イギリス 食文化

「イギリスの料理は不味い」。イギリス人にとっては不名誉な噂ですが、耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。当のイギリス人もブラックジョークとして口にすることがあるくらいなので、残念ながら全く根拠のない話ではなさそうです。 "Inspired by A Taste of Britain: Food is GREAT campaign launches in Japan", Food is GREAT: A Taste of Britain | A Taste of Britain, Inspired by A Taste of Britain: Food is GREAT campaign launches in Japan - News articles - GOV.UK, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イギリス料理&oldid=78995894. 「パイ」はイギリスを代表する 伝統 でんとう 料理です。イギリスでは、パイ皮を使っていなくても、何かでふたをしてローストしたり 蒸 む したりしたものを「パイ」と 呼 よ びます。 イギリスは決して日本食レストランが多い国ではありませんが、首都の ロンドンには500店以上の日本食レストランがある など、その大半がロンドン市内に集中してします。 しかし、せっかくイギリスに住むのなら、現地ならではの味を堪能したいもの。 イギリス料理(イギリスりょうり、英:British cuisine)とは、主にイギリスで食される料理。イングランド料理、北アイルランド料理、スコットランド料理、ウェールズ料理に分けられ、また、これから派生したものにアングロ・インド料理がある。, ヨーロッパの他の国々におけるのと同様、イギリスの食文化には穀類を主食としているという自覚は概してとぼしいが、ジャガイモを揚げる(チップス)、焼く(ベイクドポテト)、あるいは茹でる(粉吹芋)などしたものが主菜の付け合わせとして大量に添えられることが多い。, 主食に準じる食品として、パンは薄くスライスされたトーストが好まれ、ジャムやバター、ベーコンや卵料理などを付けて食べられる。同様に、小麦や米などで作ったプディングが好まれ、イギリス料理にはデザートから肉料理、主菜の付け合わせにいたるまで、多種多彩なプディングがある。また、ポリッジなども伝統的によく食べられ、近年はシリアル食品やパスタを食べることも多い。, ローストビーフやステーキやシチューの調理法、あるいは獲った鳥やウサギを鍋で煮込んだり丸焼きにしたりするような料理に見られるように、イギリス料理は料理としての手間をかけないものが多く[注 1]、そのために、料理が素材そのものの味に大きく左右される。つまり、素材が良ければでき上がる料理も美味しくなる事があるが、素材が悪ければそれも期待できない。いい意味で考えれば、「シンプルで基本的な料理」という古の方法を保守しているといってもよい[注 2]。, このように総じて素朴でシンプルなイギリス料理ではあるが、イギリス式の朝食はソーセージやベーコン、卵料理がつくなど充実している。卵やベーコンは、現代ならともかくとして、20世紀初頭以前においては、他国では庶民が朝食メニューとして食することは到底考えられない、ぜいたくな食材である[注 3]。, また、一般には料理とは区別されるが、イギリスのお茶菓子はイギリス以外の国でも名高く、美味しい菓子が多く知られている。イギリスの家庭の主婦も、夕食メニューには手をかけなくても、お菓子づくりにはこだわりを持つものが少なくない。イギリス以外でもそうだが、一日三食が普及するのは近年のことであり、かつては一日二食が普通であり、イギリスにおいてティータイムは昼食代わりでもあった。, また、いわゆる伝統的なイギリス料理の範疇からは外れるものの、大航海時代以降世界の海を制し世界中に大英帝国の版図を広げた歴史を持つイギリスは、植民地の料理を取り入れ、それを世界中に広めた歴史を持つ。例えばカレーはインドが発祥とされるが、それを世界に広めたのはイギリスであり、広まったカレーもイギリスによりアレンジされたものである。そういう意味においては、現在のイギリスでも「美味しい料理」は存在する。, そのためイギリスにおける外国料理、例えば中華料理やインド料理の店には、長い伝統がある場合も珍しくない。チキンティッカマサラのように、イギリス発祥のインド料理も存在する。