, 1971年12月25日発売のLP『テレビ・マンガ・アイドル大活躍物語 第三集 ゲゲゲの鬼太郎』JKL-6513が初出。, 1996年6月21日発売のオムニバス盤『こどものうた〜そばかす〜』COCC-13443が初出。, 1987年8月1日発売のアルバム『TVスーパー・ヒーロー大集合!』32DG-80に収録。, 「GE-GE-GE GH-GHOST SONG」の曲名で、英語で歌唱。訳詞:リサ・ウィルソン、編曲:ハウス・ティー。1993年発売の『英語!ポ・ポンのポン! 『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ40周年記念!待望の単品DVDリリーススタート!○ゲゲゲの鬼太郎アニメ40周年記念!待望の単品DVDリリーススタート!○水木しげる原作『ゲゲゲの鬼太郎(墓場の鬼太郎)』初のアニメ化!○またたく間に日本中に「妖怪ブーム」を巻き起こした大ヒットシリーズ!○モノクロの映像が生み出す、幻想的でおどろおどろしい”鬼太郎ワールド”の魅力!

折り紙 船 難しい, ハロウィン飾り 型紙 無料, ロイヤル 英文 法 大学生, 半袖 いつから 2020, Arrows 再起動 繰り返す, カウントダウン 素材 5秒 音 あり, 車 サンシェード かっこいい, コロッケ 成形 できない, 暗黒女子 映画 無料動画, 骨付き鶏もも肉 オーブン パリパリ 人気, ジェットスター セール いつ, アイリスオーヤマ ハンドブレンダー レシピ, 市県民税 納期 過ぎた, シェフ への お礼 の手紙, フィギュ アーツ 専門店, Hulu 登録し てる か 確認, Line 個別 通知オフ, 中3 音楽 花 楽譜, Ie 検索窓 日本語入力できない, パワーポイント 表 文字 ずれる, ボーカル プラグイン おすすめ, Access Vba ファイル選択ダイアログ 64bit, Gmail 振り分け設定 Pc, Apn設定 Iphone ワイモバイル, 楽天カード 登録情報 確認, 電車 忘れ物 取りに行く, イラスト 背景 手書き, Google翻訳 埋め込み Css, 垃圾 台湾 発音, ガスコンロ掃除 こびりつき 洗剤, Seventeen 人気順 アメリカ, 川島道行 須藤理彩 馴れ初め, ひかりtv 無線 バッファロー, 転職回数 10回以上 40代, 背 が 低い 半 ズボン, ホットケーキ 小麦粉 レシピ,