最近ではフランス料理や、イタリアをはじめとする地中海料理、さらにはそういった外国の料理の影響を受けた料理店も存在する。近年では伝統的なイギリス料理を改革した「モダン・ブリティッシュ・キュイジーヌ」と呼ばれる新しいイギリス料理の潮流が生まれ、美味しい料理を食することは難しいことではなくなっている。かつて一時期、フランス料理などに比べて、高級料理の洗練が劣っていたこと、料理による調理法の洗練度の当たり外れが大きいだけであり、現在ではおいしいイギリス料理は多い。, また、高級なレストランはともかくとして、パブにおいての料理であれば、過度に期待しなければそれなりに美味しく食べられる料理が供されるという意見もある[1][2]。, イギリス料理は、フランス料理やイタリア料理などと比べ種類が少なく、食材や調理法の多様性も貧弱である[注 4]。「○○国の料理は不味い」といっても、その国の食習慣に外国人が馴染めないだけのことが多いが、イギリス料理の場合は、イギリス人が自認するところである。, このような評価を受けるのは、「野菜は本来の食感がわからなくなるほど茹でる」、「油で食材が黒くなるまで揚げる」、「麺を必要以上にゆでる」などといった食材本来の味や食感を残さないほど加熱する調理法が他国人には好まれないためである[1]。しかも好みに応じて塩や酢などで味付けされることを前提としているため、調理の段階では味付けらしい味付けがされないことも多く、そのことを知らない旅行者は味のない料理に困惑することになる[1]。実際、現在でも高級店を含むイギリスのレストランの多くでは、塩や酢などの調味料がテーブルに並ぶ様子が見られ、客が好みで味付けすることを想定している[2]。, かつてのイギリス貴族に、日曜日は牛を一頭屠ってローストビーフやステーキを食べるという習慣があった事も一つの原因である。一頭分の牛肉は1日で食べきれない。平日の食事では日曜日に残った肉をそのまま好きなように味付けし、あるいは単に温める。さらに日が過ぎたものはカレーやスープなどの具として再び調理して食べていた。結果として日曜日以外は、冷たいか、火を通しすぎたか、味が落ちた肉を誤魔化して食べ、また個人が好みで味付けするという食習慣が成立した。なお、このような日曜日に大食をするのが贅沢という習慣は、フランスやイタリアなどでも見られたが、やがて美食が贅沢という方向に移っていき、世界的に評判の高いフランス料理やイタリア料理の成立を見た。, また、過剰な加熱がされるようになった一因には、産業革命以降の労働者の居住環境があげられる。当時、都市居住の労働者階級の賃金水準では食材を入手自体が困難であり、また母親や子供までもが重労働に従事して調理に手間をかけることもできなかった。これに食物を加熱殺菌が奨励された当時の衛生学の啓蒙と相まって、とりあえず火だけは通し、胃袋さえ満たせれば味などどうでもいいという調理法が普及したのである。, またイングランド人社会学者のスティーヴン・メネル (Stephen Mennell) は、「目の前に、二つの皿が並んでいたら、自己否定の原則に従って、自分の好きでないほうを食べなければならない」と考えるピューリタン的な禁欲主義が、イギリスの食文化の発展を阻んだという見方を、著書で紹介している。なお、メネル自身はこの見方を否定している[3]。, 結果、上述の通り現在ではイギリスでも美味しい料理は食べられるが、それは外国料理や、外国の料理の技法を取り入れた新しい料理だったり、伝統的イギリス料理を改革したものという位置づけになった。, イギリス料理に対するマイナスイメージを払拭しようとする試みも始まっている。日本においては、2013年より在日本英国大使館が「Food is GREAT」「A Taste of Britain」「ためしてみて、美味しいイギリス」と題したキャンペーンを展開している[4][5]。大使館の広報部マーケティングマネジャーは「英国の食べ物はまずいという、10年ほど前にいわれていたことが、日本では都市伝説化している」[6] と主張しており、日本駐箚英国特命全権大使のティモシー・ヒッチンズを筆頭に大使館職員らがイギリス料理のイメージ改善に取り組んでいる[5][6]。, 各列内は五十音順。バチカンは国際連合非加盟。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。, もっともソーセージは例外であり、イギリスの伝統的なものは、パン粉を半分以上混ぜ込んだ俗にバンガース/bangersと呼ばれる低級なものである。, 「Food is GREAT: A Taste of Britain ためしてみて、美味しいイギリス」『. ビリティへの対応方針, 明治ホールディングス株式会社. ブレックファスト(朝食) ランチ(昼食) 日曜日の「ローストディナー」 アフタヌーンティーまたはハイ・ティー; ディナー(夕食) イギリスの食文化2:パン・クッキー・マフィン・ケーキなど イギリス料理(イギリスりょうり、英:British cuisine)とは、主にイギリスで食される料理。イングランド料理、北アイルランド料理、スコットランド料理、ウェールズ料理に分けられ、また、これから派生したものにアングロ・インド料理がある。 イギリスの食文化. イギリスの食文化1:朝食から夕食までの食事事情. アメリカの国鳥にはハクトウワシが制定されています。この鳥がアメリカの象徴となった歴史的背景と、その生態について見ていきましょう。 現代の世界において超大国と呼ばれ、世界一の経済力や軍事力を誇るアメリカ合衆国には、国鳥が制定され... バングラデシュの国旗について見ていきます。日本の国旗との類似やデザインや色が持つ意味、そして歴史まで、詳しく解説していきます。 正式名称「バングラデシュ人民共和国」、通称バングラデシュは、「ベンガル人の国」という意味を持つ国で... 中国の食文化について見ていきましょう。料理の種類から食習慣、さらには食事マナーや乾杯の方法まで、8つのポイントを紹介していきます。 非常に長い歴史を持つ中国を発祥とする料理の数々は、世界中の人々を魅了しており、世界各地で中華レ... ポール・マッカートニー(1942年〜)はイギリス出身の音楽家であり、ビートルズのヴォーカルや演奏、さらにはジョン・レノンと一緒に作曲や作詞まで行ったことで知られる人物。 また、ビートルズが解散した後には、ウイングスのメンバーと... サンタクロースの起源と由来について探っていきます。長い歴史の中でモデルとされる聖ニコラスが、どのように現在のサンタクロースへ変化していったのかを見ていきましょう。 クリスマスの象徴の一つと言えば、誰もが知るであろう赤い服を着て... トム・ホランド(1996年〜)は、イギリス出身の俳優で、映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」以降、スパイダーマンのピーター・パーカー役を演じてきたことで有名です。 トム・ホランドの身長と体重を解説していきます。 トム... 大衆向けではあるもののおしゃれな内装を持ち、水準の高い料理を平均的なパブより高い価格で提供, イギリスの食べ物・料理15選!有名でおすすめな食事に加えてみたいかもしれない食べ物達。. 実際にイギリスには伝統的な料理や食文化があり、評判のいいレストランも山ほどありますが、ハズレなレストランがあるのも事実です。しっかりと下調べをし評判のいいレストランやカフェに行けば、必ず素晴らしいイギリス食文化を体験できるでしょう。 イギリスの食文化と食事事情に関して、5つのポイントから考察していきます。イギリスの料理や食に対してちょっとした知識を頭に入れておきましょう。, 食で有名なフランス、イタリア、スペインなどの他のヨーロッパ諸国と違い、イギリスの食事事情に関しては、長きに渡ってどちらかと言えばネガティブな印象がつきまとっていました。, しかし昨今、「イギリスで食べる食事=まずい」といったイメージから、イギリスは脱却し始めていると言えます。, というのも、国際化によって他国の料理のエッセンスを取り入れて改良が加えられたり、これまで世界にあまり知られていなかった、イギリスの食文化の興味深い点が知られるようになってきたからです。, この記事では、イギリスの食文化に関する知識を深めるために、5つの大きなポイントを確認していきたいと思います。, 近隣のヨーロッパ諸国、例えばフランスやスペインなどの国とは異なり、イギリスにおける食事時間とは延々と続く社交の場ではありません。, 平均的なイギリスの一日はシンプルで簡単に摂れるブレックファスト、(職場のデスクで食べるような)手短なランチ、そして多くの場合は家庭で摂るディナー、それらに加えてアフタヌーンティー(ハイティー)から成り立っています。, ※厳密にはアフタヌーンティーとハイティーは違いますが、現在は同じ意味で使われることが多いため、ここでは同じ意味で扱っておきます。。本来の両者の意味は以下の通りです。, イギリスにおいて朝食時間は大体、午前7時から9時までの間。平日の平均的朝食は多くの場合、トーストまたはシリアルです。, また同時にイギリスは、「フル・ブレックファスト(イングリッシュ・ブレックファスト)」でも有名。, ただし、フル・ブレックファストは多くの場合、トースト、卵、ベーコン、ベークドビーンズ、ハッシュブラウン、ソーセージ、トマト、マッシュルームが添えられているなど、非常にボリュームたっぷりでお腹に溜まり、決して最高に健康的な一日の始まりとは言えないため、大抵は週末の朝食とされています。, ちなみに、フレッシュな頭で効率的に話し合いの内容を吟味できることから、イギリスではランチ・ミーティングに代わり、ビジネス・ブレックファストが急速に広まりつつあります。, 他のヨーロッパ諸国では、このランチ時間を長く摂って、同僚や友人との社交時間に充てることも多いですが、イギリスにおいて昼食はあくまでも、空腹を満たす目的で摂られます。, そのため、働いている人の多くは、職場の近くにあるお店で簡単な食事を済ませたり、デリバリーを頼むといったことが多いように思います。, 「ディナー」という言葉が含まれた名前とは裏腹に、日曜日の昼食時に家庭で食べる食事です。, 一般的には、チキンとローストポテトに加えて、ニンジンやキャベツなど、よくある野菜にグレイビーソースをたっぷりとかけた料理です。, そして、イギリスでは昼食と夕食の間に、アフタヌーンティー(ハイティー)として知られる有名な軽食を挟むことがあります。, これは大抵、午後3時から4時頃に摂られ、紅茶に加えて簡単なサンドイッチ、スコーンやケーキなどが食べられます。, ちなみに、このアフタヌーンティーの伝統を良く知りたい場合は、「クラリッジズ」と呼ばれるホテルで試してみるのがおすすめです。, 一部の地方では「サパー」とも呼ばれるディナー(夕食)は、イギリス文化では一日で最も大切な食事とされています。, イギリスにおいてディナーは通常、家族が集まって摂る食事であり、他の多くのヨーロッパ諸国と比べて比較的早い午後7時頃から開始されます。, ちなみに、イングランド国教会を持つイギリスはキリスト教国であり、イエス・キリストが十字架に磔にされたのが金曜日であるため、金曜日には赤身肉を避けてきた習慣がありました。, そのため、イギリス人の家庭によっては、金曜日の夜のディナーに肉を避け、代わりにイギリス発祥の料理として有名なフィッシュアンドチップスを食べることが良くあります。, イギリスの食文化の中には、パン、クッキー、マフィン、ケーキなど、オーブンで焼いた穀粉ベースの食べ物が大きな位置を占めています。, 実際、多くの町には地元の人々に愛されるパン屋があり、イギリス国内では、これらの食べ物の料理の腕をアマチュアに競わせるテレビシリーズ「The Great British Bake Off」が人気です。, また、オーブンで焼いた穀粉ベースの食べ物は、先述したイギリスの食文化では欠かすことの出来ない軽食「アフタヌーンティー」のシーンでも確認出来ます。, このアフタヌーンティーで出される軽食には、サンドイッチやケーキ、他にもクリームとジャムが添えられる甘くて小さなパン「スコーン」などが一般的です。, さらに、ビクトリア女王にちなんで名づけられた「ビクトリア・スポンジ」と呼ばれる、イチゴのジャムとバタークリームの層を間に挟んだ二層のスポンジケーキも、アフタヌーンティーで出される有名な食べ物の一つと言えるでしょう。, さらに、このオーブンで焼いた穀粉ベースのスイーツに関しては、甘いもの好きなイギリス人の手によって多くのレシピが歴史の中で作られてきました。, 例えば、11世紀に起源が遡る「ブレッド・アンド・バター・プディング」は、主食となるパンを使い切るために作られたスイーツで、その後のイギリスで故ダイアナ妃の大好物になったなど、広く愛されるソウルフードとなりました。, 第二次世界大戦中の食糧配給に由来しており、ベイクトアップル、小麦粉とバターが使われたベース、そして大抵は大量の砂糖から出来ています。, 驚くことに、本場イギリスの料理として大変親しまれているフィッシュアンドチップスは、もはやイギリスの国民食ではないと言われることさえあります。, というのも、イギリスの伝統的な食事に取って代わり、現在、ものすごい勢いでインド発祥のカレーがイギリスの食事シーンに浸透してきているから。, なんと、イギリス国内には10000軒に近いカレー屋があると言われ、イギリス国民の舌をうならせています。, カレーは元々、イギリスが大英帝国として繁栄していた頃、イギリス領インドとしてインドを事実上の植民地にしたことで、イギリスに伝えられました。, その後、徐々にカレーはイギリス国内に浸透していったものの、この流れが加速してイギリス国内で一般的になっていったのは、第二次世界大戦後以降だと言われ、主にバングラデシュ人移民の流入が理由とされています。, 実際、今日のイギリスにあるカレー屋の半分以上はバングラデシュ人が所有しているようです。, また、レスター、グラスゴー、バーミンガム、ブラッドフォードなどは、「イギリスにおけるカレーの中心地」と呼ばれるぐらいカレーが浸透しています。, ちなみに、イギリスでカレーが人気になった結果、イギリスで独自な進化を遂げたカレーもいくつか現れてきており、その中でもチキンティッカマサラは、イギリス発祥のカレーであるにも関わらず、他のインドカレーと同じぐらい人気なメニューとなっています。, イギリスは現在、文化背景の異なった多くの人が住む多民族・多文化国家になっています。, おそらくこのことが大きな理由なのかと思いますが、イギリスの中でも特に国際化が激しいロンドンは、世界各国の食べ物や料理を楽しめる、世界でも有数の都市になっているんです。, 数えきれないほどのレストランがあり、地球上のありとあらゆる料理が食べられると言っても過言でないかもしれません。, 特に人気のある料理はアジア、中近東、北アフリカなどの料理ですが、イタリア料理やスペインのタパスを提供する西ヨーロッパ料理店も大通りのいたるところに見られます。, また、ロンドン以外の大きな街でも急速な「食の国際化」が起こっており、この状況に刺激された結果、いわゆる伝統的なイギリス料理を基に外国料理のテーストを取り入れた「新しいイギリス料理」が生み出されており、これが、今日のイギリス食文化における忘れてはならないトレンドになっています。, 「パブ」という言葉は、イギリスの社交文化の中心的役割を果たす「パブリック・ハウス」を短くしたもので、イギリスの食文化においても非常に重要な場所。, 主にアルコールを提供する場所ではありますが、ほとんどの店ではパブ・グラブと呼ばれる簡単な料理も提供しています。, ちなみに、パブにおいて一般的にチップは期待されていませんが、バーテンダーが特に親切だったり、大量のオーダーを引き受けてくれた時には、客がそのバーテンダーに一杯おごることがあります。, さらに、パブによっては比較的安価で泊まれる宿泊施設を併設している場合もあったりします。, さらに、イギリスのパブ文化で忘れてはならないのが、「ガストロパブ」や「ガストロラウンジ」と呼ばれるパブの進化版。, これは、1900年代後半に生まれた高級なビールや食べ物を供するバーとレストランを兼ねた飲食店のことで、大衆向けではあるもののおしゃれな内装を持ち、水準の高い料理を平均的なパブより高い価格で提供しています。, また、イギリス中に広まっているガストロパブの多くでは、地元産の食材を使用する傾向にあり、地域によって出される異なる料理を楽しめるのも、ガストロパブが興味深くて人気な理由と言えるでしょう。, ちなみに、ガストロパブは田舎の風光明媚なエリア、特にコッツウォルズ地方に多く見られます。, 昨今のイギリスでは、世界的にも有名なシェフが活躍していたり、また食材へのこだわりも強くなったけっか、食欲が刺激されてしまう美味しい料理を沢山見かけるようになっています。, 今まであまり注目されていなかったものの、イギリスを訪れた際に料理を楽しんでみるのは、今後のトレンドになっていくと思います。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。.

対比とは 国語, 麻黄湯 サイトカイン, 瑠璃の島 スペシャル, 鬼滅の刃 実写版 キャスト予想, 真野 響子死亡, Netflix 無料体験 10ヶ月, ルパンの娘 脚本, 翔 んで 埼玉 やばい, コーヒーにミルク 名前, 決裂 対義語, 島かおり 山下智久, フォロワーいない リツイート, 仮面ライダー セイヴァー キャスト, インフルエンザ脳症 予防接種したのに, アルジャーノンに花束を 映画, インフルエンザワクチン 2019/2020, フランス語 翻訳アプリ, コーヒー ギフト 高級, 桜田通 テレビ出演, コーヒー 自宅 簡単, フランス語 翻訳アプリ, 革製品 ノベルティ オリジナル, 功刀 神, ルパンの娘 4話, 詳細については添付ファイルを参照してください 英語, どんぐり イラスト, ジゼルブンチェン 年収,